社会問題

AIが切り開く未来についてド文系のわたしが真剣に考察してみた!

AIはわたしたちの想像をはるかに越える勢いで、急速に進化し続けています。

便利なことが増えていく一方で、脅威として語られることも多いと思います。

やま
やま
一時期、AIに仕事が奪われるっていう話がすごく盛んでしたね。
ねこ
ねこ
オレは実はネコ型ロボットなんだぜぃ~(ニヤリッ)

わたし個人の実感としては、ちょっと煽りすぎなのでは?と思っていました。

このままではダメだとか、仕事が奪われてしまうといったことばかり、議論していました。

そういった未来がないとは言えませんが、かなり願望が含まれているように感じました。

 

結局は、社会の先端を走る人たちが、AIを盾にマウントを取りたがっているようでした。

そんな煽りを繰り返して得をするのは、一部のインフルエンサーだけだと思います。

 

AIの話というのは、便利さの追求とか、快適な社会の実現、なのではないでしょうか?

本来は明るい話だと思うのですが、なぜか暗い部分ばかりを取り上げている…。

 

AIを真剣に研究している人も、そんな使われ方は望んでいないのではないでしょうか?

やま
やま
結局は、不安煽りビジネスの一種なのかな~、と思って見ていました。
ねこ
ねこ
人間は不安を感じないとなかなか動かないからな~。

AIが切り開く未来について、わたしなりに考えてみました。

スポンサーリンク

AI脅威論は意味がないと思う理由

AIが発展することによって、わたしは明るい未来が訪れると思っています。

脅威もまったくゼロではないけれど、大半は良いことの方が多いのではないでしょうか?

 

結局は使い方だと思うので、それをうまく使うか悪く使うかだけ、なのだと思います。

やま
やま
どんなものも使い方によって、毒にも薬にもなったりします。

AIの議論をするときに、AIを使う側と使われる側に分けて考えることができます。

AIに仕事が奪われるかどうかというのは、使う側の意思決定によってすべて決まります。

やま
やま
使う側と使われる側は、経営者と労働者と置きかえても良いかもしれません。

使われる側の人間からすれば、AIの発展というのは脅威に映るのかもしれません。

人間とAIが同列に立って勝負したら、もはや勝ち目がないのは明らかです。

・チェスは人間の世界チャンピオンでも、AIに勝つことはできません。

・将棋のプロ棋士は、AIに勝つというのはおそろしく困難な状況です。

やま
やま
AIと人間が競争して、勝てるわけないと思います。
ねこ
ねこ
オレならさっさと逃げ出しちゃうな~。

AIは脅威とする論調というのは、使う側が悪用する使い方、に限ると思います。

それがまったくのゼロとは言えませんが、かなり少数なのではないでしょうか?

 

大半の人は、社会を良くする方向性でAIを使う、という風に思ったりします。

AI発展のために不安を取り除いていく

AIはこれから発展していくのに、過剰に煽るのはかなりの損失だと思います。

長期的な視点で見れば、国益を大きく損なっているとさえ感じたりします。

やま
やま
問題提起というよりは、煽ることが先行しているように感じたりします。

新しい技術が生まれるとき、必ず期待と不安が入り交じっています。

不安を少しでも取り除きつつ、安心して暮らすことのできる社会を実現していく…。

そうやって少しずつ発展してきた、先人たちの努力があるように思います。

 

過度に恐れることなく、より良い未来を夢見て一歩ずつ歩みを進めていく…。

いつの時代も、そういった人の本質は変わっていないように思ったりします。

わたし個人としては、AIの発展というのは、まだ見ぬ世界への新たな挑戦、と捉えています。

スポンサーリンク

AIを介して人間の在り方を問うている

結局はAIの問題ではなく、人間の問題なのだという風に思ったりします。

AIはあくまで手段であり、それをどのようにして使うのか?なのではないでしょうか?

 

中国では信号をAIで稼働し、交通の最適化を図る実験が行われていたりします。

やま
やま
信号とAIってすごく相性が良いと思ったりします。
ねこ
ねこ
無駄な信号待ちが無くなるなら、それはすごくいいことだな~。

AIの発展に関して、基本的には楽観的に見ておいて良いとわたしは感じています。

社会の発展のために使う人もいれば、仕事を奪うやり方に使う人もいる…。

わたしは、良い方向に使う人の方が多いと思うので、かなり明るく見積もっています。

 

5年後、10年後、わたしたちが住んでいる世界は、どのようになっているのでしょうか?