ブログ

ブログは難しい!1年運営をしてきて感じる率直な思いについて!

 data-srcset

ブログを始めて1年以上が経ちましたが、つくづく「茨の道」だと思います。

わたしは文章を書くことにさほど苦を感じないのですが、それでもすごくしんどいです。

ラクして稼ぎたいとか、簡単そうなんていう人は、絶対に生き残ることはできません。

ブログは1年で9割辞めるという言説は…、まったくその通りなのだと思います。

 

ブログを始める前までは、文章でお金を稼ぐというイメージが沸きませんでした。

お金を稼ぎたい気持ちはありましたが、自分が本当に通用するかどうか分かりません。

ブログを書き進めていくうちに、マネタイズの難しさも感じるようになりました。

お金を発生させることは本当に大変なのだ、と改めて気付くようになりました。

 

文章でお金を稼ぐことはすごく大変だな~、改めて難しさを感じている次第です。

スポンサーリンク

文章といってもさまざまな種類がある

わたしは単純に文章でお金を稼ぎたい…、そんな動機からライターを始めました。

最初はWebライター、その後はブロガーとして活動をしています。

 

一口に文章でお金を稼ぐと言っても、文章の種類は本当に多岐に渡ります。

・ガチの文学作品を書く

・取材記事を書く

・ニュース性のある記事を書く

・メディアの属性に合った記事を書く

・広告となる商品のセールス記事を書く

どれをやりたいかによって、文章を書く内容が少しずつ変わってきます。

ライターは年々競争が激しさを増していて、熾烈な案件獲得争いが起きています。

専門性や稀少性を磨いていかなければ、たちまち淘汰されてしまう世界です。

芸術とマネタイズの境目について

ブログを続けていくうちに、記事に需要があるか否かを意識するようになりました。

自分の好きなことを好きなように書いても、他の人が読んでくれるとは限りません。

文章には明確な役割があって、それに沿ったものでなければまったくの無意味です。

・需要があるか?

・誰にどうやって届けるのか?

・マネタイズできるか?

最初のころのわたしはこれらを一切無視していて、これではダメだと気付きました。

稼ぎたいと思っているのに、お金が発生する仕組みを全然学んでいない…。

自分の好きなことを好きなように書いて、それですっかり満足している…。

わたしは考えを改めて、お金になるような文章作成に取り組むようになりました。

 

ありとあらゆる本を読んで、自分にできる範囲のことで挑戦をしてみました。

マネタイズを意識した記事を書いたのですが、今度はアクセスが集まりません。

ブログで稼ぐというのはいくつものハードルがあって、到達するのは難しい…。

ふと周りを見渡すと、同期で始めた人たちがいなくなっているのに気付きました。

スポンサーリンク

方向性に迷いが生じてくる

それでもブログの記事数が増えていき、ある程度まとまりができるようになりました。

内部リンクをつないで回遊性を意識するなど、さまざまな施策を打って出ます。

しかしブログのアクセスは、なかなか思うように上がっていきません。

ふと気になってドメインパワーを調べたのですが、まったく上がっていませんでした。

 

ブログは続けていればアクセスは上がる…、というのは明確なウソだと思います。

アルゴリズムは存在していて、的確に対策を取らなければ意味がありません。

多くのブログ論は、最終的に努力や根性論で片付けられることが多いです。

計算によって順位を導き出しているので、れっきとした科学なのだと思います。

 

最初のころは毎日更新を徹底していましたが、しまいに勢いが落ちてきました。

闇雲に量産していく時期は終わり、だんだんと吟味して書くようになります。

キーワードとか記事構成とか、いろんなことに気を配るようになりました。

それでも壁にぶつかって、伸びないという悲しい現実に直面しているところです。

芸を磨いて稼げるのは一部の人だけ

ブログを続けているうちに、いろいろと感じることがあったので綴ってみます。

わたしは文章を書きたいと思っていて、特に文学や芸術方面を志向していました。

ところが芸術というのは経済の論理に反していて、お金儲けとはほど遠い存在です。

広告主が広告を出すという意味を考えなければ、まったく意味がありません。

 

芸術を志して自分の理想だけを追求していても、絶対にダメなのだと思います。

わたしはアフィリエイト記事を書くのが嫌で、ずっと避けて通ってきました。

お金儲けがしたいと心のどこかで思っていて、一方でアフィリエイト記事は書きたくない…。

こういったことの矛盾や自分の弱さを、ブログを通じて教わったような気がします。

 

自分が書きたいことをすべて捻じ曲げて、書く必要はないと思います。

でもお金を稼ぎたいのであれば、広告主の意向を汲んだ記事を書かなければなりません。

両者を擦り合わせて自分の納得の行く形を見つけていく…、これが重要なのだと思います。

理想だけを追い求めてそれが実現できるのは、一部の突出した優秀な人だけです。

 

芸術家とかスポーツ選手とか、多くの人が必ず陥るジレンマだと思います。

自分の理想を重視するのか、お金を重視するのか…。

これは正解があるわけではなく、自分の中でどこで折り合いを付けるかだと思います。

お金を稼ぐスキルというものに、もっと焦点を当ててもよいのかもしれません。

文章は誰でも書けるけど奥が深い

文章というのは誰でも書くことができるので、差別化は難しいのかもしれません。

突出した文才、専門的な知識、特異な体験、など、何かしら武器が必要になってきます。

単に文章だけに頼るのではなく、リアルとの掛け合わせが重要なのだと思います。

仕事のことや趣味のことなど、いろんな経験によって身についてくるものです。

 

ブログやWebライターをやっていて感じますが、今後はますます厳しい競争となります。

いまは稼ぐことができたとしても、将来的にそれが続くかどうかは分かりません。

需要はもはや頭打ちにも関わらず、絶え間なく供給が行われ続けている…。

ますます厳しい状況に晒されて、激しく淘汰されていくことは必至です。

ブログ2年目の抱負について

ブログ1年目は、100%すべての力をブログに注いできました。

自分の持っているすべての力をぶつけることで、自分の限界や力不足を知りました。

ブログ2年目は、ブログだけではなく少しずつ周辺に幅を広げていく段階です。

ブログは今後も続けていきますが、ペースを落として徐々に配分を下げていく…。

 

もし状況が上向いたりしたら、またブログに注力することになるかもしれません。

1年間向き合ってきて感じることは、ブログはすごく難しいということです。

ただしブログを辞めるつもりはなく、今後も淡々と続けて行く予定です。

細く長く続けていきたいと思っているので、引き続き頑張っていきたい所存です。

 data-srcset
ブログで挫折しない人はいない!最初の壁を乗り越えるまでやる!ブログを始める人はとても多いですが、ほとんどの人が1年以内に挫折して、書くのを辞めてしまいます。壁を越えられたとき、稼ぐ喜びを知るようになると、ブログは楽しくなります。ブログ飯ができるようになると、いろんな意味で人生は変わるようになるのです。...
ブログのコンテンツ
ブログをやる意味はシンプルに楽しいから!仲間が増えて充実した日々が過ごせる!ブログをやる意味は、楽しいからの一言に尽きます。ブログを気難しく考える必要はありません。楽しく書いているブログは、読者も楽しい気分になるのです。読者は楽しくなること、読んで為になることを求めているのです。...