ジッタリンジン

ジッタリンジン「青いカナリア」が名曲過ぎて泣きそうになる!

 data-srcset

「青いカナリア」は、ジッタリンジン史上屈指の名曲だと思います。

曲全体が疾走感に溢れていて、ギターロックの素晴らしさを存分に体現しています。

これはわたしの主観ですが、175Rの「空に唄えば」と若干似た雰囲気があります。

どちらも素晴らしい名曲なので、比較するまでもありません。

 

サビの歌い終わりに破矢さんのギターを被せるところは、何度聴いても鳥肌ものです。

これほどタイミングがバッチリだと感じる場面は、なかなかありません。

「青いカナリア」は、繰り返し何度も聴きたくなる、底知れぬ魅力に満ちています。

今後、何年経っても色褪せることがないであろう、珠玉の名曲だと思います。

スポンサーリンク

ジッタリンジン「青いカナリア」の歌詞ついて

「青いカナリア」で特に素晴らしいと感じるのは、Bメロの曲調が変わるところです。

あの日二人 夢見ていた

遠い未来 恋の行方

何度やってもうまく行かずに

泣き出したね I love you, love you, love, baby

恋の終わりの予感、もう届かないという悲しみ、歌詞の至るところに切ない描写が詰まっています。

悲しみに暮れてしまいそうですが、下を向くことなく軽やかに歌い上げていく様子は、本当に素晴らしいです。

「青いカナリア」は、曲全体を通じて、突き抜けるような疾走感に包まれています。

恋が終わり彼に揺れていた

淡い思いちぎれ飛んでいく

 

あの日二人 夢見ていた

遠い未来 恋の行方

手を伸ばしても もう届かないよ

行かないで I love you, love you, love, baby

ジッタリンジンは歌詞だけ見ると、切なくて重い雰囲気があるかもしれませんが、音楽がカラッとしていて、湿っぽいところが一切ありません。

卓越したメロディセンスと楽曲のレベルの高さはピカイチで、どんな曲でも思わず聴き入ってしまうのです。

Cause I love you, don’t go away 突き抜ける空に

Blue Canary 飛んだ またひとりぼっち

サビの歌い終わりにギターを重ねるところは、何度でも聴けるもっとも素晴らしい場面です。

破矢ジンタさんの間奏のギターソロも、大変聴き応えがあります。

これはわたしの個人的な感想ですが、「青いカナリア」を聴いていると、だんだんと羽ばたきたくなってきます。

聴いているうちに本当に飛べそうな気がして、とても不思議な気持ちになるのです。

ジッタリンジン「青いカナリア」Youtube動画を見る!

ジッタリンジンは長らく沈黙期間が続いていますが、ついに動きがありました。

2019年にYoutube公式サイトを立ち上げたのです。

>ジッタリンジン公式チャンネルはこちら

しかし残念ながら「青いカナリア」はここに含まれておらず、見ることができませんでした。

ところが19年9月21日、ついに「青いカナリア」がアップされました。

ファンにとって、待ちに待った垂涎のライブ映像です。

「青いカナリア」を生の演奏で聴くと、さらに素晴らしいと感じます。

「青いカナリア」はジッタリンジンの中でも、屈指の名曲なのです。

ジッタリンジン「青いカナリア」の口コミ、評判について

「青いカナリア」は、ツイッターでも大変な高評価を得ています。

ジッタリンジン「青いカナリア」を聴くには

「青いカナリア」を音源で聴くには、2つの方法があります。

・オリジナルアルバム「BANZAI ATTACK

・ベストアルバム、8-9-10!!(Ver.2)

オリジナル・アルバム「BANZAI ATTACK」

8枚目のオリジナル・アルバム「BANZAI ATTACK」の1曲目に収録されています。

冒頭から「青いカナリア」で始まり、疾走感で駆け抜けていく、大変素晴らしいアルバムです。

https://yama-rock.com/jitterinjinn-album/

ベストアルバム「8-9-10 ver.2」

ジッタリンジンのベストアルバム、「8-9-10!!(Ver.2)の18曲目に収録されています。

どこから聴いても名曲だらけで、お腹いっぱいに楽しめます。

サブスクリプションでは聴くことができない

記事を執筆している19年10月の段階では、音楽配信は行われていません。

ジッタリンジンの音楽配信はとても限られていて、一部しか聴くことができません。

ジッタリンジン「青いカナリア」を聴こう!

ジッタリンジンの曲を聴く場合、2枚のベストアルバムを聴けば、大半を網羅することができます。

ベスト盤を聴いてみてもっと知りたいと思ったら、是非オリジナル・アルバムも挑戦してみてはいかがでしょうか?

オリジナル・アルバムも、聞き逃し厳禁と言うべき、素晴らしい曲が揃っています。

わたしもいろんなオリジナル・アルバムを、鬼リピートで聴いています。

絶版状態がとても寂しいので、ファンとしては是非とも再販を希望したいところです。

「青いカナリア」は屈指の名曲なので、是非多くの人に聴いてもらえれば幸いです。