本・雑誌

『クルマを捨ててこそ地方は甦る』はすべての地方に当てはまるのか?【書評】

 data-srcset

京都大学大学院教授である、藤井聡さんが書いた著作『クルマを捨ててこそ地方は甦る』を読みました。


非常に大胆な提言をしていて、共感ができる部分とそうでない部分が混じっていました。

街づくりを考える意味で非常に参考にはなりますが、すべての地方に当てはめて良いのかと言うと、少し疑問があります。

京都の四条河原町を例に挙げていますが、京都は地方ではないのです。

 

クルマを捨ててこそ地方は蘇るについて感じたことを綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

クルマを前提に作られた街にどう対処する?

クルマを締め出すというのは、都心や人口密集地域においては賛成です。

新宿や銀座には、歩行者天国になる時間があります。

大阪の御堂筋を完全歩道化しようといった提言などは、わたしはすごく良い取り組みだと思います。

 

ただ多くの地方都市にそれを当てはめていいのか、大いに疑問です。

雪国の地域ではクルマが無ければ生きていけません。

JR北海道の路線の大半は、赤字といった話を聞きます。

電車よりもクルマが交通手段のメジャーになっているのです。

 

名古屋は、完全にクルマありきの街づくりをしています。

トヨタのお膝元なので、街全体がクルマによって成り立っています。

郊外に行くと、ロードサイドにさまざまな店が並んでいます。

完全にクルマで来客を促す店づくりになっているのです。

電車の方が不便な場合はどうするのか?山梨の例について

山梨はクルマが無いと生活することができません。

富士急行という電車がありますが、主な需要な富士山に向かう観光列車です。

価格は観光価格になっていて、地元の人が普段遣いする金額ではありません。

クルマでなければまともに生活できないような環境になっているのです。

スポンサーリンク

コンパクトシティ構想は、都心に集まれということ?

クルマがなければ、行動範囲は明らかに狭まることになります。

徒歩や自転車などで完結する場所であれば良いですが、そうでない場合は完全に切り捨てるようなことになってしまいます。

都心は街の賑わいを増やすために、クルマを締め出すことは有効かもしれません。

地方で生活するという意味においては、あまり得策ではないように感じてしまうのです。

クルマを捨てるのが有効なのは一部、地方という広い括りではダメ!

著者はクルマを持たなければ節約になるとか、カーシェアを使えば良いと言っていますが、完全に都会に住む人の発想です。

人里離れた場所に暮らしている人まで、おそらく考えていないように思います。

 

クルマの少ない街づくり、というのは、わたしも大いに賛成で応援したいと思います。

ところが立場によって、この本の捉え方は大きく変わってくるのです。

当たり前のようにクルマを持つ、という考えに、一石を投じるという意味においては、とても良い著作です。

ただし著者の言っているのは、明らかに都心や駅前に店が集積している街などを想定していいます。

 

地方にはそれぞれ問題があって、一律にこうだと言うことはできません。

全体的に、都心に住んでいる人向けの著作、といった感じがしました。