フリーランス

【事実】ともすればフリーランスは使い捨て要因にされかねない!

フリーランスになる、と決めた場合、少し冷静になって考えた方がいいと思います。

フリーランスなんて、格好いいことを言っていますが、実態はフリーターやニートと何ら変わりありません。

フリーターは、一時期は格好いい働き方、みたいにもてはやされた時期もありました。

しかし結局は正社員が一番良い、みたいになり、フリーターはマイナスのイメージの方がずっと強いのです。

若い人のあいだでは、フリーランスという言葉の響きに踊らされて、良い面ばかりが取り上げられているように思うのです。

フリーランスはポジティブイメージ?

いまはフリーランスが謎のポジティブワードになっていて、ともすれば憧れを持って飛び込んでくる若者も多いのです。

フリーランスは社会にうまく順応できない人たちのたまり場になっている、という面が少なからずあるように思います。

しかし一方で、実際は魑魅魍魎の非常に厳しい世界なのです。

この世界に居続けるのは、とてつもなく大変なことです。

 

フリーランスになってすぐに稼ぐことはできます。

ただしすぐに稼げるというのは、誰にでも代替可能ということでもあるのです。

いまは良くても、5年や10年という長いスパンで考えたときに、他の人が持っていないスキルがなければ、生き残るのはかなり難しいと思うのです。

フリーランスに求められるのは、他の人にはない、圧倒的なスキルなのです。

 

常にスキルを磨く努力をしなければ、あっという間に没落してしまいます。

社会から見れば、フリーランスなんて単なる無職にすぎません。

しっかりと自分を管理していかないと、いずれ仕事がなくなって行き場を失うことになるのです。

フリーランスは非情な実力世界

フリーランスの中には、しっかりと稼いで成功している人もいます。

月間7桁を稼いでいる、すごい人たちがいることも確かです。

そんな人にたちに憧れて、若い人たちが次々と後に続いてやってきます。

 

しかしその中で、きちんとモノにする人はごくわずかです。

とても厳しい世界なので、そこになかなか割って入っていくことはできない。

結果、多くの人が道半ばで脱落していく。

 

会社にいれば、まだ最低のところで踏み留まることができます。

フリーランスは後ろ盾がないので、落ちるときはどこまでも落ちていきます。

自分に自信があって実力を試してみたい、というのであれば、フリーランスはすごく合っていると思います。

安定とか落ち着きを求めるのであれば、しばらく会社にいた方が良いように思います。

 

会社も大変なことは多いですが、少なくとも給与面の安心は確保されます。

人によって我慢できるところとそうでないところ、それぞれあると思うので、

どこまでが許容できるのか、しっかりと考えて取り組んでいくことが大切です。

成長する環境に身を置く

フリーランスは時間の融通が利いて、自由に振る舞うことができます。

一方で向上心がなければ、いつまでも成長することがありません。

どんな人と付き合い、誰と一緒に仕事をするのか、しっかりと考える必要があります。

フリーランスは身の置きどころをしっかりと考えなければなりません。

 

フリーランスがもっとも警戒しなければならないのは、買い叩かれるリスクです。

仕事が欲しくてさまざまな案件に応募するのは良いですが、とてつもなく安い労働を強いられることがあるのです。

使い捨て要因にされかねない、そんな仕事が山のように転がっています。

これにハマってしまったら、どんなに頑張っても稼ぐことはできません。

 

約束を守らないクライアントや、相手のことを微塵も考えていない、といった、

どうしようもない人に当たってしまうこともあるのです。

個人だからと言って舐めてかかってくる人がいたり、突然連絡が取れなくなったり、

真面目にやればやるほど、バカを見たりすることもあったりするのです。

 

フリーランスで働いていくためには、働く相手をしっかりと選ぶ必要があるのです。

自分が成長できる環境に身を置く、ということがものすごく重要です。

フリーランスで生き残るために

フリーランスの厳しい面を紹介してきましたが、決して不可能ではありません。

うまくやれば青天井に収入アップが可能です。

個人の仕事ぶりが信頼されるので、自身のブランディングにも役に立ちます。

会社に頼らずに自分の力で生きていくというのは、とても魅力的なことです。

 

突き抜けるまではとても大変かもしれませんが、挑戦する価値はあると思います。

儲かるところには、いろんな人が群がっています。

ヘンな人が近づいて来たり、怪しいことに勧誘しようとしたり、その過程にはさまざまなことがあります。

騙されたり使い捨てにされないように、しっかりと相手見極めて判断を下すことが大切です。

 

フリーランスが軌道に乗るまでは、我慢の連続です。

忍耐力も必要とされますが、きちんとやり切れば明るい未来が待っています。

不安定だけど十分に挑戦する価値があるものだと思います。

自分の力を出し切れるというのは、とても気持ちが良いものなのです。

会社では味わえない、生きる力が沸いていくるのです。