未分類

マイクロツーリズムという新たな旅行スタイルについての思索!

 data-srcset

これからはマイクロツーリズムを提唱していきたい…。

ネットのニュース番組で、星野リゾートの社長がこんな風に言っていました。

 

マイクロツーリズム…。

聞き慣れない言葉で、ちょっと小難しそうな雰囲気があります…。

しかしその意味をちゃんと聞くと、ものすごく深く理解できました。

 

わたしが日頃から薄々感じていたことを、見事に言い表してくれていたように思います。

 

マイクロツーリズムは、これまでの旅行スタイルを見直すきっかけになるかもしれません。

マイクロツーリズムというのは、一体どういったものなのでしょうか?

 

わたしの考えなどと照らし合わせながら、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

マイクロツーリズムとは?

マイクロツーリズムは、3密を避けながら地元の人が近場で過ごす旅スタイルです。

自宅から30分~1時間の距離で、安心・安全に過ごしながら地域に触れて楽しんでいく…。

 

コロナ禍における新たな提案であり、地域にも貢献することができます。

 

日本人のひと昔前の旅行は、マイクロツーリズムが主流だったようです。

海外旅行ができるようになって、多くの人が国外に目を向けるようになりました。

 

コロナ禍で旅行することができない状況において、近場が見直され始めています。

遠くに行くことだけが旅行ではない…、地域の新たな発見のきっかけになると思います。

国内旅行への見直しが始まっている

観光産業への打撃はすさまじく、日本経済を揺るがしかねない問題へと発展しています。

コロナウィルスが収まるまでは、おそらく海外に行くのは難しいように思います。

 

不要不急の移動がはばかられる状況で、観光業と客ができることは何か?

 

それが国内旅行であり、さらには近場で泊まるマイクロツーリズムなのだと思います。

 

これまで旅行と言えば、海外に目を向ける人が多くの割合を占めていました。

異文化とか異なる世界を見ることにおいて、海外旅行はすごく楽しいところです。

 

ところが今後は、国内旅行が見直されるのではないでしょうか?

 

コロナウィルスは数十年に1度の大ピンチですが、それでも前を向いて進んでいく…。

星野リゾートの取り組みは、時代に即した素晴らしい提案だと思います。

スポンサーリンク

海外旅行から国内旅行へ

旅行に出かける人の割合というのは、つねに一定数あるように思います。

海外に行けなければその需要がすべて消失するかと言うと、決してそんなことはありません。

海外がダメなら国内にと、行き先を変えることになるだけではないでしょうか?

 

ひと昔前は、国内よりも海外を目指す人たちが、圧倒的に多い時代でした。

その頃と比べると、まったく逆の流れが生まれているように思います。

これからは国内旅行、さらにはマイクロツーリズムが注目される時代です。

近場で楽しむ旅行というのも、決して悪くはない選択ではないでしょうか?

わたしの旅行体験について

わたし個人の話で言うと、海外よりも国内を旅行する方が、ずっと好きでした。

遠くの異世界よりも近場の新たな発見に、大きな魅力を感じていました。

・地域に根ざした祭り

・由緒正しいお寺

・昔ながらの伝統技法

やま
やま
国内のほうが安心で安上がり、頻度もたくさん行くことができます。

飛行機で長い時間を乗るくらいなら、近場を車や電車でサクッと行く方が良い…。

コロナ禍における国内回帰の動きは、個人的にはすごく良いことだと思います。

 

ちなみにこの記事を書いている時点で、わたしは海外に行ったことがありません。

これを言うと驚かれるのですが、海外だけが旅行じゃないでしょ!といつも思います。

 

雑誌『Discover Japan』を片手に、国内のありとあらゆる場所に出向いて行く…。

わたしにはそんなスタイルの方が、ずっと魅力的に感じたりするのです。

マイクロツーリズムの今後について

コロナによる移動自粛によって、観光産業は大変なダメージを負ってしまいました。

大変な苦境に陥っていますが、わたしは知恵と工夫で乗り換えられると思います。

マイクロツーリズムによって、新たな旅行スタイルが生まれてくるかもしれません。

・ちょっとしたドライブ

・近場で一泊する

・身近な場所の再発見

こういったニーズをしっかりと汲めば、観光産業は盛り返すのではないでしょうか?

 

地元のことは、知ってそうで意外と知らないことがすごく多いです。

 

以前、テレビ東京で『和風総本家』という番組がありました。

職人にスポットを当てて、彼らの仕事ぶりを中高生に見せる、なんて企画がありました。

 

地元にこんなに優れた技術があって、素晴らしい職人さんがいる…。

中高生が目をキラキラさせながら、興奮気味に口にしていた様子がすごく印象的でした。

 

身近にあるにも関わらず、まったく知らなかった…。

マイクロツーリズムは、そんな新たな旅行体験のきっかけになるのではないでしょうか?

 

コロナウィルスというのは大変な危機的状況で、多くの人がピンチと感じるかもしれません。

しかしそんな中でも、知恵と工夫を凝らして、うまく解決する人がいるのです。

 

わたしもピンチをチャンスに変える、そんな人たちにあやかりたい…、なんて思います。

>星野リゾートのマイクロツーリズム