フリーランス

フリーランス必見!妊婦は出産前後に国民年金保険料を免除できる制度がある!

 data-srcset

国や市町村の制度は、よく調べてみると使えるものが、かなり多いです。

あまり大々的に告知しておらず、こちらから手を挙げなければ受け付けてもらえません。

フリーランスの人にとって、絶対に押さえておきたい制度が2019年4月から始まりました。

今回紹介する控除を使えば、負担がかなり軽減されるので、是非とも活用したいところです。

結婚や出産を控えている人は必見ですので、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

国民年金保険料の免除制度について

2019年4月より、国民年金保険料を一部免除する制度が始まりました。

国民年金保険料の免除制度は、国民年金に加入している妊婦さんが対象となります。

<国民年金保険料の免除制度>

◯対象者

国民年金第1号被保険者

◯免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間、国民年金保険料が免除される。

◯届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能

◯届出先

市役所または町村役場の国民年金担当窓口

対象は出産を控えている妊婦

詳細は日本年金機構HPに書いてありますので、是非ご覧ください。

簡易的な分かりやすいリーフレットは、こちらからご覧ください。

国民年金保険料免除制度のメリットは?

国民年金を支払っている妊婦の人は、この制度を利用すると、4か月間 の国民年金保険料を免除することができます。

国民年金保険料は19年現在は 月額16,410円 なので、約7万円 の支払いが免除されることになるのです。

支払い免除なので、この金額が将来、年金に影響が出るといったことはありません。

国民年金の支払いが減ることにより、出産前の負担が軽くなるのです。

約7万円が支払い免除になる

スポンサーリンク

国民健康保険料の免除制度の注意すべき点

この制度を受けるに当たり注意するべき点があります。

まず対象は 国民年金を支払っている人、というところがポイントです。

正確に言えば、第1号被保険者、となります。

対象は国民年金を支払っている人(第1号被保険者)

フリーランスや自営業、農業・漁業などが対象なのです。

厚生年金を払っている会社員は対象外なので注意が必要です。

厚生年金を払っている会社員は対象外

過去には消えた年金問題なども起きているので、年に1度自宅に届く、ねんきん定期便で確認することをおすすめします。

国の制度を上手に利用して将来に備えよう

国の制度は、わたしたちの知らないうちにどんどん変わっていきます。

専門家でもない限り、すべてを追うのは非常に難しいです。

国は積極的な告知を行っておらず、わたしたちが手続きしなければもらえません。

出産の予定がある人は、是非活用したいところです。

詳しくは、お住まいの市町村に問い合わせして下さい。

https://yama-rock.com/freelance-book/