ブログ

ブログが書けないときにやるべき5つのこと!無理して書かなくて良い!

 data-srcset

ブログをいざ書こうとしても、いっこうに筆が進まないときがあります。

ブログが進まないときは、無理して書く必要はありません。

わたしの場合、いくつか選択肢を持っておいて、ダメならすぐに切り替えます。

選択肢はさまざまありますが、だいたいは後述する5つのことに取り組みます。

 

無理して書こうとして、ブログがつまらなくなったら元も子もありません。

それは文章を通じて読者に伝わり、つまらなさが醸し出されてしまうのです。

ブログが書けないなら、ほかのことにさっさと切り替えるのが賢明です。

義務感に駆られて書いた文章なんて、誰も読みたくありません。

 

ブログが書けない理由や改善策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

ブログが書けないときは無理して書く必要はない

ブログが書けないときは、さっさと書くのを辞めてしまうのが1番です。

調子の悪いときの文章はあとから読み返すと、読むに堪えないものばかりなのです。

新規記事を書くことだけが、ブログ運営における前進ではありません。

記事を書くことが最重要ですが、それ以外にもやるべきことはたくさんあるのです。

 

毎日更新している有名ブロガーを真似して、息切れしてしまっては元も子もありません。

ブログは人によってスタイルやペースがあるので、すべて真似する必要などないのです。

ただしブログが書けないからと言って、ブログから離れてはいけません。

ブログ周辺の知識を身につけたり、上級ブロガーに会うなど、ブログに関わる行動をした方が良いのです。

 data-srcset
ブログで壁にぶち当たったら成長曲線をイメージして努力すればいい!ブログを続けていくと、必ず壁にぶち当たります。 たいていの場合、努力に見合った結果を出せずに悶々としてしまうものです。 ブロ...

ブログが書けない具体的理由について

ブログが書けない理由としては、さまざまな原因が考えられます。

代表的なものとしては、以下の3つが挙げられると思います。

ネタが思い浮かばない

ブログで書くネタが思い浮かばず、筆が止まっている状態です。

ブログで書くネタは、頭をひねって考えることではありません。

日常に転がっている普通のことを記事にすれば良いのです。

キーワードを調べたり、検索ボリュームの確認など、筆を進めるための行動を起こしましょう。

競合を気にしすぎる

競合よりも質の良いものを書こうとして、リサーチの沼にはまってしまいます。

ネットにある情報をかき集めて凌駕しても、単なる焼き直しに過ぎません。

競合調査は必要ですが、競合に意識を取られては意味がありません。

競合はあくまで自分の立ち位置を把握するのに留めておきましょう。

うまく書こうと気負いすぎる

うまく書こうとして気負いすぎた結果、筆が進まないことがあります。

最初からうまく書ける人なんていません。

やっているうちにだんだんと上手になるので、意識しすぎるのは良くありません。

60点で良いので最後まできちんと書き上げてから、あとから修正すれば良いのです。

スポンサーリンク

ブログが書けないときにやるべき5つのこと

ブログが書けないときは、無理して書く必要はありません。

新規記事を書くことだけが、すべてはないのです。

ブログが書けない場合は、ほかのことに切り替えた方がよいです。

5つの方法について紹介します。

本を読む(有料noteでも良い)

ブログが書けないというのは、アウトプット過多の状態かもしれません。

この場合は本や有料noteなどで、インプットを増やした方が良いのです。

本を読んでいるとブログのネタや、アイデアが湧いてきます。

次にブログを書くときのエンジン、モチベーションになるのです。

 data-srcset
ブログ初心者に読んで欲しいおすすめ本7選+α(月5万円を目指す!)ブログで成功したいのであれば、片っ端から本を読むのが1番です。いまも昔ももっとも効果的に学べるのは本なのです。ブログ初心者に読んで欲しいおすすめ本7選+αを紹介します。...

人のブログを読む

ブログが書けないときは、人のブログを読むのもおすすめです。

有名ブロガーのブログで勉強するのも良いし、同期ブロガーから刺激をもらうのも良いです。

装飾や写真の配置、広告の場所など、人によってさまざまな特徴があります。

ブログを学ぶ1番の方法は、ブログから学ぶことにあるのです。

ASPの案件をひたすら眺める

ブログが書けないときは、ASPの案件をひたすら眺めるのもおすすめです。

ブログで稼ぐというのはつまるところ、アフィリエイトによる広告収入です。

出口の部分をしっかりと理解しておかないと、戦略を練ることができません。

案件は膨大な数に上るので、既存の記事から広告に誘導できるものがあるかもしれません。

リサーチや装飾に注力する

ブログが書けないときは、リサーチや装飾に注力するのも良いです。

ブログのデザインは、ブログ運用においては非常に重要なことです。

ブログ運用の最重要ポイントは記事を書くことですが、書けないときはデザインに注力すれば、ちょっとした気休めになります。

人のブログを見ながら、良い部分をどんどん取り入れるのがおすすめです。

リライトする

ブログが書けないときは、過去記事をリライトするのも方法の1つです。

ブログは新規記事を量産することだけがすべてではありません。

既存記事を徹底的に磨き上げて、質を高めていくのも非常に重要なのです。

すでに記事がある分、新規記事作成よりも負担が軽くて済みます。

SEOガン無視の日記を書くのもおすすめ!

ブログが書けない理由の1つとして、形式に捕らわれているというのがあります。

SEOとか読者視点などをすべて無視して、徹底的に自己満足の記事を書いてはいかがでしょうか?

筆が乗ってくると気分が乗ってきて、また書けるようになったりします。

難しいことは考えず、思い浮かんだことを書くだけでも、随分と違うのです。

ノウハウコレクターになってはダメ!

ブログが書けないときは無理して書く必要はない、という話をしてきました。

ただし注意しなければならないのは、ノウハウコレクターになってはいけません。

ブログを書く1番の目的は、ブログで成果を出すことです。

知識を得ることで満足してはいけないのです。

 

ノウハウコレクターは手段と目的を混同しています。

いくらノウハウを集めたところで、実際に使わなければ意味がありません。

あなたは何のためにブログを書いているのでしょうか?

原点を見失わないように、しっかりと自分を制御しなければなりません。

ブログを書くことだけが前進でない!多角的にアプローチをしよう!

ブログは書くことがとても大切ですが、それがすべてではありません。

ブログで求められる知識は山のようにあって、総合的な力が求められるのです。

常に行動し続けなければ、何も変わっていきません。

ブログが書けないと止まってしまったら、ほかのことで行動をしましょう。

 

ただし、ノウハウを集めることに熱中したり、セミナーを受けて自己満足に浸ってはいけません。

いろんなことに手を出すうちに、他が楽しくなってブログを書かなくなる人は非常に多いです。

いったん休憩するつもりが、1週間や1ヶ月になってしまうこともあったりします。

自分にできるペースを把握して、少しでも良いので前進していくことが大切です。

 

一晩寝れば新たな気持ちで挑むことができます。

ブログを書くという姿勢を常に忘れずに、続けていくことが大切なのです。

 data-srcset
ブログが継続できない人は9割!だから突き抜けることに意味がある!ブログは参入者が多くて、生き残るのがすごく難しいと感じるかもしれません。 しかし、決してそのようなことはありません。 ブログ...