生き方

【徹底論争】若いうちは遊んだ方がいいのか?それとも働いた方がいい?

若いうちは遊んだ方がいい、と言う人もいれば、若いうちに働け、と言う人もいます。

果たしてこれはどちらが正しいのでしょうか?

 

若いうちは圧倒的に働いた方が良いです。

若いうちに経験を積むことが、何よりも財産になります。

若いうちに遊んだ人は、お金を稼ぐ経験を身につけていません。

結果、歳を取ってからお金に苦労することになるのです。

 

若いうちに遊び尽くす、みたいな考えの人は、行動が刹那的です。

若かろうが歳を取ろうが、やりたいことは全部やる、が正しいスタンスです。

先にお金を稼ぐスキルを身につけてから、遊べば良いと思うのです。

そのために若いうちは、必死になって働いた方が良いのです。

みんな「若いうちにしかできないこと」に捕らわれすぎている

若さはほかに代えがたい特権です。

全財産を出してでも、お金で買えるなら若いころに戻りたい、と言う人もいます。

 

「若者には夢がある」

「若いうちにしかできないこと」

 

しかし、それによって苦しんでいる若者がいるのも事実です。

若者らしく夢や希望を持とうとしても、それが何なのか分からなくて、押しつぶされそうになっている人は、思いのほか多いのです。

 

若いということに悩む必要などないと思います。

そんなことに悩むくらいなら、人目も気にせず遮二無二働けば良いのではないでしょうか?

 

また、若者の中には「働いたら負け」とか「働くくらいなら頑張って遊ぶ」と言って、労働を否定しようとする人もいますが、早かれ遅かれみんな労働をするのです。

フラフラとしている暇があったら、さっさと社会で働いた方が良いのです。

早くから身を投じて、社会の中でどう振る舞うのか、どうやってもっと稼ぐのか、それを考えた方が、ずっとためになります。

そもそも労働から逃げようという魂胆が、わたしには浅ましいと思うのです。

やりたいことは全部やる、そのためにはお金が必要

若いうちは遊ぶ、という人は、楽しいことを先にやるか、あとに取っておくか、みたいな、足し算と引き算の思考なのです。

大人になったらつまらなくなる、だから先にやっておく、みたいな感覚は、人生を悲観的に見過ぎだと思います。

 

楽しいことは先にも後にも全部できるのです。

若いからとか、大人だから、ではなく、思い立ったときにいつでもできるのです。

しかしそれには、必ずお金が必要です。

だから早くからお金の稼ぎ方を身につけて、先に実行にしていくのです。

若いうちに貯金して、さらに投資する

同じような問いかけとして、以下のようなものがあります。

「若いうちは貯金するべきか、使うべきか」

答えは言うまでもなく貯金です。

貯金をしてさらに投資に回せば、資産が圧倒的に増えていきます。

 

これもさっきと同じで、足し算と引き算の思考になっています。

いま使うか、あとから使うのか、総量は一定、みたいな考え方です。

たくさん貯金をしてそれを投資に回していけば、雪だるま式に増えていきます。

原資が多ければ多いほど、その増え方も増していきます。

 

自由に使えるお金が増えれば、行動できる範囲も広がります。

早くから種まきをすることにより、大きな果実を手に入れることができるのです。

若者の遊びはしょぼい、大人の遊びはエグい

そもそも、若いうちの遊びは、全体的にしょぼいのです。

大人になってからの遊びは、圧倒的に突き抜けています。

若者の遊びなんてたかだか知れています。

しょぼい遊びに身を投じるくらいなら、エグい遊びの方がずっと楽しいです。

 

大人の遊びに、恥も外聞もありません。

周りの目など気にせずに、ただ自分のやりたいようにやりまくる・・・。

若いうちはしっかりと稼いで社会のマナーを身につけて、余裕のある大人になってから大人の遊びを堪能した方が、圧倒的に満足度は高いのです。

 

そのためには早くから働いて、お金を稼いだ方が良いのです。