お金

お金持ちになるには考え方を変えてあとはひたすら行動に移すだけ!

 data-srcset

お金持ちになるためには、根本から考え方を変える必要があります。

仕事の収入を考えたときに、以下の2つを別々に考えなければいけません。

・労働収入

・事業収入

労働収入を積み重ねてお金持ちになった人は、1人もいません。

お金持ちの人は、必ず事業を立ち上げて経営を行っているのです。

 

労働者でいる間は、どんなに働いても得られるお金は一定です。

経営者になって事業を拡大することで、資産が莫大に増えていくのです。

ただし事業を展開していくのは、並大抵のことではありません。

リスクが大きかったり我慢ができなかったりなど、撤退する人があとを絶ちません。

 

ただし労働収入だけでは、絶対にお金持ちになることはできません。

お金持ちになるためには、事業の仕組み作りに注力する必要があるのです。

スポンサーリンク

労働収入だけでお金持ちになった人はいない!

最初から生活に困らないほどお金を持っている人は、ほとんどいません。

多くの人は雇用者として労働に従事し、その対価としてお金をもらっています。

労働収入でお金を稼ぐことはできますが、一方で時間が奪われていきます。

労働者は時間や労働力を対価にして、会社からお金をもらっているのです。

 

お金持ちになるためには、労働収入に頼るのはあまり得策ではありません。

資産を莫大に増やしていくためには、自身の事業の展開が必要なのです。

労働収入と事業収入は分けて考えるべき!

お金を稼ぐことを考えたときに、労働収入と事業収入は分けて考えるべきです。

労働収入で稼いだ10万円と、事業収入で稼いだ10万円は、意味がまったく違います。

労働収入の方が圧倒的に効率が良いので、みんな労働収入でお金を得ます。

しかし長い目で見れば、事業収入を伸ばすことの方がはるかに効果的です。

 

労働収入はどんなに頑張っても、それほど伸びていきません。

一方で事業収入は、青天井に伸びていく可能性を秘めているのです。

事業を営むのはリスクがありますが、当たったときのリターンは大きいです。

事業を成功させるためには稼いだお金を自身の事業に投資する…、継続的な努力と行動が必要だと思います。

スポンサーリンク

お金持ちになるには事業を起こして経営する側になる!

労働収入に頼っているだけでは、絶対にお金持ちになることはできません。

労働収入を積み重ねてお金持ちになった人は1人もいません。

お金持ちは必ず事業を展開していて、うまく回る仕組みを持っています。

ただし、事業を軌道に乗せるまでには、莫大な時間と手間がかかるのです。

 

お金持ちになるためには、労働者ではなく経営する側に回る必要があります。

労働者と経営者は、仕事に対する姿勢や取り組み方がまったく違います。

労働の延長線上に経営があるわけではないので(サラリーマンは例外です)、経営者としての振る舞いや考え方を学ぶ必要があります。

労働はすぐにお金になるが事業は3年くらいかかる!

労働はすぐにお金になりますが、事業を始めてもまったくお金になりません。

どんな事業も黒字に転換するまでには、最低3年くらいは必要です。

多くの人は、事業にそこまでの労力を費やすことができません。

結局、事業で成果を出すまで我慢ができず、辞めていくことになるのです。

 

事業を立ち上げて実際に軌道に乗せるまでは、大変な重労働が待っています。

失敗したり、借金を抱えたり、さまざまなトラブルが待っているかもしれません。

リスクを負って挑戦した人だけが、のちに大きな果実を手に入れることができます。

戦略を持って細く長く続けた人だけが、最終的には生き残ることができるのです。

目先のお金よりも価値の提供に全力を尽くす!

事業がうまくいくかどうかは、実際にやってみなければ分かりません。

頭で想像を膨らませるのと、実際にやるのとではまったく違います。

ビジネスは常に変化していくので、時代の流れや変化を読む必要があります。

事業が形になるまで投資を続けていくのは、常に我慢の連続なのです。

労働は時間の切り売りにしかならず資産は事業者のものになる!

労働収入はあくまで、事業の中の一部に組み込まれているに過ぎません。

労働収入は時間の切り売りにしかならず、資産は事業者のものになります。

サラリーマンはどんなに働いても、給料は一定で大きく変化しません。

労働力を提供することによって一番潤うのは、会社や経営者なのです。

お金持ちになるには労働から得る収入を辞めること!

お金持ちになるためには、労働からの収入を辞めることです。

最低限の費用を確保しつつ、すべての力を事業に集中していきます。

事業が軌道に乗るまで、ひたすら注力し続けていくことです。

事業の仕組みができるまで、生みの苦しみを続けていくことなのです。

事業収入はやがて労働収入を追い越していく!

事業は最初のうち、まったくお金になりません。

数年単位でお金にならないことは、当たり前のようにあります。

また、事業が必ずしもうまくいくとは限りません。

実際、失敗する人や山のようにいて、退散する人はあとを絶ちません。

 

事業が軌道に乗るようになると、やがて収入は大きく増えていきます。

事業収入はやがて、労働収入を大きく追い越していくのです。

労働収入は常に安定して一定ですが、事業収入は天井知らずに伸びていきます。

一発当てると想像をはるかに越えていく、とてつもないヒットになるのです。

お金持ちは常に事業に投資を意識して価値向上に努めている!

どんな物事にも言えますが、さまざまな工程の上流にいる人がもっとも強いです。

・プラットフォームを作った人

・最初に仕組みを築いた人

・ほかに真似できないものを持っている人

上流にいるたち人は、ルールを自分の手で決めることができます。

足りないものを補うために、さらなる投資先を探し回っているのです。

 

お金持ちは常に投資を意識しながら、日々を過ごしています。

世の中にない新たな価値を見つけて、事業にしようとアイデアを練っているのです。

誰かが投資をすることで世の中は発展していく!

世の中が発展してきたのは、必ず誰かがリスクを負って投資をした結果です。

新しい世の中を作っていくために、リスクを背負いながら投資し続けています。

お金持ちは自分の事業を立ち上げ、さらに多角的に投資を行っています。

労働収入だけでは絶対に到達することができない、未踏の場所にいるのです。

 

お金持ちになるためには、労働を最大化して事業に注力していく…。

事業がうまくいったら、次なる新たな柱を立ち上げていく…。

労働収入を卒業して、次のステップに進むことだと思います。

サラリーマンから脱却し、フリーランスや経営者へと進んでいくことです。

スポンサーリンク