流行

タピオカブームは株価暴落の兆しなのか?【過去の例を見る】

 data-srcset

タピオカが若い女性のあいだで空前のブームとなっています。

ここ最近、テレビやマスコミ各社がこぞって取り上げていて、街を歩けばタピオカの店の前で大行列ができています。

タピオカはこれまでにも何度かブームがありました。

一体どのようなものだったのでしょうか?

また、巷でささやかれる株価暴落は、どういった根拠によるものでしょうか?

タピオカブームについて順を追って見ていきます。

スポンサーリンク

タピオカブームは今回が3回目

タピオカブームはこれまでにも何度かありました。

1回目は90代の初めごろ、2回目は08年ごろと言われています。

今回のブームは3回目で、17年頃~現在にかけてとなります。

1回目のときは食べるものとして人気を集めましたが、2回目と3回目は飲むものとして支持を得ています。

タピオカと言えば、ココナッツミルクと一緒に飲むのが一般的です。

タピオカは時間を空けて、ときどきブームが再燃しているのが分かります。

タピオカは何からできているのか?

そもそもタピオカは何からできているのでしょうか?

タピオカという食べ物を知っているけれど、その正体をきちんと知っている人は意外と多くありません。

タピオカはキャッサバという芋のでんぷんから作られています。

キャッサバは、南米や東南アジアではメジャーな食べ物ですが、日本ではあまり馴染みがなく、栽培している地域もごくわずかしかありません。

キャッサバはフライドポテトにすると非常に美味しいと評判です。

またタピオカの人気の秘訣は、もちもちした食感にあります。

お米のようなモチモチとした食感に、ほどよく腹持ちの良いところが、若い人たちの支持を集めているのです。

スポンサーリンク

タピオカブームは不況の前兆?株価暴落は?

世の中がタピオカブームに沸いている一方で、ある不吉なことが囁かれています。

タピオカがブームになるのは「不況のシグナル」なのではないか?といったものです。

過去の例と照らし合わせてみると、そう囁かれる意味がよく分かります。

最初にタピオカブームが起きた90年台初めは、ちょうどバブルが崩壊した時期と重なります。

日経平均が史上最大の3万8000円を記録しましたが、それから転げ落ちるように下がっていった時期と重なるのです。

2回目の08年は、リーマンショックが起きた年に当たります。

100年に1度と言われた未曾有の危機は、金融関係者はもちろんのこと、わたしたち一般の生活にまで深く影響が及びました。

この法則に当てはめてみれば、3回目でまた株価が暴落するのではないか?といった予測がされているのです。

タピオカブームの株価暴落説は根拠なし

タピオカブームを株価暴落と結びつけるのは、特に根拠はありません。

過去の動きを見て、たまたま誰かが発見して、言い出したものに過ぎないと思われます。

株式市場にはこういった格言は無数にあるので、特に信じる必要はありません。

都市伝説みたいな感じで、面白がって話半分に聞いていればいいと思います。

株式市場の格言は果たして合っているのか?セルインメイの場合

過去の例を見ても、ギリシャ・ショックによって、ゴールデンウィークの期間に必ず株価が下落するという時期がありました。

株式市場の格言で非常に有名な「セルインメイ」といった言葉が頻繁に引用されていました。

この言葉は、5月に売れ、を意味する「sell in May」が元になっています。

この格言には続きがあって、9月には戻れ、といったことが言われています。

「セルインメイ」が本当のことのように言われていましたが、ここ最近はめっきり聞かなくなりました。

ウワサというのは、そういったものなのです。

タピオカブームで株価暴落になりませんように・・・

専門家の間では、2019年は景気後退局面に入るのではないか?という見立てが各所であり、本当に起きてしまう可能性はゼロではありません。

わたしたちは不安定な時代を生きていて、何がきっかけでショックが起きるのかは誰にも分かりません。

米中貿易摩擦、ブレグジット、日本の消費税増税、悪質なテロ、何が起きても不思議ではありません。

さらに株式市場の取引の主体は、アルゴリズムによる機械での売買になっていて、不測の事態によって、パニック売りが発生することは十分に考えられるのです。

「タピオカは不況のシグナル」といったことが起きて欲しくはありませんが、誰にも分かりません。

タピオカを売っている人からすれば、いい迷惑ではないか、と思います。

19年が不況にならないことを願うばかりです。