ナイトスクープ

探偵ナイトスクープについて

探偵ナイトスクープは1988年にスタートした、視聴者参加型バラエティです。

関西を代表するバラエティ番組として、今日まで長く親しまれています。

くだらない依頼からシリアスなものまで、内容の振れ幅が大きいことが特徴です。

番組の冒頭では局長が以下のフレーズを読み上げて、本編へと入っていきます。

複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する『探偵!ナイトスクープ』わたくしが局長の松本人志です。

局長の両隣には秘書と顧問が座っていて、3人の掛け合いで進行していきます。

さまざまな意味で関西色が非常に強く、関東では見かけないバラエティとなっています。

放送

朝日放送テレビ(ABCテレビ)

金曜日23:16~24:11(55分)

テレビ朝日系の全国の地方放送局で放送されていますが、テレビ朝日は放送がありません。

深夜番組として根付いていますが、関東ではゴールデンタイムに放送されていることもあります。

>番組の放送エリア・時間

公式HP、ツイッター

探偵ナイトスクープの公式HPは、さまざまな内容をひと通り網羅しています。

また公式ツイッターでは、次回の放送内容をサクッと知ることができます。

番組本編とはひと味違う、増田秘書の違った表情も見ることができます。

>探偵ナイトスクープ公式HP

>探偵ナイトスクープツイッター

現在の出演者

局長

松本人志(ダウンタウン)2019年11月29日~

2019年に3代目の局長として、正式に局長に就任することが決まりました。

2016年には「陶器が合わさって外れない」という内容で投稿し、悩める依頼者として出演を果たしました。

秘書

増田紗織(ABCアナウンサー)2019年11月29日~

局長が変わるのと同じタイミングで、正式に秘書として就任しました。

感動の依頼に対して、西田局長ばりに号泣するなどの一面を見せています。

探偵

石田靖、間寛平、竹山隆範、たむらけんじ、真栄田賢(スリムクラブ)、田村裕(麒麟)、澤部佑(ハライチ)、橋本直(銀シャリ)(2020年現在)

番組では長い机に横一列で並んで座り、自分の番になるとプレゼン台に立ちます。

局長や観客に向かって内容を説明し、プレゼンするスタイルとなっています。

顧問

最高顧問…キダタロー(浪速のモーツァルト)

出演の多い顧問…桂ざこば、円広志、林裕人(林先生)

顧問は3つの依頼のあと、締めの言葉として一言添える決まりとなっています。

番組のゲストという意味合いもあり、毎回さまざまな人が出演をします。

過去の出演者

歴代局長

初代…上岡龍太郎(1988年3月~2000年4月)

2代目…西田敏行(2001年1月~2019年11月)

3代目…松本人志(2019年11月29日~現在)

30年以上続く番組の長い歴史の中で、局長を務めた人はわずか3人しかいません。

上岡局長は怖いおじさん、西田局長は涙の人情派として、広く知られています。

西田局長降板のニュースが流れたときは、次の局長は誰になるのか予想するなど、SNSで大きな話題になりました。

歴代秘書

初代…松原千明(1988年3月~1989年5月)

2代目…岡部まり(1989年7月~2010年4月)

3代目…松尾依里佳(2010年9月~2018年1月)

4代目…増田紗織(2019年11月29日~現在)

秘書の一番大きな役割として、依頼文の読み上げにあります。

また局長との掛け合いなど、さまざまなアシストの役割を担っています。

岡部秘書は、依頼文に書かれている下ネタを読み上げず、西田局長にイジられるなど、息の合ったやり取りもありました。

歴代探偵

探偵はレギュラーや臨時まで含めると、総勢30名以上が携わっています。

探偵にはそれぞれ持ち味があり、担当する依頼も変わってきます。

依頼者を盛り上げる重要な役割を担っていて、指名を受ける探偵がいたりします。

番組観覧について

番組観覧は公式HPから募集を行っていて、応募によって観覧することが可能です。

ネットの応募とハガキの応募の受付を行っていて、競争率はおよそ10倍となっています。

当選すると招待状が送られてきて、1枚につき2名まで入場することが可能です。

収録:隔週金曜日夕方から2本撮り

場所:朝日放送テレビ新社屋 Aスタジオ

特典:番組特製クリアファイルプレゼント

>番組観覧応募フォーム

調査依頼について

探偵ナイトスクープの調査依頼は、ネットから応募することができます。

一次選考に通過すると、番組スタッフから電話で連絡が来ることになります。

調査依頼を送るときに、探偵を選ぶことはできません。

調査依頼についてのQ&Aは、以下の番組公式HPに詳しく記載されています。

>調査依頼フォーム

主題歌

円広志「ハートスランプ二人ぼっち」

探偵ナイトスクープのために制作し、テーマ曲として使われています。

探偵ナイトスクープの代名詞として、番組ファンの間で広く知られています。

探偵はこの曲をすべて歌えるのかといった、検証するなどもありました。

円広志さんは顧問としてもたびたび登場し、依頼に対して論評することもあります。

番組の流れについて

番組本編では13分ほどのVTRを3本流すことがメインとなっています。

秘書が依頼分を読み上げ、探偵がプレゼンし、番組本編のVTRが流れていきます。

VTRが終わると再び探偵がプレゼンし、ジングルが流れてCMに入ります。

番組の最後には顧問の論評が入り、エンドロールが流れて番組が終了します。

 

その後におまけとして「エンド5秒」という、探偵の一発ギャグのコーナーがあります。

「エンド5秒」は面白いやくだらないなど賛否あり、「何が面白いのか教えて」という依頼が送られてきたこともあります。

見逃し配信について

探偵ナイトスクープをテレビで見逃してしまった場合、ネットで見ることができます。

本編を放送してから1週間、TVerで視聴することができます。

また過去の放送は、アマゾンプライムビデオにも収められています。(2020年7月現在)

>TVerはこちら

過去の依頼について

探偵ナイトスクープ過去の放送を、公式HPから調べることができます。

>探偵ナイトスクープ過去の放送内容

また番組ムック本では放送開始から2018年まで、すべての依頼内容を網羅しています。

過去の名作を調べるときや振り返るときなどに、便利に使うことができます。

過去の名作について

探偵ナイトスクープは笑いあり涙ありで、依頼によってさまざまな表情を見せます。

いつまでも心に残り続ける、珠玉の名作が生まれることも少なくありません。

局長や秘書など一同が涙する作品は、映画にも並んですごい作品が多いです。

年忘れファン感謝祭について

探偵ナイトスクープは、12月31日の大晦日に年忘れファン感謝祭を開催しています。

年末の風物詩となっていて、その年の面白かった調査依頼の総集編となっています。

コンパクトにまとめられているので、ダイジェストに振り返ることができます。

局長賞について

探偵ナイトスクープは年に1度、身内だけで行っている賞があります。

優秀なスタッフと探偵を表彰するために、局長賞というものを行っています。

局長賞に選ばれる作品は優れたものが多く、名作にふさわしいものも多いです。

放送後のエピソードについて

探偵ナイトスクープは長年放送していて、その後を追いかけることもあります。

放送から数年の時を経て、再び出演を果たしたりします。

東西の人気の違いについて

関西で大変な人気番組で知られていますが、関東ではあまり人気がありません。

笑いに対するアプローチの違い、異なる文化状況など、さまざまな点が指摘されています。

関連本、DVDについて

探偵ナイトスクープは書籍やDVDなども多数出版しています。

過去の放送内容や、さらに掘り下げた内容のものが、盛り込まれています。

・探偵ナイトスクープDVD

・全国アホ・バカ分布考

・全国マン・チン分布考

・探偵ナイトスクープ放送30周年記念公式ガイド(ムック本)