J-POP

味噌汁’s のアルバム『ME SO SHE LOOSE』は悪ノリ音楽!

 data-srcset

こんなにも盛大にふざけた音楽が、こんなにも格好良いギターロックをかき鳴らし、こんなにもワクワクさせてくれるのは、極めて異例なことです。

味噌汁’sという謎のバンドが繰り出す、摩訶不思議な音楽です。

 

味噌汁’sとは一体何者なのでしょうか?

訳のわからない無名の新人バンドが、なぜこんなにも格好いい演奏ができるのでしょう?

思い切りふざけているのに、盛大にすごい音楽、は、一体どうやったら生まれるのでしょうか?

 

味噌汁’s 稀代の問題作(?)である『ME SO SHE LOOSE』について追ってみました。

味噌汁’sの正体はRADWIMPS

味噌汁’sはジョン、ポール、マッカー、トニーからなる、何とも怪しい4人組新人ロックバンドです。

引用:味噌汁’s公式HPより

ただしこれは完全にキャラで、実態は言わずと知れたRADWIMPSなのです。

楽曲のレベルが異常に高い理由は、まさにここにあります。

RADWIMPSが本気を出せば、これくらいのクオリティになるのです。

 

学生ノリのふざけ具合と、異常なクオリティの高さは思わず舌を巻くレベルです。

これほど質の高い音楽で軽々と駆け抜けていくのだから、本当に素晴らしいの一言です。

ただし、そのふざけ具合は尋常ではありません。

 

きっとRADWIMPSの名前に傷をつけたくなったのだ、と勝手に想像してしまいます。

あまり多くの人に知られていないけれど、とてつもない必聴の名盤なのです。

味噌汁’sのYoutube動画について

味噌汁’sは、自身の公式チャンネルを立ち上げています。

アルバム発売のCMはさまざまなバリエーションがあって、どれも面白いです。

またマルコメとコラボした動画などもあります。

CMの1つと「お年玉」を貼り付けておきます。

ほかにも見たい人は、公式チャンネルをご覧ください。

味噌汁’sのアルバム『ME SO SHE LOOSE』について

ME SO SHE LOOSE』は、2014年5月28日に発売した味噌汁’sのメジャーデビューアルバムです。

収録曲は全部で14曲となっています。

<収録曲>

OKAN GOMEN

にっぽんぽん

TENDON

友達の友達

お年玉~TOUDAIMOTOKURASHI~

ふうてん

ジェニファー山田さん

HENJIN2

B,Q,B

神様の鼻笑い

HENJIN

柿ピー

ミソシレ

ジェニファー山田さん(piano ver.)

RADWIMPSの片手間の活動とは思えない、ボリュームのある内容になっています。

味噌汁’sの曲、歌詞について

味噌汁‘sは、音楽自体は極めてまともだけど、歌詞がとにかくふざけています。

ただしその抜き加減がすごく心地良くて、いったんハマると抜け出せなくなります。

いくつかの曲をピックアップして見ていきます。

okan gomen

ME SO SHE LOOSE』の冒頭を飾る曲です。

最初からアクセル全開で楽しませてくれます。

「バンドを組んだぜ~」とひたすら連呼するだけの曲です。

わずか1分20秒で終わります。

完全にノリだけの曲ですが、いつの間にか口ずさんでいます。

にっぽんぽん

2曲目の「にっぽんぽん」は、大変素晴らしい曲です。

日本人の不器用さ、素直さ、素朴さを余すことなく歌っています。

このアルバムのベスト曲で、会心作と言っていいのではないでしょうか?

控え目だけど日本を愛する気持ちを歌った楽曲は、ものすごくクオリティが高いです。

「にっぽんぽん」はわたしの大好きな曲です。

友達の友達

盛大にふざけていると言えば、4曲目の「友達の友達」もまさに当てはまります。

ところが楽曲は恐ろしく水準が高く、めちゃくちゃ格好いいギターロックです。

歌い方もロックミュージシャンばりに、ものすごく思い切り格好つけています。

こんなにも格好いいのに、歌っている内容は友達の友達がうんぬん、という恐ろしくくだらない歌詞なのです。

ふうてん

友達に一緒に帰ろうと言ったのに、塾だからと振られるところから始まります。

これまでのノリは鳴りを潜め、少し内省的な曲調になっています。

日常の描写を織り交ぜながら10年後の俺に語りかける様子は、ちょっとだけ切なくなります。

ジェニファー山田さん

「もしも俺が明日死ぬなら爆弾抱えて向かうんだ」

冒頭からメッセージ性の強い言葉が並びます。

政治家の名前も登場し、皮肉をこめた歌詞で自身の主張を訴えています。

ジェニファー山田さんは、一体何者だったのでしょうか?

ジェニファー山田さん(piano ver.)

同じ曲ですが、違うバージョンで収録されています。

これはもはや味噌汁’sではなく、RADWIMPSです。

ピアノバージョンは壮大なバラードになっていて、美しい旋律を奏でています。

こんなにも印象が変わるのかというのが、すごく驚きです。

ところでジェニファー山田さんとは、一体何者だったのでしょうか?

味噌汁sの口コミ、評判について

味噌汁’s はツイッター上でもたくさんつぶやかれています。

味噌汁’s のノリに合わせたふざけた内容が多い印象です。

味噌汁‘sを聴くにはアルバム『ME SO SHE LOOSE』

オリジナル・アルバム『ME SO SHE LOOSE』で聴くことができます。

サブスクリプションでは配信されていないため、CDを買うのがおすすめです。

味噌汁’sを聴こう!

ロックなんて本来、ハチャメチャでダサいものです。

一昔前までは、不良が聴く音楽だったものでした。

最近は真面目系ロックバンドがすごく多くて、わたしは疲れていました。

味噌汁‘sはそんなものをすべて吹き飛ばしてくれます。

 

味噌汁’sは『ME SO SHE LOOSE』で、素晴らしい音楽を披露しています。

RADWIMPSは国民を代表するバンドになりましたが、味噌汁’sの存在を知っている人はあまり多くありません。

しかしこれはもっと多くの人が知るべき、素晴らしい名盤なのです。

是非多くの人に、味噌汁’sを聴いて欲しいと思います。