仕事

会社がぬるま湯体質で成長できないと悩む人はどう対処すればいい?

 data-srcset

会社がぬるま湯体質の場合、取るべき選択肢は2つだけです。

・会社のメリットを享受しながら新たな道を模索する

・すぐに辞めて転職する

ぬるま湯と言っても、見方によって必ずどこか良い面もあります。

物事にはすべて裏表あるので、悪いところしかないというのはあり得ません。

簡単に見切りをつけて辞めたとしても、選択を間違うとまた同じ目に遭います。

何度も繰り返し転職するのは、理にかなった行動ではありません。

 

ネガティブな言葉は、言い替えればすべてポジティブに変換できるのです。

   ヒマすぎてやることがない

⇒仕事が終わってもエネルギーに満ちている

⇒全力で副業をする

ピンチはチャンス、捉え方1つで簡単に言い換えることができるのです。

会社が超絶ブラックであればすぐに辞めた方が良いですが、ぬるま湯である場合は、今の環境で何ができるかを模索するのが良いでしょう。

何をやるか具体的な目標を決めて、1年くらいの計画を立てましょう。

1年本気になってやれば、誰でもそれなりに成果は出ていると思うので、その時点で転職なり独立を考えれば良いのです。

足りない場合は、もう1年延長しても良いでしょう。

会社が忙しい場合はできませんが、ぬるま湯であれば絶対に可能です。

 

会社がぬるま湯体質であれば、徹底的に使い倒すべきなのです。

スポンサーリンク

会社がぬるま湯すぎてつらい3つの要因!

会社がぬるま湯を細かく分解すると、大きく3つくらいに分けられます。

仕事が適当すぎる

仕事が適当でメリハリのない職場は、ぬるま湯と言って良いでしょう。

この場合、会社がいい加減だと言って怒りをぶつけても、すべて無駄です。

会社はこういうものだと割り切って、外でやりがいを求めた方が賢明です。

付き合いもほどほどにして、自分の勉強に時間を当てましょう。

周りがやる気ない

覇気の無い職場は、周りにも影響を与えます。

自分や同僚、部下であれば、注意することもできますが、上司や取引先がやる気がないと、どうにもしようがありません。

上司は、数年後のあなたの姿なので、こうなりたいかどうか、しっかりと考える必要があります。

やるべきことがない

仕事がなくて時間を潰しているような状況です。

ひどいところでは残業代が欲しいために、朝方はダラダラ過ごして、夕方になってエンジンがかかったりします。

ぬるま湯なのに、さらに時間を引き伸ばして仕事をする会社は、最悪と言って良いでしょう。

時間を無駄に使っている典型なので、一刻も早く改善した方が良いのです。

会社がぬるま湯すぎて不安に感じている人

会社がぬるま湯という環境に身をおいていると、さまざまな不安を覚えるようになります。

スキルが身につかない

会社がぬるま湯のところは、たいてい緊張感がありません。

力が試される場面が非常に少なくて、挑戦する機会に恵まれないのです。

結果、スキルが身につかず、誰にでもできる簡単な仕事しかできません。

上司は部下からの突き上げに耐えられず、傲慢になったり押さえつけたりするのです。

成長しない

会社がぬるま湯の場合、仕事を通じた成長を見込むことはできません。

周りに流されてダラダラと過ごしてしまうと、歳を重ねることがどんどん辛くなっていきます。

危機感を覚えているうちはまだ良いですが、それに浸り切ると非常に危険です。

常に客観的な視点を持って、自分がどんな状況にあるのかを考えることが大切です。

ほかで通用しない

会社がぬるま湯の場合、魅力ある人材は育ちません。

市場で低い評価しか得られず、転職などで非常に苦戦します。

会社の評判はある程度知られているので、ぬるま湯に浸ってきた人、として見られます。

それに打ち勝って評価を高めるのは、決して容易ではありません。

スポンサーリンク

会社がぬるま湯に居心地の良さを覚えてはダメ!

会社がぬるま湯の場合にもっとも懸念すべきことは、居心地の良さを覚えることです。

会社のぬるま湯に慣れてしまって、抜け出せなくなってしまったら最悪です。

客観的に見て、あなたの仕事は本当にちゃんとしているでしょうか?

自信がない場合は、外に出向いて刺激をもらった方が良いです。

外部セミナーに通う

自己啓発やスキルの獲得など、さまざまなセミナーが開かれています。

目的を持ってしっかりと学べば、あなたの財産になります。

SNSで共通の趣味の人と知り合う

共通の趣味を通じて、人の輪を広げていくのも方法の1つです。

会社以外の人と接すると、違った世界がのぞけて視野が広がります。

自分の好きなことから、新たなビジネスにつながるヒントが得られるかもしれません。

会社がぬるま湯をとことん使い倒す3つの方法!

会社がぬるま湯の場合は、とことん使い倒しましょう。

肩書きやコネを使いまくる

会社の肩書きがあるからこそ、話を聞いてもらえる場面はとても多いです。

大企業の社員は、たとえ新人でも優遇されます。

行動範囲を広げていくことで、コミュニケーション力や営業スキルが身につきます。

福利厚生を使いまくる

会社には必ず福利厚生があります。

資格の勉強やジムの入会金補助、保養施設の利用が安くなるなど、会社員の特権が数多く用意されています。

使い倒せばしっかりと元を取ることができるのです。

副業に活路を見い出す

多くの会社で副業が解禁になっています。

自分で稼ぐ術を身につければ、会社に頼らずに生きていくことができます。

副業はやり方によっては、時間の切り売りにしかなりません。

しっかりと戦略を立てて、効果的に行うことが重要です。

会社がぬるま湯は使い方次第!リスクもあるけどチャンスもある!

会社がぬるま湯というのは、決して悲観すべきことではありません。

ぬるま湯をうまく使って、一歩抜け出すことを考えるのが良いのではないでしょうか?

 

小学校では、できる人できない人に関わらず、みんな一律で学びます。

できる子からすれば、ぬるま湯以外の何者でもありません。

大学生で、出席日数ギリギリでテストに合格して、単位をもらう人がいます。

 

会社に限らず、いままで何度もぬるま湯に遭遇して来たはずなのです。

もっと広い視野で見ると、世界からすれば日本ほどぬるま湯な国はありません。

わたしたちは、ぬるま湯の国で生きている、と言っても過言ではありません。

 

ぬるま湯であれば、そういった人たちを差し置いて抜きん出れば良いだけです。

ぬるま湯と自覚しながら反面教師にすれば、圧倒的に成長することができます。

会社はぬるま湯と割り切って、限られた時間で優秀な人に会いに行けば良いのです。

間違っても、会社のぬるま湯に浸りきってはいけません。

会社のぬるま湯に耐えられない場合は転職も選択肢の1つ!

ぬるま湯に遭遇してしまうのは誰にでも起きることなので、ある意味で仕方ありません。

しかし、そこでの振る舞い方や節制はきちんと考えておくべきです。

ギラギラとしすぎて、周りと歩調が合わせられないと、居心地が悪くなってしまいます。

ある程度、環境に合わせる努力というのは、必要になると思います。

 

しかしぬるま湯体質に何年も浸かりきるのは、やはり大きな問題です。

成長することを忘れてしまったら、元も子もありません。

いまより高みを目指すのであれば、ぬるま湯から脱却しなければなりません。

人は周りの環境に左右されるので、ぬるま湯に浸かりながら成長するのは非常に難しいのです。

 

人は大きな一歩を踏み出さなければならないときは誰にでも必ずあります。

しっかりと準備をしておいて、ある段階でエイヤと一歩踏み出すことが大切です。

リクナビNEXT

業界最大手のリクナビNEXTは、豊富な求人が揃っています。

<リクナビNEXTの特徴>

・求人数が多い(1万件の公開求人と10万件の非公開求人)

・自己分析ツールと使って強みや弱みが診断できる

・サイトやアプリの使い勝手がいい

リクナビNEXTは、Webで気軽に読める転職支援コンテンツが充実しています。

自分でじっくりと案件を探す場合、リクナビNEXT がおすすめです。

>リクナビNEXTを見てみる

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、優秀なコンサルタントとともに転職を考えたい人にピッタリです。

<リクルートエージェントの特徴>

・転職成功実績NO.1

・非公開求人数約10万件

・業界最大手なので企業とのパイプが強い

・満足度99%の面接力向上セミナーあり

リクルートエージェントは非公開求人も多数あり、アドバイスを受けながら取り組むことができます。

本気で転職を目指す場合、リクルートエージェントがおすすめです。

>リクルートエージェントを見てみる

Doda

Dodaは求人数がリクナビに次いで多く、幅広い選択肢から選ぶことができます。

<Dodaの特徴>

・求人数が非常に多く、非公開求人の質が抜群に良い!

・企業からのスカウトメールが非常に多い。

・面接・職務経歴書専門アドバイザーによる手厚いサポート付き。

Dodaはリクルートとは異なり、転職サービスと転職エージェントサービスが一体化しています。

1か所に集約しているので、より多くの求人から探すことができるのです。

>Dodaを見てみる

 

ステップアップの転職は容易ではありません。

転職がうまくいくかどうかは、ぬるま湯の外でやってきた活動にかかってきます。

自分のスキルをしっかり見つめ直して、新天地で何ができるのかアピールする必要があります。

 data-srcset
会社の飲み会は楽しくないは事実!業務の一環として割り切るのが得策!会社の飲み会で楽しい気持ちになれるのはほんの一部の人だけです。 酒の席でしか自分を出せない人、酒の力を借りて強気になる人など、あま...