仕事

残業したいのにできないという奇妙な実態にどう対処すれば良いのか?

 data-srcset

「残業するな」と言うのは建前の言葉であり、実際は当たり前のように組み込まれています。

残業をしなければ仕事は終わらないし、そもそも人手が足りていません。

熱心に仕事をしても働き方に注文をつけられてしまう、大変厳しい時代です。

働き方改革は労働問題に一石を投じましたが、完全解決には至りませんでした。

やま
やま
国や労働者の問題ではなく経営者の問題だと思います。
ねこ
ねこ
経営者はうまくやり過ごすことしか考えていないよな~。

残業は本当に悪なのでしょうか?それとも行き過ぎた規制なのでしょうか?

わたしたちは、これからも続くであろう残業に対して、どう立ち向かって行けばよいのでしょうか?

働き方改革が及ぼす影響について見ていきます。

スポンサーリンク

残業がしたくてもできないという奇妙な実態

そもそも、残業を好き好んでやっている人は1人もいません。

残業をしたがる人は、表立って言えない何らかの理由が必ずあるように思います。

一般的には以下の2つが、ほとんどを占めるのではないでしょうか?

・残業代が欲しい

・上司への仕事アピール

本当に仕事が終わらない人と、残業代欲しさにゆっくり仕事をしている人、これらをしっかり分けて考える必要があると思います。

前者は何としてでも救うべきですが、後者はバッサリ切り捨てて良いものです。

一口に残業と言っても、時間ではなく中身が問題なのだと思います。

会社は社員の面倒を見る余裕なんてない

いまは会社にほぼ余裕がなくて、社員1人ひとりの面倒を見ることはできません。

社員はあくまで労働者に過ぎず、黙っていれば使い捨てられるのが関の山なのです。

一昔前までは、社員を家族のように、手厚くもてなしていました。

労働問題やコンプライアンスにそれほどうるさくなく、波風を立てなければ平和に過ごせていました。

 

いまは残業がダメだとか、家に持ち帰ったらいけない、といった、さまざまな決まりがあります。

労働者を守るための施策のはずが、いつの間にか労働者が過剰に空気を読んで、隠れてコソコソ残業する、といった情勢が生まれつつあるのです。

経営者と労働者が、阿吽の呼吸で歩調を合わせていたものが、横から変な横槍を入れられることで、変なストレスが発生しています。

過剰に空気を読んで仕組みを維持しようとするあまり、あらゆるところで綻びが生じつつあるように思います。

 

大企業は労働者のそんな動きを見て、先手を打つ形でリストラを敢行しています。

リストラをする主な理由は業績悪化ではなく、次なる成長のための早めのリストラなのです。

会社は社員に目をかける余裕なんてなく、自分を守ることに必死なのです。

今後、こういった流れは、ますます続いていくように思います。

スポンサーリンク

働き方改革によって現場の士気は下がっていく

国は働き方改革を推進し、残業の規制などに乗り出しています。

しかし実際は、掛け声が勇ましいだけで何の効果ももたらさない施策、でしかありません。

会社は今までのやり方をそのままに、残業だけを取り締まっています。

結局、目に見えないところで、コソコソとやる仕事が増えているだけなのです。

 

経営者は労働者に負担を押しつけて、何食わぬ顔でいるのではないでしょうか?

結果、知らないうちに負担が増えていき、見えない残業がどんどん増していきます。

残業を減らそうとしている施策なのに、結果的には現場の働く意欲を削いでいます。

誰かが強権を発して取り締まっても、そう簡単にはうまくいくことはありません。

会社にいると働き方を選択できない

会社に行って決まった時間に働くというのは、ものすごく古いやり方だと思います。

パソコンの発達などにより、リモートで仕事ができる環境が整っています。

会社にいないとできない仕事というのは、もはやほとんどないのではないでしょうか?

生産性を重視して仕事に取り組んでいくと、サボっている社員がかなりあぶり出されるように思います。

 

会社の仕事は無駄が多すぎると思うので、まずはその見直しをすることが先決です。

浮いた時間とお金を、次なる投資に費やしていく…。

個人では当たり前の感覚なのですが、会社ではなかなかうまく機能していません。

先に考えることをあきらめて、思考停止に陥ってしまっているのが実態です。

残業するかしないかを決められる働き方がしたい

仕事は季節によって繁忙期と閑散期があって、それぞれ取り組み方が違います。

閑散期は1ヶ月間休むなど、もっと柔軟な働き方はできないでしょうか?

仕事は我慢するものではなく、ラクして楽しくやる時代だと思います。

残業をするのもしないのも個人の裁量で決めていく…。

 

働き方は時代に応じて変わっていき、どんどん新しいものを取り入れていく…。

そうでなければますます競争力が下がり、世界から置いてけぼりを食らうことになります。

お金のために働くのではなく、自分の理想の暮らしや生活スタイルを追求していく…。

仕事は個人の犠牲の上に成り立つのではなく、自己実現のためにやるものではないでしょうか?

 data-srcset
沈みかけた船に直面!30代はどう考えて対処すると良いのか?会社に安心して身を任せられる時代は、とっくの昔に終わっています。 これからは自分の力で生きていくことを、常に念頭に置かなければなり...