仕事

残業したいのにできないという奇妙な実態にどう対処すれば良いのか?

 data-srcset

「残業するな」と言うのは建前で、実際は当たり前のように組み込まれています。

残業をしなければ仕事は終わらないし、そもそも人手が足りていません。

熱心に仕事をしても働き方に注文をつけられる、厳しい時代です。

働き方改革は、労働問題に一石を投じましたが、完全解決には至っていません。

やま
やま
国や労働者の問題ではなく経営者の問題だと思います。
ねこ
ねこ
経営者はうまくやり過ごすことしか考えていないよな~。

残業は本当に悪なのでしょうか?それとも行き過ぎた規制なのでしょうか?

働き方改革が及ぼす影響について見ていきます。

スポンサーリンク

残業がしたくてもできないという奇妙な実態

そもそも、残業を好き好んでやっている人は1人もいません。

残業をしたがる人は、表立って言えない何らかの理由があるように思います。

・残業代が欲しい

・上司への仕事アピール

本当に仕事が終わらない人と、残業代欲しさにゆっくり仕事をしている人、分けて考える必要があると思います。

前者は何としてでも救うべきですが、後者はバッサリ切り捨てて良いと思うのです。

会社は社員の面倒を見る余裕なんてない

いまや会社は、社員1人ひとりの面倒を見ることはできません。

社員はあくまで労働者に過ぎず、使い捨てられるのが関の山なのです。

一昔前は、社員を家族のように、手厚くもてなしていました。

いまは残業がダメだとか、家に持ち帰ったらいけない、といったように、さまざまな決まりがあります。

 

昨今は大企業を中心に、中高年のリストラを加速させています。

その理由は業績悪化によるものではなく、次なる成長のための早めのリストラなのです。

仕事にしがみつこうとする中高年を、バッサリ切り捨てる方向で動いています。

会社は社員に目をかける余裕なんてなく、自分を守ることに必死なのです。

スポンサーリンク

働き方改革によって現場の士気は下がっていく

国が働き方改革を推進し、残業の規制などに乗り出しています。

会社は今までのやり方をそのままに、残業だけを取り締まっているのです。

結局、目に見えないところで、コソコソとやる仕事が増えているだけです。

知らない間に負担が増えていき、ブラック化しているだけなのです。

 

働き方改革という国からの指導では、何も変わることはありません。

経営者は労働者に負担を押しつけて、何食わぬ顔でいるだけのように思います。

現場の働く意欲を削ぐような政策は、あまり良いとは言えません。

結果、残業したくてもできなくて、見えない残業が増えていくだけなのです。

会社にいると働き方を選択できない

会社に行って決まった時間に働くというのは、ものすごく古いやり方だと思います。

パソコンの発達などにより、リモートで仕事ができる環境が整っています。

会社にいないとできない仕事は、かなり減っていると思います。

いてもいなくてもあまり変わらない社員は、周りでもけっこう多いのではないでしょうか?

 

会社の仕事は無駄が多すぎると思うので、まずはその見直しからだと思います。

浮いた時間とお金を、次なる投資に費やしていく…。

個人では当たり前の感覚なのですが、会社ではそれがうまく機能していません。

考えることをあきらめて、思考停止に陥っているのが実態です。

残業するかしないかを決められる働き方がしたい

仕事は季節によって繁忙期と閑散期があって、それぞれ取り組み方が違います。

閑散期は1ヶ月間休むなど、もっと柔軟な働き方はできないでしょうか?

仕事は我慢するものではなく、楽しくラクにやる時代だと思います。

残業をするのもしないのも個人の裁量で決める…。

難しいとは思いますが、そんな働き方ができれば良いと思ったりするのです。

 data-srcset
沈みかけた船に直面!30代はどう考えて対処すると良いのか?会社に安心して身を任せられる時代は、とっくの昔に終わっています。 これからは自分の力で生きていくことを、常に念頭に置かなければなり...