仕事

【仕事】残業したいのにできないという奇妙な実態について

 data-srcset

残業が当たり前のように組み込まれています。

残業をしなければ仕事は終わらないし、そもそも人手が足りていません。

人を理不尽に使うブラック企業が、とても増えています。

そんな会社を存続させることに、果たして意味はあるのでしょうか?

国の主導で働き方改革などが行われていますが、うまく機能していないのが実態です。

残業がしたくてもできない?

最近は、残業がしたくてもできない、といったことも起きています。

時間管理にとても厳しく、仕事をしたくても無理矢理退社させられるのです。

背景には、残業代が欲しいからと、わざとゆっくり仕事をする人たちがいます。

経営者と労働者の、目に見えない小さな戦いが勃発しているのです。

 

会社はもう我慢の限界?

会社はもはや、社員1人ひとりの面倒を見ることはできません。

一昔前は、会社は社員を手厚くもてなしていました。

いまは残業がダメだとか、家に持ち帰ったらいけない、といったように、生産性向上を果たすために、さまざまな決まりがあります。

結果ルールに縛られて、いろいろと不都合が生じてきているのです。

会社にいればずっと安泰、という時代はもうとっくに過ぎています。

会社にしがみついても、あまり良いことはありません。

働き方改革は号令倒れ?

働き方改革によって、多くの企業が改革に乗り出しています。

しかし実際は、ほとんどが号令倒れに終わっているのが実態です。

働き方についてはさまざまな問題がはらんでいて、解決策を示すことは容易ではありません。

残業したいのにできない、というのも、さまざまなことが複雑に入り組んでいて、事態をややこしくしているのです。

 

企業からフリーランスの時代

会社に行って決まった時間に働くというのはいまや古い感覚です。

パソコンの発達などにより、リモートで仕事ができる環境が整っています。

フリーランスであれば、好きなときに好きな時間で仕事ができます。

残業をするのもしないのも、すべてさじ加減1つなのです。

場所や時間にとらわれないフリーランスは、これからの新しい働き方です。

自分の力で稼いでいけるので、とても魅力的です。

残業するか否かは自分で決める

フリーランスになれば、すべて自分で采配を決めることができます。

これまでは会社にしがみつかなければ生きていけませんでした。

いまはフリーランスとして個人で稼げる時代になっているのです。

これからは残業をするかどうかを、自分で決める時代です。

仕事は我慢するものではなく、楽しくラクにやる時代なのです。