未分類

大阪メトロがほぼ乗り放題になる!Pitapaのマイスタイルが最強すぎる件!

大阪メトロが無料で乗り放題!もしそんな夢のような切符があったとしたら…。

これは絶対に持っておきたい!誰もがそんな風に思うのではないでしょうか?

やま
やま
交通費を気にせずに外を歩き回りたい!
ねこ
ねこ
交通費が無料だったら本当に最強だよな!

交通費が積み重なると負担が大きくなっていき、これはけっこう馬鹿にできません。

これらをまったく気にすることなく、自由に電車を乗り降りすることができる!

もしそんな風になってくれたら、もっと気軽に外出できるのではないでしょうか?

ねこ
ねこ
そんな夢みたいなこと、あるわけねーだろ!

わたしは大阪市内の会社に通っていて、普通に定期券を買って通勤していました。

会社は交通費を全額支給してくれるので、それに合わせて自宅と会社の分を買う…。

それが当たり前だと思っていたし、それ以外の選択肢なんてまったく知りませんでした。

やま
やま
ごく普通のサラリーマン生活です!
ねこ
ねこ
よくある話だよな~。

ひょんなことからある切符の存在を知り、いろんな意味で世界が大きく変わりました。

Pitapaのマイスタイルをまだ取り入れていない人は、絶対に早くやった方がいいです!

交通費をあまり気にすることなく、いろんな場所に寄り道ができるようになりました!

やま
やま
Pitapaのマイスタイル、マジで最強です!
ねこ
ねこ
そんなにすごいのか?

Pitapaのマイスタイルというのは、果たしてどういったものなのでしょうか?

>定期券とマイスタイルの違いにジャンプする

>Pitapaのマイスタイルを申し込むには?にジャンプする

スポンサーリンク

大阪メトロの利用者は定期券よりもマイスタイル!

わたしは大阪メトロを使って通勤していて、その際に定期券を購入していました。

会社から支給される交通費も通常は、定期券を購入することを想定して算出されます。

それが当たり前の選択だと思っていしたし、それ以外の方法なんて知りませんでした。

やま
やま
まさか定期券以外の選択肢があったなんて…。
ねこ
ねこ
マイスタイルってそんなにいいのか?

大阪メトロに限って言えば、定期券を買うよりもマイスタイルの方が断然お得です。

無料で使える駅が増えるため、行動範囲が大きく広がるというメリットがあります。

やま
やま
交通費を気にすることなく、梅田や難波に寄り道するようになりました!
ねこ
ねこ
中心街に無料で行けるのは、めっちゃメリットが大きいな!

大阪メトロを頻繁に使う人であれば、Pitapaのマイスタイルが最高にお得です!

絶対に試してみる価値のある、本当に素晴らしい使い方の1つだと思います!

やま
やま
近鉄よりもJRよりも、大阪メトロを使う機会が格段に増えました!

定期券とマイスタイルの違いについて

定期券とマイスタイルの一番の違い、それは降りられる駅の範囲の広さです。

自宅の最寄り駅が長田、会社が天満橋にあるときの場合を想定してみました。

まずは大阪メトロの全体の路線図について、画像で表示してみます。

大阪メトロ路線図

定期券を購入した場合、通常であれば以下の順番で乗り降りすることになります。

長田⇒谷町四丁目(中央線)

谷町四丁目⇒天満橋(谷町線)

大阪メトロ路線図

定期券であればこの区間内で、自由に乗り降りすることができるようになります。

ただしこの場合、会社の帰りに梅田や難波などに寄り道することはできません。

ただマイスタイルにすれば、適応範囲が大きく広がって気軽に寄り道ができるのです。

やま
やま
マイスタイルの方が、絶対にお得ですよ!

マイスタイルを購入するときに行うこと、それは対象の駅を2つ設定することです。

今回の場合、長田駅と天満橋駅の2つを対象駅として設定してみることにします。

大阪メトロのHPには、マイスタイルのシミュレーションができるサイトがあります。

対象駅2つを設定することにより、どれくらいまで適応できるのか分かります。

長田駅と天満橋駅を設定した場合、以下のような感じで適応範囲が表示されました。

※赤色が対象の2駅、緑色が適応範囲に当たる駅です。

大阪メトロ路線図

定期券のときと比べて、降りられる駅の範囲が一気に広がったことが分かります。

梅田、心斎橋、難波、天王寺など、すべて適応されて、行動範囲が大きく広がるのです。

ただし、これらの範囲がすべて乗り放題!という訳ではないので注意が必要です。

やま
やま
定期券とマイスタイルは、いくつか違いがありますよ!

定期券の場合、路線の範囲内であれば、自由に乗り降りができるメリットがあります。

長田⇒天満橋という路線で購入したら、以下の区間内を自由に行き来することができます。

長田、高井田、深江橋、緑橋、森ノ宮、谷町四丁目、天満橋

マイスタイルの場合、区間内を自由に行き来できる、といったものではありません。

起点となる駅が限られてくるけれど、その分、行動範囲が広がるといったものなのです。

やま
やま
定期券とマイスタイルは、そもそもの考え方から違いますよ!

マイスタイルは申し込む時に、対象の2つの駅を設定することが必須となっています。

対象の2駅を設定すると、そこから適応範囲が表示される、そういった内容なのです。

やま
やま
下記からシミュレーションができるのでぜひ行ってみて下さい。

マイスタイルは以下のような使い方のときに、自由に乗り降りをすることができます。

対象駅⇔対象駅

対象駅⇔緑色の適応駅

ここでポイントとなってくるのは、必ず対象駅を挟む必要がある、ということです。

今回の場合だと、長田駅か天満橋駅を起点に、行動範囲が広がるということになります。

具体的にお出かけするイメージをしながら、図解を見ながら解説したいと思います。

大阪メトロ路線図

長田~天満橋 ⇒対象となります。

長田~梅田 ⇒対象となります。

天満橋~難波 ⇒対象なります。

天満橋~弁天町 ⇒対象なります。

逆に対象にならないのは、以下のような使い方をしたときです。

対象駅⇔適応範囲外駅 例)長田駅~新大阪駅

緑色の適応駅⇔緑色の適応駅 例)高井田~堺筋本町

緑色の適応駅⇔適応範囲外駅 例)深江橋~コスモスクエア

これらの使い方をしたときは、普通に料金が発生して別途支払うことになります。

起点となる2つの駅を設定しておき、必ずそこから乗ることを徹底することにより…。

追加料金を払うことなくお得に使うことができる!それがマイスタイルなのです!

やま
やま
2つの対象駅の設定が、ものすごく重要ですね!

わたしの場合、自宅の最寄り駅と会社近くの駅を対象駅に設定しているので…。

以下のようなシチュエーションで、Pitapaのマイスタイルをお得に使っています。

・会社への通勤のとき

・会社の営業で外出するとき

・会社帰りに寄り道をするとき

・休日に梅田や難波に足を伸ばすとき

・東京に出張するときの大阪までの乗り継ぎ

わたしが最初に使い始めたころ、通勤のときと休日に使うくらいしか想定していなかったのですが…。

実際に使ってみると、いろんな場面で使うことができて、ものすごく重宝しています。

いまでは大阪メトロのヘビーユーザーとなり、使わない日はない!くらいになりました!

やま
やま
Pitapaのマイスタイル、マジで最強です!

以下のサイトでシミュレーションができるので、是非ともやってみて下さい。

スポンサーリンク

Pitapaのマイスタイルの値段について

素晴らしい利点ばかりのマイスタイルですが、値段はどういった感じなのでしょうか?

実は、定期券を購入するよりもはるかにお得で、費用の面でもメリットが大きいのです!

やま
やま
定期券よりもマイスタイルの方が絶対にお得です!

定期券とマイスタイルの値段について、先に挙げた長田駅と天満橋駅で見てみます。

定期券  <長田~天満橋>

1か月…10,650円

3か月…30,360円

6か月…57,510円

マイスタイル <長田・天満橋>

1か月…9,590円

定期券よりもマイスタイルの方が、少し安い金額で設定されているのです!

定期券の場合、長い期間の定期券を買うと、その分、金額が安くになるのですが…。

マイスタイルの場合、定期券6ヶ月分を6で割った金額で、月の支払いを算出しています。

やま
やま
金額の面から見ても、マイスタイルの勝ちです!

ここまで見てきたところで、もはや完全にマイスタイルに軍配が上がるのですが…。

マイスタイルにはさらにもう一つ、定期券にはない隠れたメリットがあります。

ねこ
ねこ
いったいどんなメリットなんだ?

定期券もマイスタイルも、設定した範囲の中で乗り放題、そんな認識ではないでしょうか?

それは決して間違っていないのですが、一方で以下のような状況だってあると思います。

今月はあまり使わないから、一ヶ月として買ったら損をするかも…。

あまり使わない月があった場合、月額料金を払ったら元が取れないかもしれない…。

もし、そんな心配があったときには、マイスタイルが大きな力を発揮してくれます。

ねこ
ねこ
いったいどういうことなんだ?

マイスタイルで長田⇔天満橋の場合、9,590円という月額の費用があるのですが…。

これはこの金額を絶対に支払わなければならない、そういったものではありません。

ある月に、往復1回しか使わなかったときには、その1回分だけの支払いでOKなのです!

ねこ
ねこ
どういうことなのだ?まだピンと来てないぞ!

マイスタイルの料金について端的に言えば、以下の2つを挙げることができます。

・月額金額が決まっていてその範囲の中で使い放題!

・あまり使わないときはその分の支払いだけでOK!

長田⇔天満橋の場合、適応範囲であればどれだけたくさん使っても、月額9,590円です。

一方で往復1回しか使わなかった月があれば、その月の支払いは560円で済みます。

公共交通機関でこれほど良心的なサービスは、ほかで聞いたことがありません!

やま
やま
大阪メトロ、すごく頑張っていますね!

大阪メトロを使うときは、定期券を買うよりもマイスタイルの方が断然お得です!

使わない方が損!そう言い切ってもいいほど、すごくお得な切符なのです!

ねこ
ねこ
オレもだんだん欲しくなってきたぞ!

Pitapaのマイスタイルを申し込むには?

Pitapaのマイスタイルを申し込むには、どのようにすれば良いのでしょうか?

以下の2つの段階を踏むことにより、Pitapaを手に入れることができます!

  1. Pitapaをネットから申し込む(約2週間かかる)
  2. Pitapa倶楽部からマイスタイルの設定をする

Pitapaをネットから申し込む

Pitapaはポストペイ式の電子マネーで、あとから口座から引き落としとなるカードです。

ICOCAなどのプリペイド式カードと異なる点なので、あらかじめ注意が必要です。

やま
やま
Pitapaはチャージもできますが、基本はポストペイです。

Pitapaのオンライン入会については、下記のサイトから行うことができます。

申し込んでから手元に来るまでには、だいたい2週間くらい時間がかかります。

Pitapa倶楽部からマイスタイルを設定する

Pitapaが手元に届いたら、あとはPitapa倶楽部からマイスタイルの申請をします。

下記からPitapa倶楽部に会員登録して、マイページへと進んでいきます。

Pitapa倶楽部にログインすると、会員メニューとして以下の画面が表示されます。

Pitapa倶楽部

赤い目印の、登録型割引サービス照会・登録・取消というところをクリックして…。

マイスタイルの登録へと進んでいくことで、申し込みを行うことができます。

やま
やま
申し込みはいつでもできて、すぐに反映されますよ!

もう一つ赤い目印のある、ご利用代金通知書発送受付・解除というところですが…。

これをそのままにしておくと、明細書を発行するのに毎月100円かかってしまいます。

これを不要にすることによって、100円かかるのを免除することができます。

やま
やま
ネットで確認すれば十分ですね!
ねこ
ねこ
ご利用代金通知書は不要にしておこうな!

##マイスタイルはいつから適用となる?

マイスタイルを申し込むときの疑問として、以下のようなものはないでしょうか?

いつから申し込みができるの?

マイスタイルは、いつから申し込むことができて、月額費用はいつからかかるの?

Pitapaの公式HPには、適用される期間について下記のような表で説明しています。

マイスタイルの適用期間

・1日~15日に申し込んだ場合…月初からの適用

・16日~月末までに申し込んだ場合…翌月からの適用

マイスタイルの最初の申し込み時は、しっかりと吟味する必要があるかもしれません。

Pitapaのマイスタイルの口コミについて

大阪メトロでは定期券の利用率が低い理由、というネット記事もありますので、ご覧ください。

>関西ではみんな定期券を使わないの? 極端に低い大阪メトロの定期券利用率…その理由を調べてみた

Pitapaのマイスタイルで快適な大阪ライフを!

Pitapaのマイスタイルを導入すれば、大阪での生活がものすごく楽しくなります!

わたしは交通費を気にすることなく、気軽に梅田や難波に行けるようになりました!

やま
やま
Pitapaのマイスタイル、マジで最強です!

ほかの大都市を見渡してみても、おそらくこれほど便利なサービスはありません!

もはや、使わければ絶対に損!そう断言してもいいくらいの神サービスなのです!

ねこ
ねこ
オレもだんだんと欲しくなってきたな~。

自分の生活に合うかどうか、下記からシミュレーションをしてみて下さい。

Pitapaのマイスタイルを使って、快適な大阪ライフを楽しみましょう!