未分類

掛川にある古民家ゲストハウス「どこにもない家」をレビュー

 data-srcset

今回は、掛川にある素敵なゲストハウスを紹介したいと思います。

 

2019年に静岡の掛川でゲストハウス「どこにもない家」がオープンしました!

時間の大切さを思い起こさせてくれる、素晴らしいゲストハウスです!

 

「どこにもない家」は、ある作品をコンセプトにして作られました。

この試みは日本中くまなく探してみても、おそらく初ではないでしょうか?

ゲストハウスを営む長濱さんご夫婦のこだわりが、随所に詰まっています。

やま
やま
とても暖かみがあって、思わず長居したくなる素晴らしい空間です!

わたしは幸いにも、ゲストハウスが始まる準備期間にお邪魔させていただきました。

とても居心地が良くて、リラックスした時間を過ごすことができました。

 

「どこにもない家」はどういったゲストハウスなのでしょうか?

>どこにもない家はこちら

スポンサーリンク

「どこにもない家」とは?

「どこにもない家」は、2019年に静岡県掛川市にオープンしたゲストハウスです。

築140年の古民家を改修して作られ、長濱さん(@hamalandspace夫婦によって営まれています。

 

「どこにもない家」のコンセプトは「時間を取り戻す」となっています。

ドイツの児童文学作家、ミヒャエル・エンデの名作『モモ』をイメージしています。

 

長濱さんのブログには、名前の由来となった『モモ』について書かれています。

>ゲストハウスの名前の由来は『モモ』から

やま
やま
名前の由来を聞くと、だんだん『モモ』を読みたくなってきます。

さらには「どこにもない家」という名前に決まるまでの経緯も詳しく綴っています。

>ゲストハウス「どこにもない家」の名前が決まるまでの物語

長濱さん夫妻は「どこにもない家」を、版元である岩波書店を通じて、エンデのご遺族の代理人に使ってよいかを聞くことになります。

それだけでもすごいですが、さらに代理人から実際に返答がもらえることになるのです。

やま
やま
ミヒャエル・エンデのご遺族の代理人から返事がもらえるなんてすごいですね!

「どこにもない家」という名称を使っても良いという、本家からの正式なお墨付きを得ることができたのです!

 

「どこにもない家」には、『モモ』をイメージした絵が飾られています。

プロの画家として活動している棚村さん(@Keko_Art)が描いたもので、ここにしかないオリジナル作品です。

 

『モモ』のイメージは人それぞれで、特に決まった何かがあるわけではありません。

プロの画家が描いた『モモ』は、あなたのイメージと合っているでしょうか?

 

「どこにもない家」を訪れる際は、『モモ』を読んでから行くとより楽しむことができます。!

あなたが思い描く『モモ』と合っているのか、ぜひ自分の眼で確かめて見て下さい。

>どこにもない家はこちら

「どこにもない家」の詳細について

「どこにもない家」の他にはない特徴として、以下のようなものがあります。

・宿泊は1日1組限定

・田舎でのんびりとした時間を過ごせる

・家主(長濱夫妻)と語り合える

やま
やま
時間にとらわれずのんびり過ごせるのが、最高に贅沢です!

長濱さんは仕事としてさまざまな活動を行っていて、複業によって生計を立てています。

・「どこにもない家」の運営

・ウェブライター

・地域コミュニティ活動

・農業

「半農半X」という、農的な暮らしを実践しつつ好きなことを追求していく暮らしを、リアルに実践しています。

お子さま3人を育てながら、精力的に活動をしていて本当にすごいです!

やま
やま
いろいろと面白い話が聞けそうで、一度ゆっくり話をしてみたいです!

「どこにもない家」はWi-Fiが完備してあり、パソコン仕事を行うことができます。

フリーランスの人が気分転換に利用する、といった過ごし方もおすすめです。

やま
やま
わたしもパソコン作業をしましたが、快適に使うことができました。

また「どこにもない家」には、家主が厳選した図書コーナーがあります。

『モモ』のほかにも、エンデ作品全集、夏目漱石全集、村上春樹全集、世界文学全集…。

さまざまな文学作品が並んでいて、本を通じて長濱さんと語り合うことができます。

 

暮らしやライフスタイルにまつわる本も、多数置いてあります。

雑誌『Discover Japan』『TURNS』『考える人』など、生活を見直すきっかけにもなります。

やま
やま
読んだことがある本がたくさんあって、本について話をしてみたいと思いました!

 

また長濱さんの奥さんは、3人の子育てのかたわら、雑貨や小物などを作っています。

「タビノミセ」では、自身の手作り作品の販売を行っています。

とても暖かい雰囲気のサイトで、見ているだけでホッとする安心感があります。

>タビノミセはこちら

やま
やま
1つ1つ手作りで作られていて、だんだんと愛おしくなってきます。

時間や暮らしを大切にしている様子が、すごくよく伝わってきます。

 

「どこにもない家」は、さまざまな魅力が詰まった、すごく素敵なゲストハウスなのです。

スポンサーリンク

「どこにもない家」の宿泊について

「どこにもない家」の宿泊は、ネットのみの受付となっています。

>どこにもない家の宿泊予約はこちら

宿泊プランは2種類あり、好きなタイプを選ぶことができます。

・気ままに過ごせる、素泊まりプラン

・家主と語らう、体験する。どこにもないプラン。

やま
やま
長濱さん夫妻は気さくな人なので、とても楽しい話ができますよ~。

「どこにもない家」の最寄り駅は、掛川駅となります。

新幹線の掛川駅を降りて、車で30分ほど走った場所にあります。

やま
やま
広大な茶畑を眺めながら、田舎道をのんびり車で走っていくのが最高です!

「どこにもない家」は、1日1組限定のゲストハウスなので、過ごし方もさまざまです。

 

当日の過ごし方について、長濱さんと相談してみてはいかがでしょうか?

地元の名所、美味しいお店、変わった体験など、案内してもらえるかもしれません。

夜までとことん『モモ』について語り合ってみる、なんていうのも良いと思います。

やま
やま
わたしもまだ読んでいないので、『モモ』をしっかりと読みたいと思います。

「どこにもない家」で時間を取り戻す

「どこにもない家」は掛川に生まれた、すごく魅力的なスポットです。

「どこにもない家」に行くと、「どこにもない異体験」を味わうことができます!

やま
やま
機会があれば、是非また訪れてみたい場所です!

「どこにもない家」は、以下のようなことに当てはまる人は、特におすすめです。

・『モモ』の世界観を体験したい人

・地域や田舎暮らしに興味がある人

・長濱さん夫妻と話をしたい人

時間を取り戻すために、一度「どこにもない家」を訪れてみてはいかがでしょうか?

>どこにもない家はこちら