百貨店

百貨店は都心店と地方店で働く環境はどう違うのか?元社員の実際に感じたこと!

 data-srcset

一口に百貨店で働くと言っても、部署や環境によって見えてくる光景がそれぞれ異なります。

もっとも大きな違いと挙げられるのは、都心店か地方店かになると思います。

やま
やま
わたしは10年以上百貨店に勤めていて、都心と地方の両方を経験しました。

都心店と地方店、どちらがより多くのことを学べたでしょうか?

わたしの場合、仕事として充実していたのは圧倒的に都心店でした。

地方店は潰れかけの店ばかりで、刺激に乏しい環境だったように思います。

のちに閉店になってしまった店もあり、いまでは跡形もありません。

しかし愛着度で言うと、地方店の方がものすごくあったように思います。

 

都心店と地方店では、同じ仕事でも全然違った視点で見ることができます。

わたしは全部で4店舗経験しましたが、どれも特長があって非常に楽しめました。

今後百貨店は地方店を中心に、ますます潰れてしまうのかもしれません。

しかし、地方店には地方店の良さがあるので、何とか踏ん張って欲しいと願っています。

スポンサーリンク

都心の百貨店は人種のるつぼ

都心の百貨店のすごいポイントを挙げると、恐ろしく巨大な規模にあります。

わたしがいた都心の百貨店を数字で表すと、以下のようなものでした。

・従業員が館全体で1万人

・年間来店客数7,000万人

・全長400メートルの超巨大店舗

バックヤードはまさに迷路そのもので、初めて来た人は絶対に迷子になります。

取引先の人を案内するために、通用口まで迎えに行くというのは日常茶飯事でした。

 

組織体系はまさに段違いの大きさで、ありとあらゆる偉い人がいました。

従業員も客もいろんな人がいて、その大きさに圧倒されるばかりでした。

都心の百貨店で働くというのは、それだけでもすごく大きな経験になると思います。

百貨店の内部やバックヤードもいろいろとすごくて、規模の大きさを実感することができます。

地方の百貨店は小さくこじんまりしている

都心の百貨店を経験したあとでは、地方の百貨店はひどく寂しく感じたりします。

・客はいつもまばら(従業員の方が多い時間帯も)

・日常の買い物の延長といった雰囲気

・閉店時間が早い(超メリット)

都心の百貨店では、組織が大きすぎて全然知らない人もたくさんいます。

部門内でさえも、全員の顔と名前が一致しないというのは、ごく当たり前のことです。

一方で地方の百貨店では、全員が顔馴染みといったことがごく普通にあります。

店長や副店長といった偉い人までもがけっこう身近にいて、話すことができたりします。

 

さらに地方店では満員電車に乗らずに済むというのは、非常に大きなメリットです。

自転車とか徒歩で通っている人も多く、牧歌的な光景があったりします。

都心の通勤ラッシュにウンザリしている人は、地方の通勤のしやすさはとても最高です。

ただし人が少ないというのは、客が少ないことでもあるので、少し複雑です。

スポンサーリンク

都心店と地方店はどちらが良いのか?

刺激があって仕事として大きく成長ができるのは、圧倒的に都心店だと思います。

百貨店業界は非常に厳しいと言われていますが、都心店の売上はなお健在です。

若い頃は刺激がある方が良いので、都心店を経験することはとても大きいと思います。

仕事の経験値として、非常に高いものを身につけられると思います。

 

しかし一方で、都心店はあまり愛着を感じることはなかったように思います。

これ以上東京が繁栄したところで、わたし個人としてはさほど嬉しくありません。

地方店は刺激に乏しいですが、愛着を覚えることは多かったと思います。

地方に住むこと自体が経験となり、地元の店を発掘するなどの楽しみも増えていきます。

 

一口に地方と言ってもそれぞれに違いがあって、個性を楽しむことができます。

東京が規模の大きさに分があるとすれば、地方には小さな個性に分があると思います。

地方は衰退していると言われたりしますが、やり方次第でむしろチャンスではないでしょうか?

ミニ東京を作る意味はないので、地方の良さを活かした方が良いと思います。

百貨店の地方店はますます潰れていく

百貨店の地方店は、今後ますます潰れていくことが見込まれています。

非常に残念なことですが、店頭に行けばその実態がよく分かります。

客よりも従業員の方が多く、常にヒマを持て余していたりするのです。

個人的にはとても残念ですが、この流れは避けられそうにありません。

 

今後10年のあいだに、百貨店は都心にのみ集約されることになると思います。

加えてお中元やお歳暮といった文化も、廃れていくことになるかもしれません。

時代の変化に取り残されているようでは、そこに明るい未来はありません。

わたしは百貨店に長くお世話になったので、今後も息の長い存続を希望しています。

地方店の閉鎖は地方の衰退ともリンクしている

百貨店の地方店が閉店するのは、地方の衰退ともリンクしていると思います。

百貨店が無くなってしまった跡地は、空いたままになっているところも少なくありません。

空地として有効活用されていないというのは、何とも寂しい限りです。

やりたいことをやっていく…、商売をきちんとすることは大切だと思います。

 

百貨店業界の中で、もっとも地方店の経営がうまいのは高島屋だと思います。

地方店が続々と潰れていく中で、高島屋は店舗の閉鎖が非常に少ないです。

商売である以上は儲かることは第一ですが、それ以外にも役割があるように思います。

地方店にもお世話になった身としては、もっと地方店に頑張って欲しいと願う次第です。