自己実現

やらないことを決めるとお金や時間が増えて人生はうまくいく!

やることとやらないこと

人は元来飽きっぽくて、いろんな物事に目移りしていきます。

あれもこれも手を出して、結局すべてが中途半端になってしまったりするのです。

新しいことに取り組むのは良いですが、どれほどの覚悟があるのでしょうか?

結局、実にならなかったという事例が、あまりに多いのではないでしょうか?

 

人は何をやるかよりも何をやらないかの方が、はるかに重要です。

新しいことに目移りして、いままでのことをそっちのけにしてしまう人が非常に多いです。

中途半端なまま次に進んでしまうのは、ものすごくもったいないです。

それなのに多動力といった言葉で、好きな解釈で自分を正当化したりするのです。

 

中途半端に終わらせているだけなのに、目移りしているのを「好奇心が強い」とか「たくさん挑戦している」みたいに都合よく解釈するのは、辞めた方が良いと思うのです。

スポンサーリンク

うまくいかない人の特徴は「あれもこれもで結局決められない」

うまくいかない人は、あれもこれも手を出して結局1つに決められません。

新しい評判を聞きつけるとすぐに流れていく…、そんな人はものすごく多いのです。

誰かが「これからはYouTubeの時代だ」と言うと、みんな流れていきます。

いままでやってきたことを投げ出して、新しいことに目を向けるのです。

 

うまくいかない人は、本当に心から熱中できていないのではないでしょうか?

やればやるほど奥の深さを知っていく…、そういった感覚を持っていないように感じるのです。

 

黒澤明監督は「自分は映画のことをまだ何も知らない」と言いました。

フェデラー選手は30歳を超えて「いま一番テニスが楽しい」と言いました。

物事を追求すればするほど、分からないことが山のように出てきます。

深さを知っている人は他にも応用ができるので、結果的に一番強いのです。

成功者はやらないことに対して徹底している!

成功者の生活を見てみると、たいていは驚くほどシンプルです。

やるべきことやらないことを徹底していて、その姿勢にブレがありません。

特にやらないことに関しては、恐ろしいほど無関心です。

端から見ればおかしなことでも、成功者はそれがヘンだとか、変わっているとか、一切感じていません。

 

現代はとても便利な世の中なので、たいていのことは簡単にアクセスできます。

あれもこれも手を出すことは、むしろリスクなのです。

新しいことに励んでいるのではなく、飽きっぽくて続いていないだけです。

やらないことを徹底する方が、ずっと大切なのです。

スポンサーリンク

何をやるかよりも何をやらないかの方がはるかに重要!

何をやるかというよりも、何をやらないかの方が、はるかに重要です。

人生には限りがあって、そんなにあれもこれもできません。

長いようで短い…、人生というのは得てしてそういうものなのです。

ボーッとしていたらあっという間に過ぎてしまうのです。

これをやらないことで時間が大幅に増えていく

やらないことをしっかりと決めると、時間は大幅に増えていきます。

3つの具体例を紹介します。

SNS

SNSを遮断すると、驚くほど自分の時間が増えます。

ツイッターやインスタグラムは、なくてもさほど困ることはありません。

気分転換に見るのは良いですが、作業の妨げになってはいけません。

遮断してもまったく困ることはないので、サッサと辞めた方が賢明です。

付き合いで行く飲み会

飲み会が生産性の高い場になることは、まずありません。

誰の得にもならない付き合いだけの飲み会は、最初から断るのが賢明です。

人間関係に気を使って疲れてしまい、さらにはお金もかかります。

たとえ断れなくても、途中で都合を付けて抜け出した方が良いです。

泥酔してグチを吐きまくる

基本的には飲み会と変わりませんが、さらにひどいのはグチです。

ストレス発散と割り切っていれば良いですが、それを気持ち良く感じると非常に危険です。

さらに泥酔して意識を失ってしまうと、もう最悪です。

酒におぼれても一ミリも成長しないので、肝に命じておいた方が良いです。

多動力は成功者の論理であってまずは一旗上げることから!

多動力というのは成功者の論理であり、一般の人が真似すべきではありません。

1つの物事に成功して深さを知っている人が、他にも応用ができるということです。

1つも成し遂げていない人は、安易にほかに手を出すべきではありません。

これと決めたことに対して、徹底的にやり抜く覚悟が大切なのです。

 

器用に何でもこなせる人もいますが、それよりも前に考えるべきことがあります。

一番得意なことを徹底的に伸ばして、世界一になることです。

全部をそこそこできる人よりも、1つに秀でた人の方が重宝されます。

他の追随を許さない圧倒的なもの作り出すことが、成功への近道なのです。

何をやるかではなく何をやらないかに注力する!

何をやるかよりも、何をやらないかの方がはるかに重要です。

似たようなこととして、人が何を話すかよりも、何を話さないかを考える方が、はるかに物事の本質に迫れます。

嘘つきとか詐欺師に引っかかるのは、疑いを持たないからです。

何を話さないかをとことん考えていくと、必ず穴があるものなのです。

 

語られる内容よりも、語られないことに対してなぜか?を考えた方が、真実に近づくことができます。

 data-srcset
発信力を身につけるメリットは?人は他人の話を聴きたがっている!発信力と言うと、目立ちたがり屋とか、自己アピールの強さ、といった、負のイメージを感じてしまう人もいるかもしれません。日本人は昔から、黙って黙々とやるというのが、ある種、美徳だったように思います。遠慮をすることや奥ゆかしさのようなものが、称賛されることもありました。現代においては、その価値はどんどん変わってきているのです。...

スポンサーリンク