自己実現

圧倒的孤独の先には明るい未来が待っている!

 data-srcset

人は人生と真剣に向き合うために、必ず孤独の時間が必要です。

成功を収めている人は、みんな圧倒的孤独を経験しています。

人より突き抜けるためには、自分と向き合い対話する時間が必要です。

孤独を寂しいと感じてしまう場合、1人の時間を有効に使えていません。

 

孤独は見方によってさまざまな解釈がなされることがあります。

人によってはマイナスのイメージを持つ人もいるかもしれません。

1人の時間を大切にできない人は、集団の中でも有意義に過ごすことができません。

孤独は周りに流されずに自分の力で進んでいく…、そんな訓練になり得るのです。

スポンサーリンク

孤独と引きこもりは違うのか?

孤独と引きこもりは、一般的には同列に括られがちなものだと思います。

1人の時間というのは、言い換えれば外との繋がりを遮断すると捉えることもできます。

ただし成功者が実践している孤独は、繋がりを断つのが目的ではありません。

内面を掘り下げてより広い世界を手に入れる、ことなのだと思います。

 

内面を掘り下げていくのは、外の世界を知るのと同じくらい、大切です。

多くの人は、内面を磨くということにそれほど熱心ではありません。

孤独と引きこもりは似て非なるもので、決して同列に語れるものではありません。

引きこもりが自分を正当化するために使わないか、注視する必要があると思います。

孤独によって得られる3つの効能

孤独を有意義なものにすることにより、さまざまなことが得られるようになります。

孤独によって得られる3つの効能について見ていきます。

自分との対話

孤独になることにより、自分と対話する時間が生まれてきます。

自分の感情や内面を言語化することで、新たな気付きが芽生えてきます。

自分の気持ちに素直になるためにも、自分と対話する時間は大切です。

寂しさに対する耐性

孤独になることで、寂しさに対する耐性が身につきます。

1人の時間を有意義に過ごすことができて、辛さを感じることもありません。

他人に寛容になれる

孤独の時間を経験している人は、他人に対しても寛容になることができます。

周りの誰かが1人でいても、それを決して非難したりしません。

孤独に耐えられない人は、寂しいとかつまらない、と悪態をついたりします。

スポンサーリンク

成功者は圧倒的深い孤独を経験している

人間としての成長は、2つの観点から考えることができます。

・外の世界を知る

・内面を掘り下げていく

多くの人は、外に目を向けることが多いです。

海外旅行、異業種の人との触れ合い、未知のものに出会うべく、意識を外に向けるのです。

 

しかし成功者はむしろ、内面を掘り下げていくことを徹底しています。

成功者はみんな、圧倒的な深い孤独を経験しているのです。

孤独を愛することができない人は、1人になったときに誰も見ていないからと、ダラダラと過ごしてしまいます。

深い孤独の中で、することを何よりも求めていたりするのです。

圧倒的孤独から生まれてくるもの

孤独は徹底的に深堀りすることで、それはやがて大きな価値となります。

1人の時間を大切にしない人は、どんな分野でも一流になることはできません。

孤独は寂しい、耐えられないという人は、1人になる勇気を持つことが大切です。

孤独の中で思索にふけっているときに、アイデアが生まれるものなのです。

 

1人の時間を充実させることができない人は、いつまでも二流止まりです。

長編小説を読んで、頭がみなぎらせているあいだは、寂しさは感じません。

むしろ、想像を逞しくしている状態で、ほかにはないハイな気分になっています。

1人の時間をどう過ごすかによって、成長の度合いは変わってくるのです。

圧倒的孤独の中でさまざまなものが培われていく

生活の中で無為に過ごしている時間はないでしょうか?

電車の待ち時間、バスに乗っているとき、わずかなスキマ時間を有効に使っていますか?

ちょっとした意識の差が、あとになって大きく現れてきます。

1日のうちほんのわずかでもいいので、自分と向き合う時間が大切です。

 

孤独を正当化してダラダラとゲームをするのは、果たして良いのでしょうか?

孤独に対して明確な目的があるなら良いですが、何もなければ単なる無駄です。

その時間を、本を読んで勉強をすれば、その分知識や経験が大きく広がります。

長い目で見れば、それが大きな差となって現れるのです。

孤独は決して寂しいものではない、チャンスである

孤独は決して寂しいものではなく、むしろ多くのチャンスが転がっています。

孤独と引きこもりは似て非なるもので、まったく違ったものなのです。

孤独は何かを得るための修行の意味合いが含まれていますが、引きこもりは社会から隔絶しています。

1人になると言っても、どういった目的なのかで、まったく異なってくるのです。

 

1人の時間をうまく使える人は、孤独との付き合い方が上手な人です。

孤独をポジティブに捉えて、自身の成長に活かすことができます。

一方で孤独をネガティブに捉えて、無駄に過ごしてしまう人がいます。

こういった人は孤独に対する免疫がしっかりとできていません。

 

孤独は付き合い方によって、毒にも薬にもなります。

孤独に押しつぶされるのではなく、孤独を愛していくことが大切です。

孤独とうまく付き合えば、どんな物事も叶えることができます。

単なる孤独で終わるのではなく、圧倒的孤独を味わうことが大切なのです。

圧倒的孤独の中で大きな成長につなげていく

一流の人はみんな圧倒的孤独を経験しています。

圧倒的孤独は、何かを成し遂げるために必要な修行期間なのです。

孤独をポジティブに捉える人はいても、圧倒的孤独まで足を突っ込む人はあまり多くありません。

孤独の強度を強めていくと、免疫ができて次第に慣れてくるのです。

 

圧倒的孤独に耐えられる人は、それほど多くはありません。

少しの孤独で寂しさを感じているようでは、まだまだ二流です。

一流を目指そうと思ったら、普通の人と同じことをやっていてはダメです。

圧倒的孤独に身をおいて、誰よりも深くコミットする必要があるのです。

 

圧倒的孤独と付き合えるようになると、暇を持て余すという感覚がなくなっていきます。

どんなに小さなスキマ時間でも、何かに活かそうと考えるようになります。

自分の成長につながることに注力し、無意味に過ぎていく時間がなくなっていきます。

圧倒的孤独によって得られるのは、柔軟な時間の使い方なのです。

 

孤独が寂しいと捉えていては、いつまでもチャンスはめぐってきません。

孤独は決して寂しいものではありません、大きなチャンスなのです。

圧倒的孤独に身を置いて、自身を向上させていけば明るい未来が待っています。

圧倒的孤独を経験すると、未知の世界が広がっていくのです。

 data-srcset
努力エピソードがスゴすぎる!成功者3人からヒントを学ぶ!成功者の努力エピソードは聞くと元気になれます。成功者は輝かしい栄光の裏で、必ず誰にも言えない努力を行っているのです。3人の成功者がどのように立ち向かってきたのか、エピソードから読み解いていきます。...