自己実現

【自己実現】圧倒的孤独の先には明るい未来が待っている!

 data-srcset

人生は必ず孤独と向き合う時間が必要です。

成功を収めている人は、みんな圧倒的孤独を経験しています。

突き抜けるためには、自分と向き合い対話する時間が必要です。

孤独を寂しいと感じている場合、1人の時間を有効に使えていないのです。

孤独と向き合う時間を持つ!

人間として成長するのは、2つの側面があります。

・外の世界を知る

・内面を掘り下げていく

海外旅行、異業種の人との触れ合いなど、多くの人は外に目を向けます。

その一方で、内面を掘り下げていくことを意識する人は多くありません。

 

生活の中で無為に過ごしている時間はないでしょうか?

電車の待ち時間、バスに乗っているとき、わずかなスキマ時間を有効に使っていますか?

ちょっとした意識の差が、あとになって大きく現れてきます。

1日のうちほんのわずかでもいいので、自分と向き合う時間が大切なのです。

圧倒的深い孤独を目指す!

孤独は徹底的に深堀りすることで、大きな価値となります。

1人の時間を大切にしない人は、どんな分野でも一流になれません。

孤独は寂しい、耐えられないという人は、1人になる勇気を持つことが大切です。

孤独の中で思索にふけっているときに、アイデアが生まれるものなのです。

 

孤独を愛することができない人は、1人になったときに誰も見ていないからと、ダラダラと過ごしてしまいます。

1人の時間を充実させることができない人は、いつまでも二流止まりです。

長編小説を読んで、頭がみなぎらせているあいだは、寂しさは感じません。

どういった時間を過ごすかによって、成長の度合いは変わってくるのです。

孤独と引きこもりは違うのか?

孤独と引きこもりは、似て非なるものです。

外から見ている分には、あまり変わらないかもしれません。

孤独は何かを得るための修行の意味合いが含まれていますが、引きこもりは社会から隔絶しています。

1人になると言っても、どういった目的なのかで、まったく異なってくるのです。

 

ダラダラとゲームをしていて良いのでしょうか?

本を読んで勉強をすれば、その分知識や経験が大きく広がります。

長い目で見れば、それが大きな差となって現れるのです。

何か目的を持って1人になることが大切なのです。

孤独とうまく付き合っていく

1人の時間をうまく使える人は、孤独との付き合い方が上手な人です。

孤独をポジティブに捉えて、自身の成長に活かすことができます。

一方で孤独をネガティブに捉えて、無駄に過ごしてしまう人がいます。

こういった人は孤独に対する免疫がしっかりとできていません。

孤独は付き合い方によって、毒にも薬にもなります。

孤独に押しつぶされるのではなく、孤独を愛していくことが大切なのです。

圧倒的孤独の中でさまざまなものが培われていく

孤独とうまく付き合えるようになったら、今度は圧倒的な孤独に身を置きましょう。

一流の人はみんな圧倒的孤独を経験しています。

圧倒的孤独は、何かを成し遂げるための修行時間なのです。

孤独をポジティブに捉える人はいても、圧倒的孤独まで足を突っ込む人はあまり多くありません。

孤独の強度を強めていくと、免疫ができて次第に慣れてきます。

一流を目指そうと思ったら、普通と同じではダメなのです。

圧倒的孤独に身をおいて、誰よりも深くコミットする必要があるのです。

圧倒的孤独によって得られる効能

圧倒的孤独と付き合えるようになると、暇を持て余すという感覚がなくなってきます。

どんなに小さなスキマ時間でも、何かに活かそうと考えるようになります。

無意味に過ぎていく時間がなくなっていくのです。

1人でいることが怖くなくなったら、躊躇せず行動できるようになります。

周りから何を言われても、多少のことでは動じなくなるのです。

誰よりも深くコミットすることによって、自信も芽生えてきます。

孤独は決して寂しいものではない、チャンスである

孤独が寂しいと捉えていては、いつまでもチャンスはめぐってきません。

孤独は決して寂しいものではありません、大きなチャンスなのです。

圧倒的孤独に身を置いて、自身を向上させていけば明るい未来が待っています。

人は大きくジャンプするために、必ず一度かがみます。

圧倒的孤独は大きくジャンプするための、前段階なのです。

圧倒的孤独に身をおいて、自身を大きく成長させましょう。