クラシック

ジャクリーヌ・デュ・プレの思い出 ~チェロをめぐるひととき~

あなたがもっとも深く影響を受けた人は誰ですか?

と言われれば、すぐに答えることができる。

 

ジャクリーヌ・デュ・プレ。

100年に1人と言われたイギリスの天才チェリスト。

17歳でデビューを果たし、エルガーのチェロ協奏曲で

鮮烈な演奏を披露し、たちまち国民的スターダムへとのし上がっていく。

しかし、多発性硬化症という難病に見舞われ28歳で引退。

42歳で生涯を閉じる。

 

彼女の体を張った情熱的な演奏に、わたしは何度心を奪われただろうか?

 

古今東西、優れた演奏家は山のようにいる。

チェリストと言えばカザルスなのではないか?ヨーヨー・マはダメなのか?

ミッシャ・マイスキーは?

クラシックに詳しい人であれば、いろんな名前を出して、

わたしに疑問を投げかけてくるかもしれない。

 

しかしいくら言われたところで、わたしの心が変わることはない。

わたしにとって唯一無二の存在であり、

ダントツですごい人、それがジャクリーヌ・デュ・プレなのだ。

 

この話を詳しくしていけば、とてもこのブログには収まらない。

ジャクリーヌ・デュ・プレに関しては1冊の本を書くことができる。

 

かつて村上春樹さんは「フィッツジェラルド体験」という

熱すぎる思いを本に綴っていた。

いつかわたしも、ジャクリーヌ・デュ・プレについて1冊の本を書いて、

世に広めたいというひそかな野望をもっているのだけど、

残念ながらいまのところ、そんな話は1つもない。

誰かもし興味があったら、是非とも声をかけて欲しい。

仕方がないので、自分の小さな個人ブログで超短縮バージョンとして

綴ってみたいと思う。

 

彼女の演奏の特徴は、男性も顔負けの非常に大きな音を繰り出し、

体ごとチェロに預けるようにして演奏をする、といったところだろうか?

わたしはいろんなチェリストの演奏を聴いたけれど、

彼女ほどスケールが大きくて、奥深い演奏をする人は、

いまだに出会っていない。

 

おすすめの1曲をあげるとすれば、ドヴォルザークの『チェロ協奏曲』だろう。

 

デュ・プレの熱量と曲に賭ける意気込みは、

ほかのどんなチェリストとも違う。

それは実際に演奏を聴いてみれば分かる。

 

約50年近く前の演奏ということもあり、さすがに音の古さは否めない。

しかしそれでも、デュ・プレの演奏は、唯一無二と言っていいと思う。

 

クラシックファンから言わせれば、ジャクリーヌ・デュ・プレと言えば、

エルガーの『チェロ協奏曲』こそ、もっとも代表的な曲であると言うだろう。

もちろん、エルガーはとても素晴らしい。

憂いともいえる哀愁ただよう雰囲気の中、緊張と緩和が見事にマッチした、

素晴らしい名演である。

 

しかし、わたしのおすすめは何と言っても

ドヴォルザークの『チェロ協奏曲』なのだ。

 

わたしが出会ったきっかけや、大学時代に買った

コンピレーションアルバムの思い出、好きになるまでの経緯を話すと、

とてもここでは収まりきらない。

恐らく日本で1番、ジャクリーヌ・デュ・プレのことが好きだと思う。

この続きは、また別の機会があれば書いてみたい。