百貨店

百貨店でアルバイトをすることの最大のデメリットを元社員が語る!

 data-srcset

百貨店でアルバイトすることのデメリットはたった1つだけです。

お金が貯まらない

お金を貯める目的であれば、百貨店のアルバイトは避けた方が無難です。

わたしは百貨店の社員だったとき、アルバイトはみんな口にしていました。

お金を貯めたいのについ使ってしまう!

周りに良い商品があるので、触れているうちにだんだんと欲しくなってきます。

訳あり品とか社員販売など、安く手に入れる機会も頻繁に訪れます。

 

これは百貨店に限らず、小売業全般に言えることなのかもしれません。

アルバイトをする場合、目的を明確にしておいた方が良いと思います。

お金のために働くのか、暇つぶしや小遣い稼ぎのために働くのか…。

 

百貨店のアルバイト事情について、元社員が感じたことを綴っていきます。

スポンサーリンク

百貨店のアルバイトが募集するタイミングについて

百貨店がアルバイトを雇うのは、だいたい以下のようなイベントのときです。

・お中元、お歳暮センターを開設

・大型催事の開催時(北海道物産展、バレンタイン催事など)

・年末年始の繁忙期の補充要員

数週間から長くても2ヶ月くらいの、短期間の仕事であることが多いです。

忙しくて応援が必要になる時期に、補充要員として入ることになります。

シフトは柔軟に対応できることが多く、比較的働きやすいと言えると思います。

スケジュールが決まっていて、いつごろ終わるなど非常に分かりやすいです。

百貨店のアルバイトはどんな人が多い?

百貨店のアルバイトはどんな人が多いかは、場所によって大きく異なります。

都心の百貨店などは、若い人から高齢の人までさまざまな人が応募します。

地方店では、普段は主婦をしている人など、地元の人がほとんどです。

基本的には接客マナーがあれば、誰でもウェルカムのように思います。

百貨店の主要顧客は60歳以上なので、それに合わせられる人が良いと思います。

スポンサーリンク

百貨店のアルバイトはこんなことが学べる

百貨店のアルバイトは、以下のような経験をすることができます。

・流行などに敏感になる

・ブランド価値に触れることができる

・人がお金を使う現場を目の当たりにできる

スーパーや量販店と違い、高くて良い商品に触れられるのはメリットだと思います。

百貨店はわざわざ足を運ぶ場所なので、普段は見かけないものに触れたりできます。

百貨店で働くことのデメリットについて

しかし冒頭でもお伝えしたように、もっともネックになるのが以下のことです。

お金がまったく貯まらない!

アルバイトに来る人たちは、誰もがみんな口を揃えて言います。

訳あり品の処分や社員販売など、何かとお得に買える場面が多いのです。

お金を稼ぎにきたのに、つい商品が欲しくなってしまう…。

百貨店は誘惑の多い場所なので、お金を貯める目的だとあまり良い選択ではありません。

逆にヒマを持て余しているとか、小遣い稼ぎ目的であれば、すごく良い場所です。

 

パートナーのおばちゃんなどは、お金に困っていない人はけっこういます。

 

社販とか値下げ品を買うために、暇つぶしに働きに来ているといった感じの人もいます。

お金には全然困っておらず、むしろ稼いだお金よりも多く使っていたりします。

おばちゃんたちの購買意欲を目の当たりにすると、本当に凄まじいです。

お金を持っている人は持っているんだな~、ということを実際に目にします。

 

アルバイトをする際は、手段と目的を履き違えないようにする必要があると思います。

お金のために働くのか経験のために働くのか?

わたし個人の考えですが、どうせ働くなら経験値の積める働き方が良いと思います。

お金のためというよりも、自分が未経験のことにどんどんと挑戦をしてみる…。

経験が積み上がることによって、自身の行動の幅が大きく広がります。

手っ取り早くお金を稼ぐのも良いですが、経験のために働く考え方もアリだと思います。

 

百貨店でアルバイトすると、高額商品に触れるという経験が得られます。

人がお金を使うまさにその瞬間を、実際に目の当たりにすることができるのです。

百貨店でアルバイトとして働くのは、良い面も悪い面もあるように思います。

自身の目的をしっかり持ちながら、取り組んでいくことが大切なのだと思います。

百貨店のアルバイトは決して悪くない

わたしは百貨店のアルバイトは、決して悪くないと思います。

わたしがいた地方店では、お中元やお歳暮のたびに地元の主婦たちが集結していました。

久しぶりに集まるきっかけになっていて、ワイワイとすごく楽しそうでした。

楽しそうに活き活きと働けるのが、何よりも1番だと思います。

 

ただしせっかく働いても、いろいろと欲しくなってしまうとよく嘆いていました。

このあたりをしっかりと節制ができれば、百貨店のアルバイトは良い選択だと思います。

逆にお金を貯めたいという目的であれば、あまりおすすめできないのかもしれません。

百貨店のアルバイト事情について、何か参考になれば幸いです。