動画・テレビ

【雑記】バチェラー3の結末を見て感じたことを綴ってみる

競争の先に待っているのは、本当に幸せなのでしょうか?

わたしはバチェラーを見るたびに、そう感じずにはいられません。

 

バチェラー・ジャパン3は、これまでのどの回よりも衝撃の展開でした。

「バチェラー、やっちまったぜ~」というのが正直な感想です。

気持ちは分からなくもないですが、こいつはヤバいぜ~、と感じています。

ネタバレしてしまうといけないので、これ以上は差し控えます。

 

これまでのバチェラーは、放送後にいずれもカップルが別れています。

恋愛は競争なのでしょうが、結婚となるとまったく違う要素なのだと思います。

端から見ればどうすれば幸せになるか分かるのに、いざ当事者になると分からなくなる・・・。

「恋は盲目」なんて先人は、よく言ったものだと思います。

 

高スペック男性を奪い合う、婚活サバイバル「バチェラー・ジャパン」は、見世物としては最高のエンタテイメントですが、出ている人たちが幸せになれるかどうかというのは、本当に微妙だと思います。

適度な競争は必要だと思いますが、刺激の強すぎる異世界の中で、普通は冷静な判断を下すことなんてできません。

身を削るような過酷な競争は、人を幸せにするどころか、ただ消耗して終わりということにもなりかねません。

 

恋愛するならバチェラーはいいけど、結婚するならバチェラーじゃないでしょ!

誰かがそのような趣旨のことを言っていたように思いますが、100%同意です。

 

激しい競争の末に結婚が待っているのであれば、結婚はものすごくハードルが高くなってしまいます。

恋愛は競争かもしれませんが、結婚は果たして競争なのか?

 

いろいろ言ってもそれなりに楽しめたので、多分、次回も見ると思います。

 

それにしても今回のバチェラー、いろいろやっちまったぜ~、といった感じです。

序盤がすごく良かったのに、最後になってこんなことになるとは・・・。

人って本当に分からないものですね。でもすごく面白かったです。