動画・テレビ

バチェラーシーズン3の結末を見た感想や感じたこと

 data-srcset

競争の先に待っているのは、本当に幸せなのでしょうか?

わたしはバチェラーを見るたびに、そう感じずにはいられません。

 

バチェラー・ジャパン3は、これまでのどの回よりも衝撃の展開でした。

バチェラーが最後に取った行動は、男としてものすごく理解できます。

男性視点で見れば、むしろ信頼のおける人、という印象さえあります。

自分の気持ちに素直になると、おそらく多くの男性はああいった行動を取ると思います。

 

ただし、女性がこれまで戦ってきた経緯や、水田さんの気持ち、番組で多くの人が見ていることなどを考えると、これはちょっとヤバい、というのは事実です。

「バチェラー、やっちまったぜ~」というのが正直な感想です。

わがままとか、ルール違反とか、いろいろ言われても否定できません。

この先に待っているのは、おそらく茨の道だと思います。

 

これまでのバチェラーは、放送後にいずれもカップルが別れています。

恋愛は競争なのかもしれませんが、結婚となると話はまったく別です。

バチェラーで繰り広げられるのは、女同士の総合格闘技、といった感じです。

恋愛の先に結婚が待っているという理屈は、かなり無理があるように思います。

 

バチェラーは、見世物として最高のエンタテイメントですが、出ている人たちが本当に幸せになれるかどうかというのは、本当に微妙だと思います。

適度な競争は必要だと思いますが、刺激の強すぎる異世界の中で、普通は冷静な判断を下すことなんてできません。

身を削るような過酷な競争は、人を幸せにするどころか、ただ消耗して終わりということにもなりかねません。

恋愛するならバチェラーはいいけど、結婚するならバチェラーじゃないでしょ!

バチェラーの兄がそのような趣旨のことを言っていたと思いますが、100%同意です。

 

それにしても今回のバチェラー、いろいろやっちまったぜ~、といった感じです。

回が進むにつれて、どんどん評価が上がっていく人もいれば、最初がピークでどんどん落ちていく人もいます。

今回のバチェラーは、最後のどんでん返しで、評価が一気に変わってしまいました。

ただし男の視点からすれば、すごく純粋で真っ直ぐ、自分の気持ちと真剣に向き合ったからこそ、ああいう結果になったというのは、すごく理解できます。

 

バチェラーという番組に嘘偽りがないというのは、すごく良く分かりました。

ある程度筋書きはあるでしょうが、最後まできっちりと見させてもらいました。

バチェラーがやったことは、決して賛同できることではないかもしれません。

それでも非難を覚悟で出てきたという勇気には、男として敬意を評したいと思います。

自分がもしあの状況に立つと考えたら、とても耐えられそうにありません・・・。

 

指原さんが言っていた「これだから男と女は分かり合えない」は、おそらく事実です。

「胸糞悪い」ラストだったかもしれませんが、これが現実なのでしょう。

バチェラー シーズン4 は一体どうなるのでしょうか?