動画・テレビ

過去M-1グランプリ フル動画を無料で見る方法!歴代のネタを再び!

 data-srcset
やま
やま
M-1グランプリを毎年欠かさず見ています。
ねこ
ねこ
M-1グランプリは本当に面白いよな~。

年末の風物詩となっている、M-1グランプリは、日本一面白い漫才師を決める大会です。

出場コンビはもちろんですが、豪華な審査員も特徴の1つです。

 

毎回、テレビで活躍する豪華なメンバーが出場します。

そこで披露されるネタは、とてもクオリティが高く見応えがあります。

いままでに多くの素晴らしいネタが披露されてきました。

過去のネタをもう一度見てみたい、そう思うことはないでしょうか?

 

M-1グランプリは、無料でフル動画を見る方法があるので、見どころなど合わせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

M-1グランプリ チャンピオンのネタを動画配信で見る!

M-1グランプリは、毎年DVDで発売しています。

漫才が好きな人は、自分の手元に持っておきたいと思います。

しかし単年ごとにすべて買うのは、お財布に優しくありません。

M-1グランプリは、動画配信サービスで視聴するのが、おすすめです。

アマゾンプライム会員に入会すると、視聴することができます。

 

アマゾンプライムビデオは、通常、月に500円かかりますが、無料体験を申し込みすることによって、30日間、無料で観ることができます。

2001年の初回から最新回まで、すべてを観ることができます。

さらに、準決勝や敗者復活戦、優勝者秘話や特典映像、芸人の解説付き動画など、本編以外にもさまざまな動画を観ることができるのです。

 

アマゾンプライム会員の無料体験の注意点として、以下のようなものがあります。

無料体験はプライム会員登録につき1回限りです(過去に利用した場合は不可)。

無料期間が終わると、有料のアマゾンプライム会員に自動的に切り替わります。

M-1グランプリ以外にも「探偵ナイトスクープ」や「すべらない話」など、面白い番組がたくさんあるので、おすすめです。

\ ▼こちらからチェック▼ /

Amazonプライムビデオを30日間無料体験する

歴代M-1優勝者の一覧と私的ネタ評価について

M-1グランプリの歴代優勝者は以下のとおりです。

2001年 中川家

2002年 ますだおかだ

2003年 フットボールアワー

2004年 アンタッチャブル

2005年 ブラックマヨネーズ

2006年 チュートリアル

2007年 サンドウィッチマン

2008年 NON STYLE

2009年 パンクブーブー

2010年 笑い飯

2015年 トレンディエンジェル

2016年 銀シャリ

2017年 とろサーモン

2018年 霜降り明星

2019年 ミルクボーイ

この中では2005年~2007年、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマンは、圧倒的な面白さだったように思います。

2005年 ブラックマヨネーズの気にしすぎ漫才

2006年 チュートリアルの妄想漫才

2007年 サンドウィッチマンのコント風漫才

新しさで言うと、以下のようなものがとても印象的でした。

2004年 南海キャンディースの男女漫才

2008年 オードリーのズレ漫才

2010年 スリムクラブのスロー漫才

逆にあまり理解できなかったのは、2015年のトレンディエンジェルの優勝です。

2015年、わたしの中の優勝はジャルジャルでした。

2016年~2018年は、和牛がすべて優勝でもおかしくない、圧倒的なクオリティです。

M-1グランプリは、実力はさることながら、運の要素も非常に大きいのです。

 

ああだこうだと、互いに感想を言えることもM-1の魅力の1つだと思います。

M-1グランプリが終わると、お笑い芸人がみんなラジオでM-1の話をします。

玄人がどこを見ていたか、何に興味を示したか、とても面白いのです。

特に岡村隆史のオールナイトニッポンに出演する、ノンスタイル石田さんの、M-1グランプリの解説は、素晴らしいです。

 

ダウンタウンの松本さんはラジオ番組「放送室」で、よくM-1について語っていました。

2002年は、ますだおかだよりも、フットボールアワーの方が面白かったと言っていました。

こういったことは、数年後に答え合わせをするのも、面白いかもしれません。

スポンサーリンク

M-1グランプリは審査員も見どころ

M-1グランプリは出場コンビのネタだけでなく、審査員も見どころの1つです。

近年もっとも話題を振りまいているのは、上沼恵美子さんかもしれません。

出場コンビのネタを見て、以下のように評価しています。

2017年 マヂカルラブリーへのダメ出し(よう決勝来たな~)

2018年 ギャロップへのダメ出し(林くんは暗い)

2018年 ミキへの賛辞(わたしはミキのフアンだな)

関西が誇るレジェンド芸人ですが、関東には馴染みが薄いこともあって、ネットのコメント欄は、上沼さんに対する意見がとても多いのです。

しかし上沼恵美子さんの功績などを考えると、全然おかしなものではありません。

M-1グランプリのような格式のある大会で、女性で審査委員を務められるのは、上沼恵美子さん以外になかなかいないように思います。

点数はとてもしっかりと考えられていて、納得の行く評価ばかりです。

出場コンビに対するコメントが、もっとも面白いのが上沼恵美子さんなのです。

 

2017年大会ネットには「優勝は上沼恵美子」というコメントが挙がりました。

ネットニュースとして配信されるほど、その反響は大きなものでした。

>「優勝は上沼恵美子」デイリースポーツの記事はこちら

また松本人志さんがどう評価するのか?というところも、多くの人が注目するポイントです。

2018年に審査員を務めた立川志らくさんは、風変わりなネタを評価する傾向にありました。

審査員によってそれぞれ好みや評価ポイントが違うのも、楽しみの1つなのです。

M-1グランプリの口コミについて

ツイッターでもM-1グランプリの話題は、たいへん盛り上がっています。

M-1グランプリと合わせて読みたい本

ナイツのボケ担当である塙宣之は、M-1についての本を執筆しました。

『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』は、M-1の歴史、時代の変わり目や年代ごとのネタ、さまざまな視点で語られています。

玄人はお笑いをどう見ているのか、稀代のお笑い論はとても興味深いものばかりです。

過去の動画を見ながら合わせて読むと、より理解が深まります。

M-1グランプリはあとから見返すと、いろいろと感じるものもあります。

お笑いがどう変化してきたか、現代のお笑いはどういったものなのか、その変化の跡がよく分かります。

M-1グランプリは漫才頂上決戦!

M-1から人気に火がついた芸人は、数多くいます。

2004年 南海キャンディースの鮮烈なデビュー

2007年 敗者復活から優勝したサンドウィッチマン

2008年 敗者復活から2位まで駆け上がったオードリー

ほかにも、スリムクラブやメイプル超合金など、M-1から出てきて、バラエティで活躍する芸人は、非常に多いのです。

M-1グランプリは、毎度スターが誕生します。

その瞬間を目の当たりにできるのも、M-1グランプリの楽しみの1つなのです。

M-1グランプリを見るのは、アマゾンプライムビデオがおすすめです。

過去の大会をすべて見れるのはもちろん、準決勝や芸人解説による特典映像など、さまざまなものがあるので、是非とも一度ご覧ください。

\ ▼こちらからチェック▼ /

Amazonプライムビデオを30日間無料体験する

 data-srcset
【お笑い】関東と関西の溝はすっかり消えたと思う件お笑いはひと昔前、関東と関西の違いが明確に存在していたと思います。 関東の笑いと関西の笑いがあって、どうしても埋められない溝がある...