動画・テレビ

【お笑い】関東と関西の溝はすっかり消えたと思う件

 data-srcset

いまはほとんど意識せずに受け入れることができるけど、かつてお笑いの世界において、関東の笑いと関西の笑い、というのは、明確に存在していたように思う。

 

わたしはお笑いに精通しているわけでもなければ、それほど内部事情に詳しいわけでもない。

そんなに面白いことが言えるタイプでもない。

それでもテレビを見ていて、わたしなりに思うことはあった。

 

わたしは関西出身なので、関西弁の漫才に馴染みがある。

両親がNHKの「生活笑百科」が好きで、小さい頃からよく見ていた。

笑福亭仁鶴の安定した司会、上沼恵美子の卓越したしゃべり、オール阪神・巨人や宮川大助・花子、中田カウス・ボタンなど、大御所たちの漫才をよく見ていた。

改めて考えると、恐ろしく豪華なメンバーだと思う。

 

漫才に親しむ頻度は、関東の人に比べると多かったかもしれない。

関西では土曜の昼に、テレビで吉本新喜劇をやっていて、割と観ている人は多い。お笑いに接する機会は他の地域に比べても多いように思う。

また面白いというのは、1つの大きな武器である。

勉強ができるとかスポーツが得意とか、とても大きなことだけど、面白いというのも同じくらい、もてはやされることなのだ。

 

いまは当たり前のようにお笑い芸人がテレビに出ているので、そうした差はほとんど無くなった。

関東か関西かを意識することもほとんどない。

相互の交流が進んで、うまく溶け合ったのだろう。

 

ただM-1グランプリの初期は、まだ関東と関西の笑いが明確にあった。

関西勢が圧倒的に強く、たまに出てくる関東弁の漫才は、テンポも間もいまいちで、ツッコミのバリエーションに乏しく、ものすごくつまらない、と感じたことをよく覚えている。

漫才の醍醐味は、掛け合いにある。

ボケとツッコミの立ち位置が変幻自在に変わっていき、多彩なバリエーションによって、思いもしない角度から飛んでくる。

これは、笑いの土壌がある地域で培われた技術なのかもしれない。

しかし関東の笑いは、頑なにその立ち位置を変えず、ツッコミも通り一辺倒で、全然面白くない。

変化のバリエーションが乏しいまま突っ走っていく・・・。

かなり乱暴な総括だけど、わたしには関東の笑いがそんな風に感じられた。

そもそもバカになるとか自虐といった発想が、関東のお笑いにはあまりない。

関東のお笑いをずっと聞いていると、肩が凝って仕方がなかった。

やはりお笑いの本場と言えば関西なのだ。

 

だが時代が経つにつれて、その溝はだんだんと埋まっていった。

わたしはM-1グランプリで初めてサンドウィッチマンやオードリーを観たときに、その面白さがすぐに理解できなかった。

関西の漫才にすっかり慣れていたけれど、彼らの漫才はこれまでに観たことのないテンポと間だった。

アイデアに富んでいて、発想がものすごく新しい。

最初、受け入れるのに少し時間がかかった。

これは本当に面白いのだろうか?

 

彼らの実力は本物だった。その後のテレビの活躍ぶりを見れば分かる。

ほかにも、バナナマンや、おぎはやぎなど、実力のある関東系の人たちが出てくるようになって、すっかり定着した。

いまはもう、関東か関西かを意識することはほとんどない。

互いに交流が進んで、相手のことを知るようになったのだと思う。

 

むかしは、自虐という発想のない関東人をつまらないと思っていた。

しかしだんだんと、関西人のすぐに自虐に走る感じが大嫌いになった。

関西人は、おっさんとか大阪のおばちゃんをすぐにネタにする。

たいしたことを言っていなくても、それらをネタにすれば周りは笑う。

わたしはその安易な発想が嫌いだった。

また関西人は、オトンやオカンのネタも非常に多い。

ところが関東人で母親をネタにする人は、あまりいない。

そもそも身近な人をこき下ろすというネタが、関東人は少ない気がする。

その代わり、発想や緩急などで勝負する。

このあたりは、個人的には関東の発想の方が面白いと思う。

 

関東と関西、それぞれにいい面と悪い面がある。

いい具合に混ざり合って、両者の面白いところが重なってきたのだろう。

お笑いは間違いなく進化を遂げている。

M-1グランプリのレベルは格段にアップしているし、面白い人が続々と出てきている。

お笑い好きとしては喜ばしい限りである。

いまならはっきりと言える。

関東と関西、どちらも面白いと。