動画・テレビ

【お笑い】関東と関西の溝はすっかり消えたと思う件

 data-srcset

お笑いはひと昔前、関東と関西の違いが明確に存在していたと思います。

関東の笑いと関西の笑いがあって、どうしても埋められない溝がある…。

いまでもその違いを指摘することはできますが、その差は随分と薄まりました。

少なくともお笑い芸人を見て、出身地を意識することはほとんどなくなったと思います。

 

わたしは関西出身なので、ずっと関西弁の漫才に馴染みがありました。

幼い頃から「吉本新喜劇」とか「生活笑百科」などを、しょっちゅう観ていました。

特に生活笑百科では、笑福亭仁鶴の安定した司会、上沼恵美子の卓越したおしゃべりなど、幼心にすごいな~と感じていました。

オール阪神・巨人や宮川大助・花子、中田カウス・ボタンなど、大御所たちは本当にすごい漫才を繰り広げていたように思います。

 

関東と関西のお笑いについて考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

M-1初期のお笑いについて

M-1グランプリを初めて開催したのは2001年のことです。

この頃は、関東と関西のお笑いというのは、明確な力の差があったと思います。

関西勢が圧倒的に強くて、決勝に残っているほとんどが関西コンビ。

たまに出てくる関東弁の漫才は、テンポはいまいち、ツッコミのバリエーションに乏しく、すごく退屈だったと記憶しています。

 

漫才の醍醐味は掛け合いにあるのですが、それが完全にワンパターン化していました。

頑なにその立ち位置を変えず、ツッコミも通り一辺倒で、変化に乏しいまま突っ走っていく…。

関東弁の漫才は平面をなぞるだけに終止していて、まるで立体感を感じない…。

幼い頃のわたしは漠然と、そんな風に考えていたように思います。

関東のお笑いに足りないこと

関東のお笑いは、バカになるとか自虐といった発想があまりありません。

ただの意地の張り合い、口喧嘩、みたいに感じる漫才が多かったのは紛れもない事実です。

漫才はボケとツッコミの立ち位置が自在に変わっていき、多彩なバリエーションによってあらぬ方向へと話が進んでいく…。

予想外の展開とか裏切りみたいなものが、まったくと言って良いほど感じられませんでした。

スポンサーリンク

時代を経て徐々に溝は埋まっていった

 M-1グランプリも時代が経つにつれて、その溝はだんだんと埋まっていきました。

わたしは初めてサンドウィッチマンやオードリーを観たときに、その面白さがすぐに理解できませんでした。

観客のものすごい反応、審査員の高評価に対して、わたしはついていけなかったのは紛れもない事実です。

そこには関東弁で話す人に対する、フィルターみたいなものがあったかもしれません。

 

彼らの漫才は、これまでまったく観たことのない新しいものでした。

受け入れるまで抵抗がありましたが、だんだんと彼らの実力が本物だと気付きました。

彼らはその後、たちまちスター街道を歩んでいきました。

ほかにも、バナナマンや、おぎはやぎなど、実力のある関東系の人たちが出てくるようになって、すっかり定着しました。

関西人の悪いところについて

関西人がお笑いにおいてすべて優位かというと、決してそんなことはありません。

わたしは関西人で関西の文化が大好きですが、関西人の嫌な部分もありました。

ノリを強要する

関西人はノリが合えば最高に楽しいですが、合わない人とお笑い談義をするのは地獄です。

大してお笑いセンスのないのに、何か勘違いをして無駄にノリを強要してくる…。

学生時代、お笑いを分かっていない声の大きい人には、本当に苦労させられました。

ドライと言われる関東人の間の方が、心地良かったりします。 

すぐに自虐に走る

わたしは昔、自虐という発想のない関東人をつまらないと思っていました。

でも一方で、すぐに自虐に走る関西人がすごく嫌だったと記憶しています。

自虐は明るく突き抜けていれば良いのですが、中には暗い人もたくさんいます。

自虐を言うのは時々でよくて、しょっちゅう言うのは逆に疲れてきたりします。

すぐにオッサンと言って笑わそうとする

関西人はオッサンとかオバハンを、いじり倒すという独特な(?)風習があります。

それ自体は面白いのですが、話の持って行き方が安易だな~と感じることがあります。

オッサンとかオバハンと言っておけば笑う…、そんな感じはないでしょうか?

芸人の舞台公演などでも、すぐにオッサンとオバハンを持ち出してくる…。

 

大阪のオバハンはキャラが濃いので、いじり倒してこそ味が出てきます。

それなのに、オッサンとかオバハンという単語自体で笑わそうとしてくる…。

わたしの観測範囲では、そんな風に感じることが多々ありました。

言葉自体は何の面白みもなく、生き物として面白いのだと思います。

オトンとオカンはいまでも関西だけ?

関東人で母親をネタにする人は、あまり多くはないように思います。

それに比べると関西人は、圧倒的に身内をこき下ろすことが多いです。

関西人はとにかく、オトンとかオカンのネタがやたらと多い。

関東と関西の雪解けはかなり進みましたが、それでも一部では残っていると思います。

関東の関西のお笑いの差はなくなった?

いまはほとんど、関東か関西かを意識することはありません。

むかしの芸人はよくいがみ合っていたと聞きますが、いまは恐らくそういったこともないでしょう。

相互の交流が進んで、うまく溶け合ったのだと思います。

そして着実に、お笑いのレベルが上がっています。

 

お笑いのレベルで言えば、間違いなく大幅に向上したように思います。

近年のM-1グランプリの面白さは、恐ろしいほど高いレベルとなっています。

関東と関西がいい具合に混じり合い、両者の面白いところが見事に融合しました。

お笑いの進化は留まることを知らない…、それが嬉しかったりするのです。

 data-srcset
過去M-1グランプリ フル動画を無料で見る方法!歴代のネタを再び! 年末の風物詩となっている、M-1グランプリは、日本一面白い漫才師を決める大会です。 出場コンビはもちろんですが、豪...