お金

お金を使えと煽る人は無視していい!貯金は心の余裕をもたらす!

何にお金を使うかはすべて個人の自由です。

お金の使い方について干渉してくる人は、すべて無視して構いません。

 

お金を溜め込むのは、人間としてつまらないとか、魅力がないとか、いろんなことを言う人がいますが、惑わされる必要はありません。

彼らは自分たちがお金をいっぱい使って、経済を回していると言いますが、それだけ入ってくるお金が多いのです。

お金を回すのは大いに結構ですが、人にはそれぞれ事情があって、その価値観を人に押し付けるのは間違っています。

所詮は、お金に余裕がある人たちのポジショントークに過ぎません。

 

有り金をすべて使うのが格好いい、みたいな価値観は、放っておいて構いません。

「破天荒だね」と適当に褒めて、自身は生活のことをしっかりと管理すれば良いのです。

貯金があれば安心できる

貯金は意味がない、有り金はすべて使え、と煽る人がいますが、すべてウソです。

何らかのポジショントークが含まれている、と考えて間違いありません。

貯金は心の安定をもたらし、将来に明るい見通しを立てることができます。

貯金があるのとないのとでは、気持ちに大きな違いが生まれてくるのです。

 

コツコツとお金を貯める習慣を身につけることによって、明るい未来を切り開くことができます。

お金を貯めることにより心の安定をもたらし、生きる自信となるのです。

お金なんて持っていても意味はない、使ってこそ始めて力を発揮する、という人もいますが、決してそんなことはありません。

お金が持つパワーは非常に大きなもので、安心や心の安定に一役買っています。

お金があることによって、心に余裕が生まれるのです。

ある程度貯金ができたら、今度は投資に回す

貯金でお金を増やす習慣ができたら、今度は投資をすることをおすすめします。

投資は貯金と違って値動きがあり、景気に左右されるものです。

場合によっては大きく値を下げて、損をしてしまうことも考えられます。

しかしお金をより増やしたいと思うなら、投資は必ず必要になってくるのです。

 

いまある事業は、かつて誰かが投資したことによって成り立っています。

投資は未来を作り出す、エネルギーとなるのです。

投資はお金儲けばかりでなく、新たな社会を作り出す活力となります。

投資をすることによって、より深く社会に関心を持つようになるのです。

貯金や投資は心の豊かさにつながる

貯金や投資をすることによって、お金の持つパワーがより深く実感できます。

たかがお金、という人もいるかもしれませんが、されどお金です。

お金の持つパワーは、考えている以上に大きなものです。

お金がすべてではない、と言う人もいますが、お金の持つパワーを軽視しすぎです。

お金でできることは、非常に広範囲に及ぶのです。

 

日本人はお金のことを汚いものとして病み嫌う傾向があります。

しかしお金自体には、キレイも汚いもありません。

キレイとか汚いというのは、お金を使う人の気持ちによるのです。

お金は使い方次第で、毒にも薬にもなるのです。

 

お金を貯めることよりも、使い方に人間の品格が出てきます。

お金をたくさん持っていても、使い方が汚ければ人として尊敬されません。

お金にある程度余裕ができたら、今度は使い方を真剣に考えることが大切です。

何にお金を使うかで、人としての魅力が問われるようになるのです。

お金の流れにはちゃんとした意味がある

「お金を使え」と煽る人は、こうした流れをすっ飛ばしています。

何でもかんでもお金を使えばいい、というものではありません。

自由に使えるお金を増やすために、貯金や投資に励んでコツコツと貯めていく・・・。

ある程度の資産ができたら、何に使うかを考えて社会に還元する・・・。

この流れをしっかりと理解していないと、どこかで誤った判断をしてしまいます。

ギャンブルに手を出したり、仮想通貨で一儲けを狙うなど、一攫千金に走ってしまうのです。

 

人としての品格が問われるのは、お金の貯め方ではなくお金の使い方です。

何にお金を使うかは、どんなに考えても尽きることがありません。

お金の使い方を1つ変えるだけで、社会を良い方向に向けることができます。

ニュースや時代の空気に敏感になり、お金の行き着く先を意識するようになります。

 

お金の持つパワーをしっかりと認識して正しい使い方をすれば、周囲からも喜ばれます。

お金の良い循環が生まれれば、世の中はもっと良い方向に変わっていくのです。

まずはお金を貯めることから

これらを達成するためにも、まずは貯金をすることが何よりも第一です。

コツコツと貯金を積み立てていくことにより、やがて大きなことをする源泉となるのです。