お金

お金はそんなにいらないという若者の感覚はわりと正しい!

 data-srcset

お金はあるに越したことはありませんが、無いなら無いで別に良いのではないでしょうか?

わたし自身、お金はそんなにいらないから、時間と自由が欲しい、と思っています。

お金があっても時間とか新たな経験が得られる機会がなければ、かなりの不幸です。

お金は価値基準として非常に有効だと思いますが、それだけで計れるものではありません。

 

会社に勤めてお金を稼ぐ…というのは、働き方として柔軟性に欠ける部分があると思います。

お金は一切いらないから1年ほど休みたい…、そう言っても聞き入れてもらえません。

会社に勤めていると、すべて会社の都合で決まってしまいます。

もっと柔軟に調整できる働き方がしたい、若者は切にそう願っているのではないでしょうか?

 

お金に縛られない新たな生き方について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

お金だけじゃない!3つをバランス良く構築する!

ちきりんさんのツイートがとても秀逸だったので引用してみたいと思います。

一般的にお金持ちは豊かだとされていますが、一方で時間を犠牲にしている可能性もあります。

貧乏には時間貧乏お金貧乏の2種類あって、どちらも全然豊かではないのです。

貧乏には時間貧乏とお金貧乏の2種類ある

お金を持っている人は、仕事ばかりで時間貧乏であることが多いです。

逆に時間があり余っている人は、お金貧乏であることが多いです。

両者をバランス良く調整できてこそ、真の意味の豊かさなのではないでしょうか?

 

豊かさを享受するためには、以下の3点を自分の裁量で自由に調整できることだと思います。

・お金

・仕事

・時間

会社に勤めていると、拘束時間が決められたり副業が禁止だったり、自由に決めることができません。

お金はいらないから時間が欲しいと言っても、単なるワガママに見られてしまいます。

会社は給料の保障はしているかもしれませんが、仕事や時間の保障はなかったりするのです。

お金はそんなにいらない3つの具体的理由

お金はそんなにいらないというのは、時間を犠牲にしてきたことに対する反動だと思います。

猛烈サラリーマンや、家庭を顧みずに働くのが美徳とされたのは、過去の話です。

仕事の縛りがきつい

会社員としてやっていてしんどいのは、仕事の縛りがかなりきついです。

責任の重さや人間関係の難しさなど、さまざまなことに直面します。

正社員は雇用が守られて給料もきちんともらえますが、その分自由は少ないです。

時間や自由が欲しい

会社に勤めていると、時間のコントロールができません。

今月は給料ゼロでいいから遊びに行きたい、と言っても、ワガママに見られてしまいます。

会社に足を運ばなくても、リモートワークでできることはたくさんあると思います。

会社はもっと柔軟な働き方を模索した方が良いのではないでしょうか?

他のことがしたい

仕事は嫌いではないけれど、他のことがしたいと思うことがあります。

1ヶ月間留学するとか、3ヶ月ほど何か勉強したいといった長期休暇を、取ることができません。

会社に拘束時間を決められてしまうのは、いろいろと不自由な面が多いです。

スポンサーリンク

お金よりも欲しいのは時間・自由・経験!

若者が欲しいのは、お金よりも圧倒的に、時間・自由・経験のように思います。

お金は最悪、時間をかければ稼げますが、経験は自ら動かないと買うことができません。

世界一周旅行、海外語学留学など…経験は何にも代えがたい、1番重要なものです。

やりたいことから逆算して、仕事やお金を考えている部分も非常に大きいはずです。

 

若者はそのときしかできない独自の経験や、本当にやりたいことを求めています。

1回きりの人生を後悔したくなくて、本気になれるものを探しているのだと思います。

ほかに代えられないオンリーワンの価値が欲しい…。

大人になると忙しさで忘れてしまいがちですが、若者は本気になれることを求めているのです。

お金よりも独自の経験を求めている

アソビュー(asoview!)で経験を深める

アソビュー(asoview!)は、さまざまなコアな体験が楽しめる、遊びの総合サイトです。

アソビュー(asoview!)で紹介している遊びは、どれも独自の経験ができる貴重なものばかりです。

アウトドア・・・スキューバーダイビング、パラグライダー、シーカヤック。

VR体験・・・忍者になれる体験、ホラーアクションなど。

陶芸教室・・・全国各地の焼き物体験など。

アソビュー(asoview!)は、ほかでは味わえない最高のひとときが体験できます。

自分にあった遊びを選び、ネットショッピング感覚で体験チケットを購入できるのです。

\ ▼登録はログイン画面から▼ /

日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」

お金よりも時間と自由を謳歌する

お金を稼ぐのも良いですが、時間と自由を謳歌するのも同じくらい大切です。

ちきりんさんが言うように、バランスの問題だと思うのです。

会社に勤めていると、ライフスタイルに合わせた柔軟な調整ができません。

これほど多様性を謳う時代なのに、価値観が変わっていないことの方がヘンだと思います。

働き方やお金の稼ぎ方は、もっといろんな方法があって良いのではないでしょうか?

会社で我慢しても待っているのはリストラかもしれない

大企業は軒並み人員削減を発表して、人員を絞る方向に動いています。

メガバンクの大規模なリストラは、大きな話題になりました。

いままでは会社に身を任せていれば、安心を得ることができました。

これからは、会社に身を預けていればどうなるか分かりません。

 

急速に価値観が変わっていく中で、自身のキャリアや働き方について、これまで以上に深く考える必要があります。

会社にしがみつく人にとっては厳しい環境ですが、自ら行動してチャンスを掴みに行く人にとってはチャンスです。

沈みかけた船に乗り続けるのか、自らの手で稼ぐ力を身につけるのか。

危機感を持って早めに行動した人だけが、チャンスを掴むことができるのです。

無駄遣いを無くしてシンプルに生きる

お金はあるに越したことはありませんが、なくても工夫次第で生きていけます。

ただし自由を謳歌ばかりしていると、いつまでも派遣やフリーターのままかもしれません。

これまで以上に生き方や働き方が問われる時代なのです。

自分が重要だと思う部分をしっかり押さえて、生きていくのが賢明です。

 

世の中を見渡せば、会社員とは違う生き方をしている人がたくさんいます。

多様性の中で生きることによって、いろんな出会いや気付きがあるのです。

お金ではなく時間と自由を取るという若者の選択は、ある意味で正しい選択です。

さまざまな働き方が、これからも増えていくように思います。