未分類

Knot(ノット)の時計の評判は?3年使い続けてきた使用感をレビュー

ノット時計

オシャレで使い勝手の良い時計が欲しい!リーズナブルだけど安心して使える時計が欲しい!

高級時計ほどではなくてもそれなりに質が良くて、どこに行っても恥ずかしくない時計は無いだろうか?

Knot(ノット)の腕時計は、まさにそういった願いを叶えてくれる、ピッタリな商品です。

やま
やま
わたしはかれこれ3年近くKnot(ノット)を使い続けています。

フォーマル、カジュアルを問わず、幅広く使えるシンプルで良質な腕時計!

Knot(ノット)はまさにそんなブランドと言えるのではないでしょうか?

ねこ
ねこ
オレはスマホで時間を見るから腕時計は付けないぜ!

わたしは以前、オメガの腕時計を使っていて、5年以上ずっと愛用し続けていました。

ただし、長く使っていると、いろんなところに不具合が出てきます。

電池が切れてしまったり、オーバーホールが面倒だったり、さらに修理の値段を聞いてビックリしたり…。

そろそろサブの腕時計が欲しいな~、と感じていたときに、たどり着いたのがKnot(ノット)の時計でした。

Knot(ノット)の時計があまりに使い勝手が良いので、やがてオメガは使わなくなってしまいました。

やま
やま
いまではほとんどKnot(ノット)一筋で生きています。

高級腕時計に匹敵する!とまでは言いませんが、乗り換えてもさほど違和感なく愛着を持って使うことができます。

ねこ
ねこ
本当にそんなに良い時計なのか?

以下に当てはまる人は、Knot(ノット)の腕時計は特におすすめです。

・ビジネス、レジャー問わず、どこにでも使える時計が欲しい

・高品質なのにリーズナブル、コスパの良い時計が欲しい

・ファッションに合わせて腕時計を手軽に変えたい

Knot(ノット)は果たしてどういった時計なのでしょうか?

3年使い続けてきたわたしが、使用感などについてレビューしたいと思います。

セカンドストリートでオメガの腕時計を売ったらウン万円になった話!わたしが長らく愛用し続けてきたもの、それがオメガの高級腕時計です。 27歳のときに購入して以来、どこに行くときも必ず身につけていま...

スポンサーリンク

Knot(ノット)とは?

Knot(ノット)は、2014年に吉祥寺で誕生した、新しい時計ブランドです。

日本は数々の時計メーカーがありますが、量産型腕時計メーカーが新たに立ち上がったのは、実に80年ぶりとのこと!

Knot(ノット)はもう一度、腕時計の国内生産を回帰させたい!そんな創業者の熱い想いが込められています。

やま
やま
新しい取り組みを知ると応援したくなりますね!

Knot(ノット)のブランドを言い表すとき、マスコミからはこんな風に言われています。

Knot(ノット)は時計界のユニクロ

リーズナブルな価格帯と品の良い質感は、ユニクロに通じるものがあるかもしれません。

Knot(ノット)は、テレビでたびたび取り上げられるようになり、若い人を中心に少しずつ人気が広がっています。

もし、腕時計が欲しいと思ったときは、Knot(ノット)は有力な選択肢の1つではないでしょうか?

やま
やま
高級腕時計も良いけれどKnot(ノット)も良いですよ!
ねこ
ねこ
オレはスマホで時間を見るからいらないんだぜぃ~!

わたしがKnot(ノット)を知った経緯について

わたしがKnot(ノット)を知ったのは、テレビ東京『ガイアの夜明け』を観たときでした。

「時計界のユニクロ」という異名を持つ、気鋭の時計ブランドとして紹介されました。

やま
やま
数ある『ガイアの夜明け』の放送でも、とても印象深い回でした。

ビジネスの最前線で戦っている様子が、画面腰から伝わってくる素晴らしい内容でした。

このときの放送については、テレビ東京の「ビジネスオンデマンド」で視聴することができます。

※ビジネスオンデマンドは月額500円かかりますが、初月は無料で利用できます。

knot(ノット)の放送については、以下の日時で視聴することができます。

ガイアの夜明け Knotの特集について

日時:2015年10月20日~

日時:2016年5月31日~

やま
やま
面白かったので興味のある人は、ぜひチェックしてみて下さい。

>ビジネスオンデマンドはこちら

スポンサーリンク

Knot(ノット)の3つの特徴について

Knot(ノット)の時計の中でも大きな特徴である、3つの要素について見ていきます。

すべてが国内生産

Knot(ノット)の時計は、すべてが国内生産(メイドインジャパン)です。

日本のモノづくりを大切にしたい創業者の意志が、一つ一つの腕時計に込められています。

やま
やま
国産の腕時計は珍しいので、すごく気になりますね!

リーズナブルで高品質

Knot(ノット)の腕時計を一言で言い表すと「ちょうどいい時計」

高級腕時計ほど高くはないけれど、決して安っぽいわけでもない!

気軽に試せてだんだんと愛着が沸いてくる、まさにそんな腕時計なのです。

やま
やま
わたしはオメガからKnot(ノット)に乗り換ました。

15,000種類以上のコーディネートが可能

Knot(ノット)の時計は、自分好みのコーディネートが簡単にできます。

盤面とストラップの組み合わせは、なんと15000種類以上!

Knot(ノット)の時計の1番の醍醐味は、選ぶ楽しさにあるのです!

やま
やま
バンド部分が傷んでも、ストラップを交換するだけでOKです!

Knot(ノット)の時計の使用感について

ノット時計

わたしが長年愛用しているのは、以下の組み合わせとなります。(写真参照)

【時計】CC-39BKWH×シリコンラバーストラップ
やま
やま
シンプルで見やすいものが欲しくて、この組み合わせにしました。

シリコンラバーストラップはとても柔らかくて、肌にしっかりと馴染みます。

時計はものすごく軽くて付け心地も快適、盤面のフォーマル感が個人的にすごく好みです。

ノット時計裏面

盤面の裏側にはKnot(ノット)のロゴと、メイドインジャパンの表記が綴られています。

ノット時計ストラップ

また、Knot(ノット)のもっとも大きな特徴、それはバンド部分が取り替えられることです。

バンド部分は取り外しが簡単!気軽に交換することができる!

新しい腕時計を買うほどではないけれど、少しだけ雰囲気を変えてみたい!

バンド部分だけが傷んでしまって、それ以外の部分はまだ全然イケるのに…。

Knot(ノット)の時計は、そういったシーンに出くわしても大丈夫!

簡単に取り外しができるので、いろいろと試したくなってくるのです!

やま
やま
かゆいところに手が届くサービスで、Knot(ノット)をリピートしたくなります。

わたしは以前、姫路レザーというストラップを使っていました。

革には独特の味があって最初は良かったのですが、だんだんと型がついてしまいます。

わたしの使い方が少し雑だったこともあり、割と速く革が傷んでしまいました。

やま
やま
わたしには革は少し合わなかったかもしれません。

ほかの腕時計であれば、バンド部分の交換という方法は取らなかったかもしれません。

ただKnot(ノット)に関しては、最初からバンド交換の手軽さをウリにしています。

実際、店頭でもいろんな組み合わせを試して、自分に合う腕時計を探していました。

ほかの腕時計を買おうとはならず、もう一回Knot(ノット)を買おう!となったのです。

ねこ
ねこ
リピートするくらい大好きなんだな~。

またバンド部分については、店頭に行くのではなくオンラインショップで購入しました。

仕組みはすでに分かっているので、わざわざ店頭に行く必要はなかったのです。

やま
やま
ネットでいろんな商品をじっくりと見てから購入しました。

Knot(ノット)の公式サイトによると、ストラップの数は全部で18種類あるようです。

デニムや織物などの変わった素材もあって、選ぶ楽しさが大きな魅力の1つです。

やま
やま
次はどれを試してみようか!と考えるのも楽しみの一つです。
ねこ
ねこ
もうすっかりお得意様だな~。

Knot(ノット)を購入することができる場所について

Knot(ノット)は、全国にあるリアル店舗やネット通販で購入することができます。

ネットで購入する場合、おすすめは公式ショップか楽天のメーカーショップです。

やま
やま
わたしの場合、最初はリアル店舗(星ヶ丘)で購入し、2回目以降はネットで買いました。

バンド部分の交換だけが目的であれば、ネットショップで買うのが良いと思います。

Knot(ノット)の時計の評判は?

Knot(ノット)の時計の口コミについて以下のようなものがあります。

Knot(ノット)の時計は丁度いい

Knot(ノット)の腕時計を使ってきて、もっとも感じるのは「ちょうどいい時計」です。

わたしはかれこれ3年以上使い続けていますが、いまでも飽きずに使っています。

フォーマルにもカジュアルにも馴染む、シンプルで飾らない時計なのです。

Knot(ノット)の時計は以下のような人におすすめです。

・高級時計ではない、日常使いで使い勝手の良い時計が欲しい

・リーズナブルだけど高品質な時計が欲しい

・たまにストラップを代えて違う気分を味わいたい

気になった人は是非リアル店舗、あるいはネット通販をご覧下さい。

セカンドストリートでオメガの腕時計を売ったらウン万円になった話!わたしが長らく愛用し続けてきたもの、それがオメガの高級腕時計です。 27歳のときに購入して以来、どこに行くときも必ず身につけていま...