自己実現

アウトプットが苦手な人のための小さな心がけ3点!未来に種を撒く!

 data-srcset

アウトプットが苦手…、そんな人はとても多いと思います。

わたし自身、人に自分の考えを伝えることはすごく苦手です。

「もっと自分を出した方が良い」たくさんの人に言われてきました。

自分の考えをうまく伝えられず、ずっと埋もれて生きてきました。

 

教育の影響などもあり、日本人はアウトプットが苦手な人は多いです。

アウトプットを意識することで、自己実現を果たすことができるのです。

いまはさまざまな情報発信ツールがあるので、うまく使いこなせば未来を切り開くことができます。

アウトプットによって、自身の思考の整理と発信力を身につけることができるのです。

スポンサーリンク

アウトプットをきちんとしていますか?

アウトプットに苦手意識を持っている人は、思いのほか多いものです。

わたし自身、インプットばかりで、それを活かす取り組みを全然やっていませんでした。

アウトプットを意識するようになったのは、随分とあとになってからです。

実際にアウトプットをしてみると、自分がどんどん変わっていく実感が持てます。

 

いくらたくさん勉強をしても、アウトプットをしなければ意味がありません。

わたしの高校時代の数学教師は、いつもこんなことを口にしていました。

分かるとできるは違う

人から聞いて分かった気になっても、実際に自分でやってみるとできないことが多いです。

教わったことをフィードバックしなければ、何の意味もないのです。

アウトプットを意識するだけで人生が変わる!

アウトプットが苦手な人はとても多いです。

裏を返せば、アウトプットを意識してきちんと取り組めば、人生は大きく変わっていきます。

多くの人は勉強しても、振り返ったり復習したりすることはありません。

話を聞いてすっかり満足しているだけの人が、ものすごく多いのです。

 

アウトプットは面倒だからと、目を逸してはいけません。

アウトプットをしてしっかり身につけなければ、何の意味もありません。

アウトプットを意識するだけで、身につくスピードが劇的に変わります。

いかにアウトプットするかが、人生を成功するか否かを分けるのです。

スポンサーリンク

アウトプットを意識しなければならない3つの理由

アウトプットを意識しなければならないのは、いくつか理由があります。

覚えたことが身につかない

テレビの垂れ流し情報をいくら見ても、決して身につきません。

ただし人に話すことを前提に見ていると、細かいことに注意が向くようになるのです。

多くの人はインプットに熱心ですが、アウトプットはあまり意識していません。

インプットとアウトプットは、常に両輪であると心得ておくべきです。

知識は使いこなせなければ無いのと一緒

分かるとできるは違う、という数学教師の話を紹介しました。

人から聞いて分かったつもりでも、人に伝えられないと意味がありません。

人から聞いて良いと思ったことは、人に話したり文字に起こすと良いです。

頭の中に入れた知識を、すぐに引き出せるようになるのです。

誰かに伝えなければ意味がない

どんなに優れた情報を持っていても、それを人に伝えなければ意味がありません。

個人的な話で恐縮ですが、チャットモンチーの歌にこんな歌詞があります。

涙は人に見られて初めて形になるの

人に伝えてこそ初めて意味が芽生えてくる…、そう心得ておいた方が良いです。

アウトプットの習慣化で仕事や勉強のパフォーマンスは劇的に向上する!

アウトプットを習慣化することで、パフォーマンスは劇的に向上します。

アウトプットを前提に学習をすると、成長スピードが全然違ってくるのです。

受け身の状態で学んでも、身につくことはほとんどありません。

どんな物事もアウトプット前提でやれば、大きな効果が発揮するのです。

アウトプットの際に心掛ける3つのこと

アウトプットを考えたときに、さまざまな心配を感じるかもしれません。

以下の3つのことを留めておくことが重要です。

人の目や周囲の評価を気にしない

アウトプットをすることで、人の目や周囲の評価が気になります。

意見を言われたり、不本意な言葉を浴びせられることもあると思います。

周りの意見にいちいち流されることはありません。

意見を言われるのは届いていることなので、次に考えるべきは必要としている人に届けることなのです。

話を盛らずに飾らない自分を出す

アウトプットをするときに、格好つけたり自分を飾ったりしてはいけません。

話を盛らずに、ありのままの自分を出すことが重要です。

うまくやろうする必要はありません。

自分の言葉でしっかりとやることだけを意識すれば良いのです。

積み重ねた先に未来がある

アウトプットをしても、手応えがないまま辞めてしまう人がいます。

最初はいくらやっても、何の手応えも感じられないかもしれません。

小さなことを積み重ねていくことで、やがて大きな力となっていくのです。

あきらめることなく、粘り強く続けていくことが大切です。

性格は関係ない!アウトプットで誰でも成果は出せる!

自分は引っ込み事案だとか、意見を言うのが苦手、という人がいます。

アウトプットに、性格とか人柄みたいなものは、まったく関係ありません。

自分に合った方法で、少しずつ取り組んでいくことが大切です。

アウトプットは性格の問題ではなく、日頃からの習慣や訓練なのです。

 

アウトプットには、さまざまな方法があります。

・ブログ

・SNS

・ノートにメモを書く

・あった出来事を人に話す

思考が整理されて、頭がよりスッキリなるのでおすすめです。

アウトプットの積み重ねで未来を切り開いていく!

アウトプットは、一度ですべてが完結するものではありません。

アウトプットを積み重ねていくことで、少しずつ未来を変えていくことができます。

アウトプットを習慣化することは、あとになって大きな差となるのです。

アウトプットを面倒と思わずに、コツコツと取り組んでいくことが重要です。

セミナーや講演会での質問は非常に有効!

アウトプットの1つの方法として、セミナーや講演会での質問が有効です。

相手の話をしっかりと聞いて疑問点をまとめることは、スキルがないとできません。

恥ずかしい思いをしたくないので、自ずと真剣になります。

人の話を聞いて質問をするのは、良質なアウトプットなのです。

 

的確な質問は、相手にも周りにも良い影響を与えます。

良質なアウトプットは多くの人に共有されて、やがて感謝されることになります。

コミュニケーションが活性化され、場の雰囲気も良くなるのです。

良い質問を真剣に考えて、自分から積極的に行う姿勢が大事だと思います。

アウトプットは自分との対話である!習慣化して自分を磨こう!

突き詰めて考えていくと、アウトプットは自分との対話になります。

習慣化することで、自分のことを磨くことができます。

多くの人はインプットに熱心ですが、アウトプットに意識が向いていません。

アウトプットを習慣化すれば、人より一歩抜きん出ることができるのです。

 data-srcset
紙に書く効果は絶大!思考を整理し行動に移すのが成功への道筋!何かに行き詰まったり悩んだりしたときは、紙に書くのが1番です。 問題点が明らかになって、やるべきことが明確になります。 天才...