生き方

「就活は適当でいい」と思う理由、マインドを変えて人生をラクに生きる!

就活は肩肘を張って頑張る必要はありません。

小手先のテクニックに頼っても、大人はすべて見透かしています。

人事は人を見るプロであり、これまで数多くの就活生を見てきているのです。

まったく対策を取っていなくても、受かるときは受かるし、受からないときは受かりません。

 

就職活動は、努力でどうにかできる類いのものではありません。

縁によって決まる部分が非常に大きいので、そもそも頑張る余地はあまりないのです。

仕事や恋愛などさまざまなことに言えますが、すべては縁なのです。

縁には頑張るとか頑張らないとか、一切関係がないのです。

 

最低限の礼儀やマナーさえ気をつけておけば、あとは何もやる必要はありません。

時の流れに身を任せて、素直な気持ちに従った方が良いのです。

人生は受験や就職で決まるわけではない

受験や就職はあくまで1つのステップであり、決してゴールではありません。

苦労して会社に入っても、あっという間に辞めてしまう人は後を絶ちません。

必死な思いで就職した場合、つい辞めることに躊躇してしまいます。

「こんなはずじゃなかった・・・」

皮肉なことですが「頑張れば頑張るほど後に引けない」というジレンマに陥るのです。

 

努力や頑張りは決して否定しませんが、頑張り過ぎるのは考えものです。

予定が狂ってしまったときに、ポキっと心が折れてしまうのです。

一方であまり頑張らなかった人は、辞めることに未練はありません。

結果、自分の気持ちに従って、すぐに行動に移すことができるのです。

 

頑張ることは決して悪くないのですが、時には足かせになることもあるのです。

無理して頑張っていると、必ずどこかで行き詰まってしまいます。

世の中には努力でどうにかできることと、努力ではどうにもできないことがあるのです。

何でもかんでも頑張るのは、一見正しいようですが、実はとても危険なことなのです。

レールの先に待っているもの

以前「資格は85%無駄だと思う」という記事を書きました。

資格や肩書きといったものは、そもそも意味なんてありません。

・東大出身

・大手企業の社員

・TOEIC950点

いずれも立派なことですが、使いこなさなければ意味がないのです。

資格や肩書きは、最低限の担保という意味合いしかありません。

・東大出身だから地頭が良いだろう

・大手企業社員なら仕事ができるのだろう

・TOEIC950なら英語はかなりできるのだろう

資格や肩書きが立派でも、最終的には人を見て判断するのです。

就活を頑張るというのは、最低限を手に入れる作業と何ら変わりありません。

 

東大に行くことはとてもすごいことです。

しかし、東大自体に価値があるわけではありません。

そのブランドを使って、自分をどう磨いていくか、が重要なのです。

社会に出れば、東大出身の凡人なんて山のようにいます。

 

わたしの場合、受験も就職もあまり熱心にやりませんでした。

「どこかに滑り込めばいい」くらいの気持ちでしかありませんでした。

中学になると、高校受験が待っています。

高校になると、大学受験が待っています。

大学になると、就職活動が待っています。

企業に入ると、出世の競争が待っています。

レールの上に乗っていれば、延々と終わりのない競争が待っています。

うまく立ち振る舞える人は、そこで戦うのも良いかもしれません。

わたしはそんな競争に勝つことなんてできない、早くから分かっていました。

早々に競争から降りて、既存の道からどんどん外れていったのです。

 

道を外れると、自分だけのオリジナルが生まれます。

自分の人生を生きている、という実感を味わうことができるのです。

努力の見返りを求めない

受験勉強や就職活動など、努力のしすぎは禁物です。

就職は縁であって、努力ではありません。

もちろん多少の努力は必要ですが、努力でどうにもできない部分もあります。

肩肘を張って必死にやっても、疲れてしまうだけなのです。

・テストで良い点を取る

・会社で仕事が認められる

・出世を果たす

これらはとても素晴らしいことですが、本当に自然体で生きているのでしょうか?

多少の無理は必要かもしれませんが、いつまでも我慢していると自分が保てません。

それならば、自分が本当に輝ける場所を探した方がいいのです。

 

また頑張って就職しても、3年で3割の新入社員が辞めていきます。

これは、わたしが就職した10年以上前から変わっていません。

必死になって頑張ったのに、結果的に辞めてしまう人は多いのです。

 

就職で悩んでいる人は、ちっぽけな価値観に縛られるな、と言いたいです。

適当に生きても、人生は何とかなります。

もちろん就職活動を頑張って、大きな会社を目指すのも大変素晴らしいことです。

頑張るのも頑張らないのも、すべてその人次第です。

あとになって後悔しないことが、もっとも素晴らしい生き方だと思うのです。