仕事

【仕事】副業は本気でやらないとダメ!時間の切り売りにしかならない!

副業を推進する動きが活発化しています。

多くの人はこの動きを歓迎しているように見えますが、両者の思惑がたまたま一致しただけのように思います。

経営者→これ以上、社員を養い続けるのは厳しいからほかで稼いで欲しい。

労働者→副業でほかでも稼ぐことができて嬉しい。

経営視点からすれば、終身雇用の崩壊の前兆とも受け取れます。

「会社はファミリー」といった体制は維持しつつも、給与の部分の手厚い保証を一部労働者を委ねた、と言って良いと思います。

 

労働者からすれば、副業禁止がそもそもおかしくて、ほかでも堂々とお金が稼げるようになったから嬉しい、といった様子に感じます。

ただし残業のことなどを考えると、副業が果たして現実的なのか、疑問も感じます。

 

この動きが規制緩和による雪解けなのか、それとも厳しい道のりの前触れなのか、意見が分かれるところです。

一見すると労働者に良いことのように思いますが、わたしは本業で働きながらさらに副業でお金を稼ごうとする人たちの意識に、疑問を持つことのほうが大きいのです。

副業によって、明るい未来は切り開けるのでしょうか?

副業は決して甘くはない

一口に副業と言っても、さまざまな種類があります。

しかしその多くは、時間を切り売りして稼ぐという方法です。

それでは時給で働くバイトと何ら変わりありません。

ただでさえ本業で時間を奪われているのに、さらに副業なんてできるでしょうか?

副業解禁をしてもそれを選ぶのか得策なのか、大いに疑問です。

時間とお金、果たしてどちらが大事でしょうか?

 

副業を解禁しても、それをうまく使いこなせる人は多くないと思います。

副業は、時間の切り売りにしかならない可能性が非常に高いのです。

時間をお金に変える、という発想のままでは、いつまでも厳しいままです。

趣味や気分転換にやるのであればいいですが、そこまでして副業に手を出す必要があるのか、疑問に感じたりするのです。

 

1つ大きな誤解があるように思います。

労働収入を積み重ねて、お金持ちになった人は1人もいません。

労働収入の先に、お金持ちへの道が待っているわけではないのです。

お金持ちは事業を立ち上げて、株とか配当金などの不労所得によって、富を築く人がほとんどなのです。

 

副業をやる場合、時間の切り売りになっていないかを考える必要があると思います。

労働に従事していたら、いつまでも変わることがありません。

しかし、労働から脱却して事業を起こすとなると、並大抵のことではできません。

副業という甘い考えでは、絶対に成功しません。

 

副業ができるからと言って、生半可な気持ちでは絶対にうまく行かないのです。

副業はやり方を間違えてはダメ!お金と時間を天秤にかけてよいのか?

お金と時間、どちらが欲しいでしょうか?

仕事には難易度があり、誰にでもできる仕事はあまり給料が高くありません。

簡単にできる副業=誰にでもできて給料は安い

難しい内容の副業=できる人は限られて給料は高い

副業と気軽にサクッと稼ぐ、みたいに言う人はいますが、どんな仕事でもそれなりに競争があって、能力を見られるものです。

 

簡単にできる仕事は、それなりの給料しか稼ぐことができません。

小遣い稼ぎと割り切ってやるなら良いですが、その分時間が取られてしまいます。

 

会社に所属するのは、いろいろと縛りがきつすぎるように思います。

いまの時代に合っていない、あまり意味を成さないルールが非常に多い。

 

ただでさえ本業で時間を取られているのに、副業に割く時間はあるのでしょうか?

安易に副業に手を出すのは、帰って危険だと思います。

 

お金に釣られて、本質を見失ってしまうように思うのです。

副業解禁は、労働者にとって不利である!

個人的には、副業解禁の動きは賛成です。

副業をしてはいけない、という考え自体がすでに古いと思います。

日本の賃金が下がり続けている以上、お金が足りない人は一定数必ずいると思います。

本業をしっかりとやっていれば、副業を規制することはありません。

 

ただし会社は副業をしなくてもいいように、きちんと給料を支払うべきです。

副業の解禁は、今後も給料を抑えていくという前段階なのではないでしょうか?

そもそも残業や副業をしなければ、ちゃんとした生活ができない給与体系であることが問題です。

失われた20年と呼ばれる長期デフレを脱却するには、賃金アップが必須なのです。

 

ところが経営者が気にしているのは、賃金の抑制と株主配当のアップのように感じます。

会社は本来、株主のものなので、その姿勢に間違いはありません。

しかし、労働者をないがしろにしていないでしょうか?

若者が出世したくないと言うのも、会社の体系に問題があるのではないでしょうか?

 

副業の解禁は、副業をしないと生きていけなくなる、という前段階ではないでしょうか?

副業解禁を喜んだ人もいるかもしれませんが、わたしの考えは異なります。

わたしは、会社がもう面倒を見ないという宣言をしたように感じるのです。

副業解禁は労働者によって得どころか、損の方が大きいように感じます。

 

副業はこれからどのようになっていくのでしょうか?

いままで以上に、自身のキャリア設計や働き方が、問われる時代なのです。