自己実現

【人生論】型にはまらない生き方をするために大切にしたいこと!

 data-srcset

型にはまらない生き方がしたいと考える人は、とても多いと思います。

人と違うことをしてみたり、誰も行かないようなところに行ってみたり…。

ところが実際は、ほとんどの人が型にはまって生きています。

型破りなことができる人は、ほとんどいないと言っても良いかもしれません。

 

日本は昔からずっと、型にはめる教育を行ってきました。

ひと昔前であれば、それは正しい教育だったかもしれません。

いまは多様性が求められていて、必ずしも時代に合っているとは言えません。

型にはまらずに生きていくためには、一体どのようにすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

日本はずっと型にはめる教育を続けている!

日本の教育は、正解を少しでも早く正確に見つけ出すのが良しとされています。

素早く読み解く力や事務処理能力は高いですが、いったんルールを離れると途端に弱くなってしまうのです。

日本の教育では、予想外の発想が養われることはありません。

型にはまることも大切ですが、全員一律に型にはめていく方法は、必ずしも時代に合っているとは言えません。

 

日本の教育では、ルールを作る側の発想が出てきません。

いつまでも誰かが作ったルールに従うのは、つまらなくないでしょうか?

先人たちが作ったルールは、必ずしも正しいものではありません。

ルールの中で頑張るのではなく、ルールを作る側に回って自ら作り出す…。

社会は偉い人がルールを作っているので、そこを目指すべきだと思います。

 data-srcset
【生き方】人生はレールから外れた瞬間に新たな再スタートが始まる!自分の人生に違和感を感じている場合、人生のレールから外れるだけですべて変えられます。レールを外れることは、すごく怖いと感じるかもしれません。しかしいざレールから外れてみると、意外とあっけないものです。一歩踏み出すと、新たな出会いがたくさん待っているのです。...

型にはまらないための生き方や訓練について

型にはまらないためには、ルールに従うのではなくルールを作ることです。

そのためには、正解のない分野で、ひたすら自分の頭で考えることだと思います。

たとえ結果が出なくても、そこに至るまでの過程や思考のプロセスが大切です。

自身の頭で徹底的に考え抜くことで、型にはまらないオリジナルが生まれるのです。

正解のない分野で、ひたすら自分の頭で考える

面白いことや熱中体験をひたすら追求することで、他の人とは違う独自の強みを持つことができるのです。

↓↓型にはまらない男、新庄剛志の動画を貼っておきます↓↓(約1分の動画です)

スポンサーリンク

結果の先読みは厳禁!過程の深みや多様性を味わう

頭の良い人が往々にしてやってしまうことは、結果を先読みしてしまうことです。

どうせこんなことやっても大した結果は出ない…、早々に見切りをつけてしまうのです。

頭で考えただけの人と、実際に行動に移してやった人は、天と地ほどの差があります。

行動していく中での、思考のプロセスがとても大切だと思います。

 

哲学の世界では、結果よりも思考の過程や問いの設定の方がはるかに重要です。

結果なんてものは、むしろどうでも良いと言っても過言ではありません。

多くの人は、結果を求めるあまり早々に見切りをつけているのではないでしょうか?

結果至上主義の人こそ、結果という型にはまっているのではないでしょうか?

型にはめようとする紋切り型の言い回しに注意!

昨今、平易な言葉で簡単に言い切ったものに、多くの人が称賛しています。

分かりやすい言葉でシンプルに伝える意図は分かりますが、同時に歯ごたえのない安易な言葉に舵を切りすぎています。

これは本を読まなくなったことが1つの大きな要因だと思います。

思考を深めていく努力をしなければ、どんなにたくさん情報を仕入れても意味がありません。

 

古典や哲学書は、型にはまらない思考をしている典型例です。

型にはまらないからこそ、時代を経てもなおずっと生き残っています。

難しいからと敬遠するのは、食わず嫌いになっていて非常にもったいないです。

古典や哲学書にこそ、型にはまらない壮大な宇宙があると思います。

型にはまらず進化を続ける漫才の世界

漫才はすでに長い歴史があって、ある程度のフォーマットができています。

ボケとツッコミという2つの役割の人が、ひたすらしゃべるだけのシンプルな世界ですが、コンビによって、その手法は驚くほど違います。

漫才はいまもなお、現在進行形で進化を続けています。

漫才という制限された世界の中で、あらゆる手法で笑いが生まれているのです。

 

お笑いを突き詰めていくと、緊張と緩和、に行き着きます。

お笑いに対する答えは、ある意味で、もう出ていると言って良いでしょう。

それでも、いまなお多くの人がチャレンジし続けています。

先輩たちが培った型を踏襲し、新たな型を模索し続けているのです。

型にはまらない生き方を体現する

型にはまらない生き方をするためには、尖った生き方や行動に触れるのが1番です。

多くの人と出会って自分の頭で徹底的に考え抜けば、必ず何か見えてくるように思います。

型にはまらない生き方は、多くの人を引きつけ、大きな魅力があります。

学校の勉強ができる秀才タイプよりも、型にはまらない破天荒タイプの方が楽しいのです。

 

型にはまらない生き方は、言い換えればオリジナリティと言っても良いかもしれません。

誰にも真似できないオリジナリティは、唯一無二の貴重な存在です。

型にはまらないためには、常に新たな道を模索し続けることが大切です。

もっと型にはまらない生き方ができれば、人生はものすごく楽しいものになるのです。

 data-srcset
とりあえずやってみるが1番!成功に欠かせない大切なマインドについて!とりあえずやってみるというのは、成功に欠かせない大切なマインドです。サントリーの創業者である鳥井信治郎は、やってみなはれ、と言いました。創業から100年経ってなお、サントリーに息づいているチャレンジ精神なのです。...