本・雑誌

【再読】アーウィン・ショー『夏服を着た女たち』の感想 男の本音が満載!

 data-srcset

アーウィン・ショーの『夏服を来た女たち』は、何度も読み返したくなる珠玉の名作です!

わずか17ページの短編小説ですが、軽妙洒脱な会話が本当に素晴らしい!

 

やま
やま
何気ない男女の会話劇ですが、何度読み返してもすごいな~、と思います。

ニューヨークの町並みを、色とりどりの夏服を着た美しい女性が闊歩しています。

文章から華やかな様子が伝わってきて、想像するだけで楽しい気分になります。

 

やま
やま
この時代にこれほど洗練された小説があったのは、驚きの一言です!

『夏服を着た女たち』について見ていきます。

スポンサーリンク

『夏服を着た女たち』について

『夏服を着た女たち』は、アーウィン・ショーが26歳のときに書いた作品です。

最初に発表されたのは1939年で、いまから80年以上も前のことです。

第二次世界大戦よりも前の話と聞くと、そのすごさが分かるのではないでしょうか?

そんな時代に、これほど洗練されたおしゃれな小説が生まれているのが、純粋にすごいの一言です。

 

『夏服を着た女たち』を出版した頃、日本では以下のような小説が評判になっていました。

・島崎藤村『夜明け前』

・志賀直哉『暗夜行路』

・堀辰雄『風立ちぬ』

・太宰治『津軽』

いずれも素晴らしい作品ですが、『夏服…』とはあまりに違うテイストです。

日本とアメリカの間に、とてつもなく大きな差を感じさせられたりもします。

 

やま
やま
同じ時代とは思えない…、とにかくいろいろと差がありすぎです。

>サマードレスの女たち (小学館文庫)

『夏服を着た女たち』の感想について

『夏服を着た女たち』は、ある夫婦の何気ない会話で成り立っています。

 

夫のマイクルは、華やかな衣装を身にまとう女性たちに、つい視線を向けてしまいます。

妻のフランセスは、そんな夫をたしなめて、せっかくのデートだからわたしだけを見るように、と言います。

みんな綺麗だからつい見てしまう、というマイクル。

キレイとかスタイルがいいとか、いちいち言葉に出さないで欲しい、というフランセス。

 

ニューヨークの街並みは、きれいに着飾った女性たちであふれていたのだと思います。

周りがそんな華やかさに満ちていたとすれば、男性なら見ないわけがありません。

やま
やま
想像するだけで楽しそうなイメージをしてしまいます。

マイクルの言動は、恋愛における男の本音を、余すことなくさらけ出しています。

それを聞いてフランセスはイヤな思いをしますが、最後には、バチッと決まるオチが待っています。

 

『夏服を着た女たち』は当初、さまざまな賛否があったと言われています。

あまりに男性視点すぎるとして、女性からは非難の声が出ていました。

 

アーウィン・ショー自身は、ものすごく良いものが書けたと思っていました。

ただし奥さんに読ませることができず、ずっとひた隠しにしていたと言われています。

 

発表された時代を考えれば、なかなか理解することは難しかったのかもしれません。

男女の機微を捉えた作品として、本当に素晴らしい名作だと思います。

スポンサーリンク

『夏服を着た女たち』はおすすめ

『夏服を着た女たち』は短編集となっていて、ほかにも10篇が収録されています。

最後に収録されている『愁いを含んで、ほのかに甘く』は、大変素晴らしい作品です。

 

やま
やま
個人的には『夏服…』と『愁いを含んで…』が素晴らしかったです!

アーウィン・ショーの小説は、古びたところがなく、いま読んでも十分に耐えることができます。

興味のある人は是非とも読んで欲しいと思います。

>サマードレスの女たち (小学館文庫)