本・雑誌

渡邉美樹会長が繰り返し読んだ20冊の本はこれ!【がっちりマンデー】

 data-srcset
やま
やま
経営者ってどんな本を読んでいるのだろう?
ねこ
ねこ
やっぱり人が読まない本を読んでいるんじゃないか?

どんな本を読むのかというのは、人となりを知る1つの目安となります。

がっちりマンデーに出演した渡邉美樹会長が、テレビで本棚を公開していました。

経営者はどんなことを考えているのか?非常に興味深く見ることができました。

経営を志している人、事業を起こすことを考えている人は、とても参考になると思います。

がっちりマンデーで放送した様子について、見ていきたいと思います。

渡邉会長が繰り返し読んだ20冊は以下からジャンプできます。

>渡邉会長が読んでいる20冊を見てみる

スポンサーリンク

2020年2月23日放送のがっちりマンデーについて

2月23日放送の、がっちりマンデーで、渡邉美樹会長が出演していました。

居酒屋チェーン「和民」は、飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、労働環境が社会的な問題となり、客離れが起きてしまいました。

世間から大バッシングを浴びて、業績は低迷したのですが、その後少しずつ盛り返していきます。

かつて典型的なトップダウン、ワンマン経営だったものが、いまはボトムアップ型の経営に舵を切った様子が、伝えられていました。

渡邊会長は番組の中で、以下のように力強く言っています。

ボトムアップとトップダウンのハイブリッドでワタミは生まれ変わる!

居酒屋チェーン経営の難しさ

居酒屋チェーンの移り変わりは非常に激しく、目まぐるしく入れ替わります。

長く生き残り続けるのは、ほとんど無理ゲーに近いとさえ感じたりします。

いま勢いがあるのは、鳥貴族とか串カツ田中、といったあたりでしょうか?

5年後にはどうなっているのか分からない、恐ろしく厳しい世界です。

 

いままでさまざまな会社が、覇権を握ろうとさまざまな施策を打って出ました。

そういった中で、和民は大きな成功を収めた会社の1つではないでしょうか?

ところがその後の凋落を見ると、経営の難しさを感じずにはいられません。

大衆居酒屋の市場でマスを取るのは、本当に難しいことのようです。

スポンサーリンク

渡邉美樹会長の経営について

渡邉会長の経営手腕は、疑う余地は無いと思います。

一代で東証一部上場の大企業を築いたのは、非常に大きな成果です。

メディアへの露出も多く、名物経営者として広告塔の役割も果たしていました。

経営について賛否あるかもしれませんが、能力は大変素晴らしいと思います。

渡邉美樹会長が繰り返し読んだ20冊の本について

渡邊会長は2019年に参議院議員の任期を終えて、会長として和民に復帰しました。

経営者に戻ると決めたときに、もう1回本を読み直して、ワタミの事業戦略を立てたのです。

そのとき繰り返し読んだとされる20冊が、番組で本棚の映像が映し出されていました。

テレビ映像から拾ったものを、この場で紹介したいと思います。

やま
やま
わたしは1冊も読んだことがありませんでした。
ねこ
ねこ
経営者は考えていることが違うんだな~。

戦略経営論

ドラッガー365の金言

実践する経営者

amazon 世界最先端の戦略がわかる

MBA必読書

ストーリーとしての競争戦略

良い戦略、悪い戦略

チェーンストア経営の原則と展望

21世紀のチェーンストア

ブルー・オーシャン戦略

BLUE OCEAN SHIFT

コトラーのマーケティング

コトラーのマーケティング・コンセプト

原則中心

アントレプレナー

長く繁栄する同族企業の条件

マーケティング22の法則

ガゼル企業 成長の法則

MBA100の基本

競争優位の戦略

社長になるなら経営と戦略を学んだ方がいい!

2月23日放送のがっちりマンデーは、経営者の頭の中が垣間見える良い回でした。

経営とか戦略といった本は、なかなか手に取ることはありません。

経営者が読むビジネス書は、こういったものなのか、と非常に参考になりました。

名物経営者が読んでいる本を手に取って、成功にあやかってみてはいかがでしょうか?

ねこ
ねこ
経営って難しそうだな~。

事業を起こしたい人、経営を志す人など、参考になれば幸いです。