政治・経済

国会議員の歳費2割削減は実際のところいくらもらっているのか?

 data-srcset

新型コロナウィルスは、各地でさまざまな影響を及ぼしています。

国会議員は本当にちゃんと仕事をしているのか?疑問に感じる人は多いのではないでしょうか?

国会議員の歳費2割削減が、国会で正式に決まりました。

決定自体は良いことだと思いますが、まだまだやることは山のようにあると思います。

スポンサーリンク

国会議員がもらっているお金について

国会議員は大きく分けて、以下の4つのようなお金をもらっています。

・歳費(給料に当たるもの)…月額129万円

・文書通信交通滞在費…月額100万円

・立法事務費…月額65万円

・公設秘書2人分と政策秘書の1人分の給料

今回削減したのは歳費に当たる部分で、月額129万円の2割カットです。

ニュースを見る限りにおいて、身を切る改革を実行したように映るかもしれません。

歳費削減の決定自体は決して間違いではなく、評価して良いように思います。

ただし全体から見れば、これで身を削ったと言えるのかは大いに疑問です。

 

国会議員はいくらもらっているのか?について、別記事で綴っていますのでご覧下さい。

 data-srcset
国会議員の給料はいくらなのか?その金額は高すぎるのかを検証する!国会議員の給料は多いのではないか?そんな議論がたびたび起きています。 そもそも国会議員はきちんと国民のために働いているのか? ...

歳費2割削減したあとの手取りについて

丸山穂高議員は、自身のツイッターで給与明細書を実際に載せています。

コロナ前⇒手取り803,617円

コロナ後⇒手取り632,366円

これを多いと感じるか少ないと感じるかは、人によって違うと思います。

手取りが80万から60万に減るというのは、困らないけれど少し痛い、くらいの感じでしょうか?

2割削減を実際に目の当たりにすると、少しだけ痛みが分かりました。

わたしは明細を見て、むしろ税金の高さの方に目が向きました。

 

ただし国会議員は、歳費以外にもいろんなお金をもらっています。

特に文書通信滞在費の月額100万円は、コロナ禍において絶対に使わない膨大な額です。

歳費削減も良いですが、それ以上にしっかりと仕事をすることの方が、大事だと思います。

丸山議員は素行があまりよろしくない印象ですが、この情報は非常に有益です。

スポンサーリンク

歳費2割削減はあらゆる手段の1つに過ぎない

歳費削減の決定自体は、非常に良いことだと思います。

大変な国難を迎えている時期に、痛み分けをするのはある意味で当然です。

ところが以下の2点において、解せない部分もまた多いです。

・意思決定のスピードの遅さ

・歳費以外の部分にメスを入れないのか?

国難と言える状況においては、あらゆる手を尽くす必要があると思います。

使える手は何でも使う…、その意味において自らの身を削るのも1つの選択です。

ただし本質は減らすことではなく、それに見合った仕事を果たすことです。

簡単にできることで満足せず、価値ある仕事をしっかりとして欲しいと思います。

 

そもそも給料に見合った仕事をきちんとやっていれば、あまり文句は出ないと思います。

減らすことで仕事をしたと思わず、仕事でしっかりと還元して欲しいというのが切なる願いです。

 data-srcset
国会議員の給料はいくらなのか?その金額は高すぎるのかを検証する!国会議員の給料は多いのではないか?そんな議論がたびたび起きています。 そもそも国会議員はきちんと国民のために働いているのか? ...