自己実現

【書評】ダウンシフトする生き方は新たな価値を創造しているのか?

 data-srcset

ダウンシフトする生き方は、賛同する部分はとても多いです。

わたし自身、仕事を辞めるときに、髙坂勝さんの著作を読んでとても気持ちがラクになったことをよく覚えています。

しかし以下の部分は、明確に分けて考える必要があります。

・個人の活動範囲内で実践すること

・社会に当てはめて世の中に啓蒙していくこと

髙坂勝さんの著作を読んで感じたのは、この部分を混同しているように思います。

1作目はとても素晴らしい作品だったのに、2作目は読むに耐えない内容だったのです。

スポンサーリンク

『減速して自由に生きる』から学んだこと

高坂勝さんが書いた『減速して自由に生きる』は、個人的に思い入れのある本です。

わたしは仕事を辞めるときに、この本を何度も読みました。

ダウンシフターズという考え方は、当時の自分にはとても新鮮に写りました。

 

既存の価値観に抵抗しながらも、自分の道を進んでいこうとする、信念と葛藤の気持ちが、仕事を辞めるわたしと重なりました。

仕事に悩んでいる人、自分の生き方に疑問を持っている人、さまざまな人に寄り添う、とても素晴らしい著作だと思います。

わたし自身、随分とこの本に救われたように思います。

仕事がつらいときはダウンシフトする!

高坂勝さんは元百貨店の社員でした。

わたしの前職も百貨店の社員なので、エピソードにとても親近感を持ちました。

仕事がつらくて辞めたいけれど、今後どうすればいいのか?

さまざまな苦悩が綴られていて、自分自身と重ね合わせたりしました。

 

自分と似たような境遇にあって、わたしより早く飛び出した人がいると知って、ある意味、とても勇気をもらいました。

高坂さんはその後、池袋の片隅で小さな店を持ち、自分のペースでゆったりと営業します。

そんな生活をしている人が、心底うらやましく感じたりもしました。

スポンサーリンク

ダウンシフトは既存価値の否定なのか?

高坂勝さんにはとても期待していたのですが、2作目で見事に裏切られました。

わたしが期待している内容とは、ほど遠いものでした。

経済成長を否定したり、お金持ちを非難したり、やや過激な内容となっています。

過激な理念によって突き動かされている、活動家による啓蒙書みたいな本です。

 

ものすごく簡単に言ってしまえば、田舎で自給自足暮らしを勧める本です。

経済最優先の世の中に疑問を投げかけて、次代の新たな生き方を提示しています。

既存の物事の否定は良いのですが、それに代わる新たな価値は見当たりません。

大切にしようとしているものが、ものすごく抽象的で曖昧なのです。

資本主義に対するわたしの考え

わたしはこの作品に対して、まったく共感することができませんでした。

それどころか、むしろ嫌悪感すら感じる内容だったと思います。

 

わたしも経済最優先の世の中は疑問を感じています。

お金がすべてのような価値観に人々が疲れていて、ひずみが生じているのは確かです。

ただし、著者の取り組みを手放しに賛同することはできません。

世捨て人のような発想で既存の物事をことごとく否定し、自ら選んだ不自由な暮らしを、無理矢理正当化しているように感じました。

 

田舎暮らしのスロー生活が過度に美化されていて、わたしにはついていけません。

どんな生き方をするのも個人の勝手ですが、それが思想になって啓蒙し、次々に伝播していくのが、わたしはとても怖いと感じたりするのです。

高坂勝さんの発言と、口コミについて

高坂さんは著作の中でこんなことを問いかけています。

「プロ野球選手が何億もの年俸を稼いでいて、人間としての価値が何倍もあるのか?」

しかし、プロ野球選手の価値を計る手段として、お金以外に他に何かあるのでしょうか?

専門家の視点からすれば、いろいろと説明することはできるかもしれません。

カーブのキレがすごいとか、豪速球が投げられるとか、詳細な解説をすることができます。

ただ、誰もが明確に分かる価値の尺度は何かと考えたときに、結局はお金でしか計ることはできないのではないでしょうか?

 

わたしにはこの本の良さがさっぱり理解できませんでした。

ところがこの作品は、アマゾンの口コミで、大変な高評価であふれているのです。

さらにツイッターの口コミにも、これらを称賛する声があります。

ダウンシフターズは、いまのところ既存の価値の否定しかできていないと思います。

その先に何か新しい価値があるのかと言うと、何も示せていません。

このままでは文句だけ言って対案を示さない、野党の政治家と同じです。

 

個人が減速するのは良いですが、みんなが一斉に減速を始めたときに、果たしてその先に幸せが待っているのでしょうか?

みんなが一斉にサボって、社会が回らないほどになったときに、多くの人に待っているのは、圧倒的な不幸です。

それを喜ぶのは、混乱を待ち望んでいる一部の過激な人だけです。

 

社会の発展を捨てた未来に待っているのは、貧困化、後進国化です。

日本がますます凋落していき、世界から相手にされなくなっていくのです。

もしかしたら中国の圧倒的な軍事力によって、領土を奪われるかもしれません。

ダウンシフトを社会で実践したら、待っているのはとてつもなく暗い未来なのではないでしょうか?

 

減速して果たして幸せになれるのでしょうか?

個人で実践するのは良いですが、社会に当てはめるのは絶対に違うと思うのです。

 

問題提起としては素晴らしい本ですが、ちょっとツッコミどころがあり過ぎて、全然共感することができませんでした。

 

スローライフやビーガンといったものも、似たようなものを感じたりします。

それ自体は、大変素晴らしい取り組みだと思いますが、ただどうしても、個人で勝手にやって欲しい、と感じてしまうのです。

周りを次々と巻き込んでいき、しまいには既存のものを否定、攻撃を始めたりします。

宗教や思想などの考え方は、それぞれ自由であるべきだと思いますが、だんだんと理念に基づいて過激化するのが、すごく怖いと感じたりするのです。

お金の持つ意味について

高坂勝さんは、お金をたくさん持っていても意味がない、と言った趣旨のことを繰り返し言っています。

わたしは「お金がすべてではない」といった主張に対して思うのは、お金の力を軽視しすぎだということです。

お金が無くても豊かに暮らしていける、というのは、個人には当てはまることかもしれません。

ただ社会全体に当てはめていくと、その主張は単なるきれい事に過ぎません。

お金があれば多くの力を手にすることができるし、お金によって解決できることはたくさんあるのです。

 

お金がモノを言うなんていうのは、国際情勢を例に取っても明らかです。

中国がこれほどまでにニュースとして取り上げられるようになったのは、急激な経済成長によって、経済大国に登り詰めたからです。

いまから10年~20年前は、中国がこんなにもニュースになることはありませんでした。

その中国に日本はどのように付き合っていけば良いのでしょうか?

日本は隣国に巨大な独裁国家があるという危機感を、もっと持たなければならないと思います。

 

スローライフやダウンシフターズという考え方は、ある面でとても賛同するところが多いです。

ただし厳しい見方をすれば、ダウンシフターズはいろいろと理屈をこねて、ただ逃げているだけのようにも見えるのです。

人里離れた田舎に引きこもり、お金に頼らずに自給自足の生活を送るというのは、決して否定するものではありません。

もちろん世の中がつらいのであれば、逃げるという選択肢があってもいいと思います。

ただし忘れてはいけないのは、わたしたちは資本主義の世界に生きているということです。

資本主義の世界で生きている以上は、競争が基本原理なのです。

 

ダウンシフターズという生き方は、いろいろと考えるきっかけを与えてくれます。

わたし自身は賛同しないけど、考え方の1つとしてあっても良いと思うのです。

ダウンシフターズという考え方を突き詰めていくと、結局は資本市議との対立にぶち当たるような気がします。

個人の主義や信条は人それぞれなので、決して糾弾するものではありません。

ただその考え方を国や社会に当てはめて、生き方をなぞらえるのは、わたしはどうも違うような気がして仕方がないのです。

減速することも大事だけど、わたしはもっと成長することを望んでいます。

個人としても国としても、そんな姿勢でありたいと思っているのです。