自己実現

初耳学 働きたくない高学歴ニートを見て感じたこと

 data-srcset

高学歴ニートに思うことは、とことん根性を見せて欲しい、ということです。

中途半端にイキっているのは、ものすごくダサいので辞めた方が良いです。

大人から顔をしかめられて、若者からも支持されないというのは、一番最悪です。

一般社会とは違う道を歩んでいるのだから、とことん突き抜けて欲しいのです。

 

頭の回転が速い、理屈ばかりが先行する高学歴ニートは、ものすごく面倒です。

会社にいたら、おそらくもっとも嫌われる存在だと思います。

それをすべて跳ねのけて黙らせる方法は、たった1つしかありません。

圧倒的な努力をして、実績で目の前に示すことなのです。

 

うまくいかずに、社会のせいとか教育のせいにするのが、1番最悪なのです。

スポンサーリンク

高学歴ニートの屁理屈には誰も興味はない

高学歴ニートの屁理屈には、誰も何の興味もありません。

文句があるならやるべきことをやってから言え、ただそれだけです。

人は早かれ遅かれ労働に従事するので、わたしはつべこべ言わず働けばいい、と思います。

働くのがイヤというその一点において、絶対に譲らないというのは、ある意味ですごいです。

 

わたしも学生の頃「働いたら負け」と言っている人が周りにいました。

この価値観はいまでも学生の間に一定数あるように思います。

労働に意味はない、仕事がダルい、自分のやりたいことではない・・・。

働きたくない理由はいろいろありますが、だいたいは考えすぎなのです。

 

何かを否定して自分を保つという姿勢は、ダサいと認識するべきです。

既存の価値観を否定して、自分を安心させているだけに過ぎません。

否定ばかりしている人は、誰も何の共感も得ることはできません。

高学歴ニートで逃げると決めたなら、気合いを入れてとことん逃げるべきなのです。

高学歴ニートには時間という最強の武器がある!

2020年1月に放送した初耳学では、武井壮が先生として出演していました。

武井壮はニートをとことん突っ走ってきた、代表格と言っても良い人です。

武井先生は時間という最強の武器を活かせ!と主張していました。

高学歴ニートとの対立はほとんどなく、普通の授業みたいになっていました。

 

要約すれば、時間という最強の武器を使って、のし上がれという激励でした。

裏を返せば既存のレールがイヤなら、それ以外で活路を見い出すしかありません。

橋下さんが出たときもそうでしたが、結局はスネをかじり尽くすことではないでしょうか?

中途半端にフワフワするのではなく、ニートをするなら腹を括って徹底的にやれ、ということに落ち着くように思うのです。

スポンサーリンク

高学歴ニートの道をとことん進んで逃げ切れるまで逃げ切れ!

どんな物事でもそうですが、気合いと根性が足りないように思います。

少し前に、芸能人の不倫が世間を賑わせていましたが、この人と一緒にならなければ死ぬ、くらいの根性を見せた人は1人もいませんでした。

不倫はいけないことですが、愛する姿勢をとことん見せて、あんなこと言われたら死んでもいい、反対側からそういった共感の声も出るくらい、本気の人はいないのでしょうか?

それくらいの熱いものを、見てみたいと思うのです。

 

高学歴ニートも、あまりある時間で何かを完成させて欲しいと思います。

この歳までに目標を達成するという区切りをつけて、死ぬ気で取り組めば良いのではないでしょうか?

就職したくない、働きたくない、単に逃げているだけで甘えているのであれば、非難されて当然です。

社会の中で生きている以上、そういった視線から逃れることはできません。

高学歴ニートは好きに生きれば良い!

「自分の人生に悔いはない」そう言い切れるのが、もっとも良い人生です。

働いていようとニートだろうと、人の人生は等しく限りがあるのです。

乙武先生も言っていましたが、最終的にはそれに尽きると思います。

自分で納得できるかどうかが、いちばん重要なのではないでしょうか?

 

ニートのまま社会に貢献しない生き方をしていけば、単なる社会のお荷物です。

社会的に評価されなくても、何も文句を言うことはできません。

日本は格別働いていない人に厳しい・・・、とは思いません。

高学歴ニートをとことん突き詰めていけば良いと思うのです。

やることとやらないこと
やらないことを決めるとお金や時間が増えて人生はうまくいく!人は何をやるかよりも何をやらないかの方が、はるかに重要です。やらないことを決めると、人生はうまく回っていきます。新しいことに目移りして、いままでのことをそっちのけにしてしまう人が非常に多いです。...