自己実現

頑張らない方がうまくいくは事実!人生を快適に生きる術を見つける!

 data-srcset

世の中には頑張っても報われない人がいる一方で、頑張らなくても報われる人がいます。

不平等は世の常ですが、なぜこういった差が生まれるのでしょうか?

これはわたしの考えですが、頑張らない人の方が合理的な判断を下すことにあると思います。

頑張らない人の方が、抜け穴とか自分に合ったルールを見つけようとするのです。

 

そもそも頑張らない人は、努力とか根性といったものが嫌いです。

我慢できないのを正当化するために、自分に合う方法を必死で考えます。

うまく見つけ出して体系化できた人が、頑張っていないのにラクに生きられるのです。

努力は決して否定しませんが、頑張らないというのも立派な戦略の1つなのです。

 data-srcset
【生き方】人生はレールから外れた瞬間に新たな再スタートが始まる!自分の人生に違和感を感じている場合、人生のレールから外れるだけですべて変えられます。レールを外れることは、すごく怖いと感じるかもしれません。しかしいざレールから外れてみると、意外とあっけないものです。一歩踏み出すと、新たな出会いがたくさん待っているのです。...

スポンサーリンク

頑張らない方がうまくいく理由とは?

どんなことにも全力で頑張るというのは、裏を返せばエネルギーの向け方が下手な人です。

努力は決して無駄だとは思いませんが、すべて尊いことだとするのは非常に危険です。

頑張った人が偉いといったことは、絶対にありません。

むしろ頑張らない人から学ぶことの方が、いろいろとあるはずなのです。

 

頑張らない人は頑張らないなりに、さまざまなことを考えています。

頑張らずに結果を出す方法を何とか見つけ出して、それを忠実に実行しています。

頑張らない人は、裏で誰よりも考えていることを決して口にしません。

結果、頑張っている人よりも頑張らない人の方が、戦略に長けていたりするのです。

 data-srcset
人は「自分ごと」として捉えたものに対して異常な力を発揮する!自分ごととして捉えている人はみんな真剣です。人は自分の身に降りかかるとなると、異常なほど力を発揮します。 組織が疲弊しているというのは、能力がないのではなく、人の力をうまく引き出せていないだけです。...

頑張らない方がアイデアが浮かびやすい

良いアイデアが思い浮かぶのは、頑張っているときよりも、リラックスしているときの方がはるかに多いです。

頑張って考え込んでしまうと、脳が萎縮して考えが凝り固まってしまいます。

頑張っても頑張らなくてもさほど変わらないなら、頑張らない方がずっと戦略的です。

次に何かが思い浮かぶ瞬間を絶対に離さない…、そういった心構えの方が重要だと思います。

 

頑張ることも大切ですが、時と場合によっては逆効果をもたらすこともあるのです。

真面目な人は、こんなに頑張っているのに結果が出ない、そうやって自分を追い詰めてしまいます。

一方で頑張っていない人は、常日頃から自分の努力不足を自覚しています。

努力を別の何かで補って、結果的に帳尻を合わせたりしているのです。

スポンサーリンク

頑張らずにうまくいく方法を見つけていく

頑張って何かを掴み取ることは、ものすごく立派で尊いことだと思います。

うまくいった経験は自信となって、次に繋がる大きな一歩となるのです。

ところが人生には、頑張らなくてもなぜかうまくいく、といったことがあったりします。

これを見つけ出すことができれば、人生はかなりラクに生きることができます。

 

誰にでも1つや2つは、人より秀でたものが必ずあります。

頑張っていないのに何となくできてしまった…、これはものすごい武器です。

頑張らずにうまくいくことが見つかれば、人生はとてもラクに生きていけます。

しかし簡単にうまく行ったのをいいことに、頑張る人をバカするのはNGです。

 

頑張ってもうまくいかない人は、世の中に山のようにいます。

頑張らずにうまくいく方法が見つけられたのは、単なる偶然に過ぎません。

頑張ったことも頑張らなかったことも、しょせんはその人の運です。

運が良かったと言って謙虚にしていれば、周りも納得してくれます。

やることとやらないこと
やらないことを決めるとお金や時間が増えて人生はうまくいく!人は何をやるかよりも何をやらないかの方が、はるかに重要です。やらないことを決めると、人生はうまく回っていきます。新しいことに目移りして、いままでのことをそっちのけにしてしまう人が非常に多いです。...

頑張ることの悪い面について

日本人は頑張っている人に対して、ものすごい賛辞を送ったりします。

頑張ることが正しい!という教育をずっと行っていて、大人になってもその価値観は変わりません。

でも一方で、頑張ることによって生み出される悲劇も、少なからずあるように思います。

無理して頑張った結果、不幸な結果を招いてしまう…、そんな事例は思いのほか多いのです。

 

頑張るのも頑張らないのも、あくまでもそのときどきの事象に過ぎません。

感情を入れすぎてしまうと、どうしても冷静な判断ができず見誤ってしまったりします。

頑張ることで必ず報われる…、そんな考えは絶対に捨てた方が良いと思います。

頑張るのも頑張らないのもすべて自由で、それに対する見返りを求めてはダメなのです。

頑張らずにやるためには仕組みづくりが必須!

頑張らないでうまくいくためには、うまく回すための仕組みづくりが必須です。

成功者は往々にして、自分が頑張らなくてもうまく回る仕組みを持っています。

しかし、この仕組みづくりがものすごく難しくて、一朝一夕でできるものではありません。

そもそも人にやってもらうのは、自分でやるよりも多大な労力がかかります。

 

まずは自分が手本となって、方向性やビジョンなど、行動で示していかなければなりません。

想定外の出来事がしょっちゅう起きて、一つずつ対処していかなければなりません。

頑張らないことを目指すために、ものすごく頑張らなければならない段階が必ずあります。

それを乗り越えた先に、初めて頑張らなくても回っていく仕組みが出来上がるのだと思います。

頑張らない方がうまくいくが分かるおすすめ本

頑張らない方がうまくいくことを、著作で詳しく綴っている本があります。

 

頑張ってうまくいくのに越したことはありませんが、力を入れるばかりでは忘れてしまうこともあります。

ときには頑張らないという本を読んでみるのもおすすめです。

頑張らない方がうまくいくを軌道に乗せる!

頑張ってうまくいったことは、ものすごく尊いことです。

しかしもう一歩踏み込んで考えると、頑張らないでうまくいくことの方が重要です。

自分は頑張らず、周りに頑張ってもらう仕組みを作るのです。

会社の経営のほとんどは、この仕組みづくりに集約されています。

 

世の中は頑張りすぎている人がとても多いです。

少しは冷静なって頑張らずにうまくいく方法を考えてみてはいかがでしょうか?

押してもダメなら引いてみるのは、行き詰まったときの対処法の1つです。

頑張ってもダメなときは、頑張らないという選択もすごく大切なのです。

 data-srcset
【人生論】型にはまらない生き方をするために大切にしたいこと!型にはまらない生き方をしたい、という人が増えています。ところが実際はほとんどの人が、型にはまって生きているのです。日本は昔からずっと、型にはめる教育を行っています。多様性を求められる現代に、必ずしも合っているとは言えません。...