自己実現

【事実】すぐにやる人は圧倒的に少ない!成功のためにはいまからやる!

 data-srcset

成功している人の特徴を見てみると、何にもとらわれずにすぐにやる、という人が圧倒的に多いと思います。

明日やろうとか明後日には頑張る…、そんな風に言っても、実際はほとんどの人がやりません。

先延ばしにしているうちに、いつの間にか歳を重ねていきます。

いまを生きなければ、人生なんてあっという間に終わってしまうのです。

 

多くの人は、やっても意味がないとか、時間の無駄だとか、いろいろとやらない理由をつけます。

そんなことを言っている暇があれば、成功者はどんどんと先に進んでいってしまいます。

成功するための条件は、いつだってシンプルです。

考えるよりも先に行動する!そしてそれを誰よりも速くやった人が勝ちなのです!

 

日本電産の創業者である永守会長は、自身の会社で以下のような三代精神を掲げています。

  1. 情熱、熱意、執念
  2. 知的ハードワーキング
  3. すぐやる、必ずやる、できるまでやる

わたし個人としては「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」がものすごく好きです。

なにはともあれまずは行動する!こういった精神があれば、たいていのことは乗り越えられるのです。

スポンサーリンク

すぐにやる人の行動について

すぐにやる人については、大きく3つの特徴があります。

良い部分もあれば悪い部分もありますが、成功のためには必須かもしれません。

後先考えない

すぐにやる人は、考えるよりも先に行動することが多いです。

その場のノリと勢いを大切にして、なりふり構わず動き回ったりします。

その分やけどを負うことも多いですが、考えることによって行動が抑制されたら意味がありません。

とりあえずまずは行動をしてみて、あとから冷静になって考えれば良いのではないでしょうか?

痛い目に遭ってから気付く

すぐにやる人は、失敗したらどうしようとかいちいち考えていません。

誰にも頼まれてもいないのに、ノリと勢いでどんどん行動に移してしまいます。

手綱を引いてコントロールしてくれる人が、身近にいないと収拾がつきません。

お灸を据えて痛めつけられないと、気付かない人が非常に多いのです。

周りが見えていない

すぐにやる人は、無我夢中で突っ走る傾向が強いです。

結果、周りにどう思われようと、全然関係ありません。

これには、周りの意見に左右されないという良い面と、周りの意見を聞き入れないという悪い面、両方あります。

成功のためには必須ですが、単なる頑固者にならないように注意が必要です。

 data-srcset
とりあえずやってみるが一番!成功に欠かせない大切なマインドについて!とりあえずやってみるというのは、成功に欠かせない大切なマインドです。サントリーの創業者である鳥井信治郎は、やってみなはれ、と言いました。創業から100年経ってなお、サントリーに息づいているチャレンジ精神なのです。...

すぐにやる人がチャンスを掴む3つの理由

すぐにやる人は普通の人と比べて、多くのチャンスを掴みます。

挑戦回数が多い

すぐにやる人は単純に挑戦回数が多いのです。

打席に立って感覚を身につけていくうちに、だんだんとうまくなっていくのです。

数が多ければ多いほど、成功の確率は高まっていきます。

打順が回ってくるまで待つのではなく、すべて自分が立つくらいの姿勢が良いのです。

失敗を恐れない

すぐにやる人は失敗を恐れていません。

『死ぬこと以外かすり傷』という本がありましたが、常に挑戦している人のマインドは、わりとそれに近いものがあります。

失敗は常に付きものなので、いちいちヘコんでいたら身が持ちません。

失敗とうまく付き合うくらいの気持ちでちょうどいいのです。

常にアンテナを張っている

すぐにやる人は、常に行動のきっかけになることを探しています。

いざ見つけたときに、すぐに行動したり、メモを取ってあとから見返すなどを習慣にしています。

日常の何気ないことから、チャンスを生み出す力に長けているのです。

スポンサーリンク

すぐにやるを習慣づけるために必要なこと

すぐにやるという行動に、これといった準備は必要ありません。

ところが、ある種のマインドは必要になると思います。

日頃から不安を取り除いておく

すぐにやるを実践するためには、日頃から安定した精神状況を保っておかなければなりません。

不安に駆られている状態では、行動に移す気力が起きません。

心と体が健康な状態でいられるように、いろいろと気を配っておくことが重要です。

最初からうまくやろうとしない

すぐにやるときに重要なのは、最初からうまくやろうとしない、ということです。

最初から完璧にできる人なんて、この世に1人もいません。

あとから見返すと、あまりの出来の悪さに恥ずかしくなってきます。

そこから反復練習を繰り返すことで、少しずつ上達していくのです。

先延ばしにしない

すぐにやると決めた場合、何事にも増して真っ先に取りかかるのが重要です。

先延ばしにしたり、明日や明後日に改めてやる、というのは意味がありません。

多くの人はいろいろと都合をつけて、先延ばしにしてしまいます。

いまやらないで一体いつやるのでしょうか?

有名予備校講師ではありませんが、いまでしょ!というのが答えです。

すぐにやることの大切さが分かる本

すぐにやることの大切さを説いた本があります。

すぐにやる人がうまくいく理由について、分かりやすく解説しています。

すぐにやって悪いことは1つもありません。

すぐにやるを普段から意識付けしていれば、必ず良いことが起きるのです。

すぐにやることで未来を切り開いていく

すぐにやるを徹底してやり抜けば、夢は必ず実現することができます。

それを聞くと、当たり前すぎて話にならない、という人もいるかもしれません。

しかし人は、当たり前のことさえも本当にできないものなのです。

 

テクノロジーや新たな技術革新は、誰よりも先にやった人が、未来を切り開いています。

どんな分野でも、どんな物事でも、すぐにやるを意識していれば、必ず成果をあげることができるのです。

すぐにやるのに、必要なスキルやノウハウはありません。

普段から何事もすぐにやるを意識していれば、すべて実現可能なのです。

 data-srcset
とりあえずやってみるが一番!成功に欠かせない大切なマインドについて!とりあえずやってみるというのは、成功に欠かせない大切なマインドです。サントリーの創業者である鳥井信治郎は、やってみなはれ、と言いました。創業から100年経ってなお、サントリーに息づいているチャレンジ精神なのです。...