映画批評

映画『寝ても覚めても』は最高の出来栄えだけど関西弁が不自然!

 data-srcset

18年のカンヌ映画祭は、日本人にとってとても印象に残る回となりました。

是枝監督の『万引き家族』が見事、最高賞のパルムドールを受賞したのです。

カンヌ映画祭の前、『万引き家族』以上に高い評判の映画がありました。

それが濱口竜介監督の『寝ても覚めても』です。

 

カンヌ映画祭は『寝ても覚めても』がパルムドールを獲るのではないか?

一部の映画関係者の間では、そんな風にささやかれていました。

結果は残念でしたが、『寝ても覚めても』は本当に素晴らしい作品なのです。

わたし自身、『万引き家族』よりも『寝ても覚めても』の方が面白いと感じました。

引用:寝ても覚めても公式HPより

 

スポンサーリンク

『寝ても覚めても』を動画で観るには

『寝ても覚めても』は、DVDで発売しています。

 

DVDを買っても観るのも良いですが、動画配信で観るのがおすすめです。

『寝ても覚めても』は、アマゾンプライムビデオとU-NEXTで配信しています。

・アマゾンプライムビデオ

・U-NEXT

アマゾンプライムビデオ

アマゾンプライムビデオでは、取り扱いはありますがレンタルという扱いになります。

アマゾンプライムビデオの会員になり、さらにレンタルで500円支払えば視聴することができます。

レンタル期間は30 日間で、一度視聴を開始すると48 時間でレンタル期間が終了します。

やま
やま
アマゾンプライムビデオは、ほかにもさまざまなコンテンツが揃っていておすすめです。

>Amazonプライムビデオを30日間無料体験する

U-NEXT

U-NEXTの場合、月額1,990円会員になれば、観ることができます。

初月はお試し期間として、31日間無料で視聴できるのでおすすめです。

U-NEXTは14万本もの豊富なコンテンツが揃っていて、最新作もいち早く楽しめるので、映画好きにはとくにおすすめです。

>U-NEXTを31日間無料体験をしてみる

『寝ても覚めても』のあらすじ、キャスト、予告について

『寝ても覚めても』は、以下のようなあらすじとなっています。

<あらすじ>

東京。

丸子亮平は勤務先の会議室へコーヒーを届けに来た泉谷朝子と出会う。ぎこちない態度をとる朝子に惹かれていく亮平。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながら朝子も惹かれていく。しかし、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、2年前に朝子が大阪に住んでいた時、運命的な恋に落ちた恋人・鳥居麦に顔がそっくりだったのだ――。

5年後。

亮平と朝子は共に暮らし、亮平の会社の同僚・串橋や、朝子とルームシェアをしていたマヤと時々食事を4人で摂るなど、平穏だけど満たされた日々を過ごしていた。ある日、亮平と朝子は出掛けた先で大阪時代の朝子の友人・春代と出会う。7年ぶりの再会。2年前に別れも告げずに麦の行方が分からなくなって以来、大阪で親しかった春代も、麦の遠縁だった岡崎とも疎遠になっていた。その麦が、現在はモデルとなって注目されていることを朝子は知る。亮平との穏やかな生活を過ごしていた朝子に、麦の行方を知ることは小さなショックを与えた。

一緒にいるといつも不安で、でも好きにならずにいられなかった麦との時間。
ささやかだけれど、いつも温かく包み、安心を与えてくれる亮平との時間。
朝子の中で気持ちの整理はついていたはずだった……。

引用:寝ても覚めても公式HPより

<キャスト>

丸子亮平/鳥居麦:東出昌大

泉谷朝子:唐田えりか

串橋耕介:瀬戸康史

鈴木マヤ:山下リオ

島春代:伊藤沙莉

岡崎伸行:渡辺大知

平川:仲本工事

岡崎栄子:田中美佐子

スポンサーリンク

『寝ても覚めても』の感想について

『寝ても覚めても』のヒロインは、身も蓋もないこと言ってしまえば、かなりイタイ女です。

街ですれ違った人に勝手について行くし、パーティーを抜け出してどこかに行ってしまうし、一体何を考えているのか分からず、不可解な行動が多すぎます。

身近にいたら、かなり嫌だな、と思ってしまうタイプです。

 

ところが、なぜか放っておくことができません。

唐田えりかという女優が、とにかく役にピッタリ合っているのです。

危うくて見ている方もドキドキしますが、映画では男を振り回し続けています。

彼女の魅力がこれでもかというくらいにビンビンと伝わってくるのです。

 

唐田えりかという女優を全然知らなくて、あとからいろいろと調べました。

有村架純の後輩で、これから活躍が期待される若手女優とのことでした。

いまどきのかわいらしい女性ですが、フィルムでは男を翻弄し続けていきます。

見ているこちら側も、どんどん惹かれていくことに気づくのです。

『寝ても覚めても』は恋愛映画?たどたどしい関西弁の意味は?

『寝ても覚めても』をジャンル分けすると、恋愛映画になるのかもしれません。

しかし一般的な恋愛映画とは、明らかに一線を画しています。

全体的に不穏な空気が漂っていて、どこか怖さすら感じてしまうのです。

ひとクセもふたクセもあって、全然普通ではないのです。

 

むしろ、スリラー映画とかホラー映画と言った方が近いと思います。

これほどジャンル分けが意味を為さない映画は、なかなか見当たりません。

 

『寝ても覚めても』は文学作品の映画化です。

文学作品の映画化は、脚本がきちんとしている一方で、どこか堅くて文学臭さが抜けていないものがあります。

『悪人』や『わたしを離さないで』といった映画は、文学としては素晴らしいですが、映画として成功しているのかと言うと、少し疑問に思うことがあります。

原作に縛られて、伸び伸びと映画を撮っていない、と感じることが多いのです。

 

『寝ても覚めても』は、何の違和感もなく普通に鑑賞することができました。

わたしの個人の主観ですが、『寝ても覚めても』は、純文学を映画化したものの中では、出色の出来なのではないでしょうか?

 

非常に賛否の分かれる映画だと思います。

彼女の行動がまったく理解できないし、気持ち悪いからイヤ、という人もいれば、ものすごく分かる、と共感できる人もいると思います。

わたしは彼女の行動が全然分かりませんでしたが、もしかしたらあり得るかもしれない、と思うところも随所に見られて、この不穏な空気がクセになるのです。

この監督の演出の手腕は、相当すごいと思います。

 

ちなみにこの映画の魅力(?)として、たどたどしい関西弁にあります。

『寝ても覚めても』で出てくる関西弁は、相当おかしなものが次々と出てきます。

ネイティブの関西人がサラッと言う関西弁ではありません。

関東人が無理やり関西弁で演技したような、ぎこちない話し口調が続いていきます。

 

あれは果たして演出だったのでしょうか?

それともあれしかできなかったのでしょうか?

実際のところはよく分かりません。

関西人の自分としては、かなりツッコミを入れたくなる会話の連続でした。

『寝ても覚めても』の口コミ、評判について

『寝ても覚めても』は、口コミでも大きな話題となっています。

濱口監督の映画作品が面白い!

『寝ても覚めても』は、目が覚めるような本当に素晴らしい作品でした。

近年観た映画の中で、もっとも面白かったものの1つです。

濱口竜介監督は、『寝ても覚めても』の前に『ハッピーアワー』という5時間を越える超長尺映画を撮っています。

この映画が本当に素晴らしくて、限られた紙面では語り尽くせないほどです。

濱口監督は、いまもっとも面白い映画を撮る監督の1人です。

今後も期待のできる、素晴らしい監督だと思うのです。

 

『寝ても覚めても』は、アマゾンプライムビデオとU-NEXTで観ることができます。

本気でおすすめできる素晴らしい映画なので、是非ともご覧ください。