映画批評

【必見】中野量太監督『長いお別れ』は心温まる家族映画!

 data-srcset

映画『長いお別れ』は、家族を描いた素晴らしい作品でした。

中野量太監督は前作『湯を沸かすほどの熱い愛』があまりに素晴らしかったので(この映画は本当に傑作です!)本作もすごく期待が高まっていたのですが、期待を裏切らない見事な出来栄えでした。

数ある家族映画の中でも、屈指の完成度を誇る素晴らしい作品です。

蒼井優、竹内結子、山﨑努、松原智恵子、という豪華俳優陣も見どころの1つです。

中野量太監督は、今後も期待が高まる注目の映画監督です。

映画『長いお別れ』を観た感想についてお伝えします。

スポンサーリンク

映画『長いお別れ』の概要

映画『長いお別れ』の詳細は以下のとおりです。

あらすじ

父の70歳の誕生日。

久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。

それぞれの人生の岐路に立たされている姉妹は、思いもよらない出来事の連続に驚きながらも、変わらない父の愛情に気付き前に進んでいく。

ゆっくり記憶を失っていく父との7年間の末に、家族が選んだ新しい未来とは?

引用:劇場パンフレットより

キャスト

東芙美:蒼井優

今村麻里:竹内結子

東曜子:松原智恵子

東昇平:山﨑努

今村新:北村有起哉

磐田道彦:中村倫也

今村崇:杉田雷麟

監督

中野量太

<フィルモグラフィー>

2000年 バンザイ人生まっ赤っ赤。

2006年 ロケットパンチを君に!

2007年 ウチの〇〇知りませんか?

2007年 お母チャンからの電話

2008年 水辺のお兄チャン

2009年 琥珀色のキラキラ

2013年 チチを撮りに

2013年 沈まない三つの家

2013年 お兄チャンは戦場行った!?

2016年 湯を沸かすほどの熱い愛

2019年 長いお別れ

原作、主題歌

原作は中島京子さんの著作です。

主題歌は優河「めぐる」です。

映画『長いお別れ』の感想、レビュー

※以下はネタバレを含みますのでご注意下さい。

映画『長いお別れ』は、社会問題になりつつある認知症がテーマの物語です。

親の介護という、誰の身にも起きる普遍的なことを、暖かい眼差しで描いています。

認知症の父親は、葬式で大声をあげてしまったり、突然どこかにいなくなってしまったり、いろいろと問題を起こします。

それに文句を言わず家族みんなで励ましながら、世話をしたり、いろんな場所に出掛けたり、奮闘する様子が描かれています。

 

介護の大変さはもちろんですが、娘たちもそれぞれ自身の悩みを抱えています。

蒼井優演じる東芙美は、カフェを開くという夢や恋愛がうまく行かずに悩んでいます。

竹内結子演じる今村麻里は、慣れない海外生活や、旦那と息子との関係があまり良くないことに気を揉んでいます。

今後、親の介護をどうするのか、娘2人がカフェで話し合うシーンは、とてもリアルです。

 

母親は明るく気丈に振る舞っていますが、裏では大変な思いをしています。

網膜剥離にかかってしまい、うつ伏せのまま過ごす様子などが描かれています。

一番大変な思いをしていると想像できますが、苦労している描写はあまりありません。

この物語で一番たくましいのは、母親なのかもしれません。

 

父親はもともと学校の先生で、校長先生まで務めた立派な人でした。

しつけや教育に人一倍厳しい、とても厳格な人柄だったのです。

父親のことをたしなめながらも、尊敬してやまない様子がすごく伝わってきます。

棘がなくて安心して見られる、素晴らしい作品です。

 

映画『長いお別れ』で、個人的に好きなシーンとして以下の3つがあります。

・誕生日には家族の習慣として必ず三角の帽子をかぶるというシーン

・父親が書いた「エリザベス」という漢字の当て字が出てくるシーン

・冒頭とラスト、父親が知らない女の子とメリーゴーランドに一緒に乗るシーン

中野監督は随所に伏線を張り巡らせていて、あとになって回収することが多いのです。

誰の視点で観るかによって、それぞれ感想も変わってくると思います。

認知症になっても寄り添ってくれる家族がいるというのは、率直に素晴らしいと感じました。

スポンサーリンク

映画『長いお別れ』の口コミ、評価について

映画『長いお別れ』は、ツイッター上でも口コミが多数寄せられています。

映画『長いお別れ』はおすすめの家族映画!

映画『長いお別れ』は、ものすごくおすすめの映画です。

中野監督の家族の描き方は、非常に温かみがあって安心して見られます。

丹念な描写を積み重ねることで、良質な家族のドラマに仕上がっています。

130分間、飽きることなく鑑賞することができました。

劇場で見て本当に良かったと心から思える作品です。

まだ見ていない人は、是非ともご覧ください。