映画批評

【感想】映画『影踏み』は横山秀夫原作の第一級の犯罪ミステリー!

 data-srcset

映画『影踏み』は、大変素晴らしい作品でした。

横山秀夫さんの原作ということもあり、期待値はとても高かったのですが、予想を大きく上回りました。

豪華俳優陣の共演もあり、2時間があっという間に終わりました。

『影踏み』の内容、あらすじ、感想などを書いていきたいと思います。

引用:『影踏み』公式HPより

スポンサーリンク

『影踏み』のあらすじ

『影踏み』のあらすじは以下となっています。

世間のルールを外れ、プロの窃盗犯として生きてきた真壁修一(山崎まさよし)。

ただの「空き巣」とは違う。深夜に人のいる住宅に忍び込み、現金を持ち去る凄腕の「ノビ師」だ。

証拠も残さず、取り調べにも決して口を割らない。

高く強固な壁を思わせるそのしたたかさで、地元警察からは「ノビカベ」の異名で呼ばれていた。

ある夜、真壁は偶然侵入した寝室で、就寝中の夫に火を放とうとする妻の姿を目にする。

そして彼女を止めた直後に、幼なじみの刑事・吉川聡介(竹原ピストル)に逮捕されてしまう。

2年後、刑期を終え出所した真壁は、彼を「修兄ィ」と慕う若者・啓二(北村匠海)と共に、気がかりだった疑問について調べ始める。

なぜあの夜、自分は警察に補捉されていたのか。

そして、あのとき夫を殺そうとしていた葉子(中村ゆり)という女の行方は?

恋仲の久子(尾野真千子)が懸命に止めるのを振り切り、自らの流儀で真実に迫っていく真壁。

裏社会を結ぶ細い線が見えてきた矢先、新たな事件が起こって……。

引用:『影踏み』公式HPより

『影踏み』のキャスト、主題歌について

『影踏み』のキャスト、主題歌、原作は以下のとおりです。

キャスト

真壁修一:山崎まさよし

安西久子:尾野真千子

啓示:北村匠海

久能次朗:滝藤賢一

馬渕昭信:鶴見辰吾

葉子:中村ゆり

吉川聡介:竹原ピストル

大室誠:中尾明慶

回想の安西久子:藤野涼子

菅原春江:根岸季衣

図書館にいた女:真田麻垂美

加藤:田中要次

 

監督:篠原哲雄

主題歌は山崎まさよし『影踏み』

山崎まさよしさんは2019年11月、3年ぶりにアルバムをリリースしました。

アルバム『Quarter Note』は全部で11曲、映画の主題歌である『影踏み』は8曲目に収録されています。

スポンサーリンク

『影踏み』の感想、レビューについて

『影踏み』は難しい作品でしたが、素晴らしい作品だったように思います。

『影踏み』の全体的な印象

『影踏み』は話がけっこう複雑で、いろいろと頭を巡らせながら鑑賞しました。

特に序盤はいろいろと複雑な関係性が出てきて、わたしは呑み込むまでかなり苦心しました。

細かい部分までしっかりと理解するには、一回きりでは分からないと思います。

ただし中盤から後半になると、だんだんといろんなことが明らかになるので、分からないなりにどんどん面白くなっていきます。

『影踏み』のここが良かった

全体的に覆っているハードボイルドな雰囲気が、個人的には非常に好みです。

途中、いきなり襲われたり、予期せぬ形で殺されてしまったり、不穏な様子が続きます。

全体的にとても暗い話で、救いようのない悲しみに包まれています。

そんな中でも一縷の希望を見出していく、清々しいラストがとても心地良かったです。

『影踏み』の俳優陣について

山崎まさよしさんの主役は、かなり良かったと思います。

セリフの弱さを感じることもありましたが、顔が二枚目なので気にならずに見れました。

北村匠海さん、尾野真千子さん、滝藤賢一さん、中村ゆりさん、みんなとても良かったです。

鶴見辰吾さんや大竹しのぶさんといった大御所も、大変見応えがありました。

『影踏み』ここが分からなかった

わたしの理解不足のために、分からなかった部分もいくつかありました。

・前半の刑事たちの関係性が良く分からなかった。

・久子さんが勤めている保育園に嫌がらせの書き込みをしたのは?

・久能の双子の兄が突然出てきて???となった。(わたしだけ?)

細かい部分を突き詰めていくと、全体の60%も理解できていない感じです。

もう一度追って確認をしたいと思いました。

『影踏み』の口コミ、評判は?

『影踏み』は、公式HPに感想投稿キャンペーンが設置されています。

>『影踏み』みんなのコメントはこちら

少しだけ取り上げて見たいと思います。

・白か黒かを問い詰めてくる事が濃くなった現代で、本当にそれが正義なのかを考えさせられました。

・主題歌の山崎さんの影踏みに聞き入っちゃいました。映画も気になります。

・尾野さんと北村君が予想以上に素晴らしかったです。山崎さんは、とても自然に演じていたように見られました。他の共演者も役にぴったりでした。何度も見たくなる作品です。観るたびにいろんな感想が出てきそうです。

・そして、常に理由には愛がありました。その愛ひとつひとつに、私は胸を打たれました。

引用:『影踏み』みんなのコメント

映画への高評価が多数寄せられています。

とても素晴らしい作品で、いろいろと語りたくなります。

見終わったら、公式サイトのみんなのコメント見て楽しむのがおすすめです。

>『影踏み』みんなのコメントはこちら

『影踏み』を他の方法で楽しむ!

『影踏み』はさまざまな形で出ていて、他にもいろいろと楽しむことができます。

横山秀夫さんの小説

『影踏み』は、2003年に出版した横山秀夫さんの短編連作ミステリーです。

アマゾンや楽天、各書店などで購入することができます。

オーディオブック

オーディオブックは耳で聴く本のことです。『影踏み』は、音声で楽しむこともできます。

audiobook.jpは、『影踏み』がオーディオブックとして収録されています。

オーディオブック聴き放題プランに入っていて、入会するだけで楽しむことができます。


audiobook.jpは通常月額750円かかりますが、初回30日は無料で使うことができます。

ナレーターや声優が朗読していてとても聴きやすく、耳からスッと内容が入ってきます。

『影踏み』を別の形で楽しみたい人は、こちらもおすすめです。

 

横山作品では『影踏み』以外には、『深追い』などがあります。

※こちらの作品は聴き放題ではありません、別途購入が必要となります。

>audiobook.jp 『影踏み』の詳細を見てみる

『影踏み』は期待を裏切らない大人のミステリー

『影踏み』は、とてもおもしろい作品でした。

わたしはミステリー作品を、いままで見破った試しがありません。

『影踏み』は、一体どんな展開が待っているのか、最後まで想像もつきませんでした。

 

前半は関係性が複雑で難解ですが、後半になるとだんだんスッキリとしてきます。

分からないまま置いてけぼりを食らう、といった感じではありません。

俳優陣がすごく豪華で絵になる人ばかりなので、とても見応えがありました。

山崎まさよしさんの主演も、すごく良かったように思います。

 

『影踏み』は期待を裏切らない面白い作品で、すごくおすすめです。

是非劇場に足を運んでみて下さい。