仕事

仕事ができない人は電話で分かる!ダラダラしゃべって話がまとまらない!

 data-srcset

仕事ができるかできないかは、電話のやり取りを聞けば、はっきりと分かります。

時間だけがやたら長くて、その割に大した内容をしゃべっていない人…、そんな人は周りにいないでしょうか?

話をまとめる力が恐ろしく欠如していて、いつまで経っても着地に至ることがありません。

電話はすごく便利なツールですが、使い方によってはまったくダメなものになってしまうのです。

 

わたしはサラリーマンをしていた頃、こういった場面に何度も直面しました。

電話を持っていい人とダメな人というのが明確に存在することが、すごくよく分かりました。

仕事のできる人の電話は、端で聴いていても気持ちいいものですが、仕事のできない人の電話は、ほとんど騒音に近いものがあります。

長時間、中身のないことをダラダラとしゃべっているのに、ちっとも結論にたどり着かないのです。

 

電話の使い方は、仕事に出来に大きく関わってくるので、特に気を配る必要があると思います。

スポンサーリンク

仕事ができない人の電話は頻度が多い!

電話で話をするとき、パーソナルな空間とオフィシャルな空間が混在しています。

新入社員は電話を取れない、電話を取るのが怖い、といった話を聞きますが、電話での振る舞いは、意外と高度な技術が詰まっていると思います。

慣れれば大したことはありませんが、やったことがない人にとっては怖かったりします。

電話の使い方を考えるのは、ビジネススキルとしてとても重要です。

 

ただしいったん慣れると、電話に対する緊張感がだんだんと無くなっていきます。

仕事ができない人は、相手の都合を無視してどんどん電話をかけてきたりするのです。

電話は相手に取るように促すものなので、見方によっては圧迫を感じたりします。

電話する頻度はほどほどに抑えないと、相手にとっては非常に迷惑なのです。

仕事ができない人は電話の話が長い

仕事ができない人の電話の特徴は…、とにかく話が無駄に長いことです。

3分で終わることなのに、10分も20分もかかるといったことは、ザラにあります。

話の内容を横で聞いていると、すぐにでも終わりそうなものばかりです。

むしろ、引き延ばそうと躍起になっているようにすら、感じてしまったりもするのです。

 

話がしたいのであれば、プライベートで会って、カフェに行けば良いだけの話です。

仕事の話をするときにいつまでも延々と話すのは、自分はおろか相手のためにもなりません。

仕事ができない人は、相手の時間を奪っていることにほとんど気付いていません。

黙ってサッサと行動するというのを、肝に命じた方が良いと思います。

スポンサーリンク

仕事ができない人の電話は雑談したいだけという疑惑がある!

仕事ができない人の電話を聴いていると、内容らしい内容はほとんどありません。

無限ループのごとく、同じことを繰り返し言っていることがものすごく多いのです。

話している時間はとても長いのですが、中身がスカスカなことばかりです。

仕事の話というのは建前で、実は雑談したいだけといった疑いが、非常に強いのです。

 

電話の時間がやたら長い人は、本当に濃密な話をしているのでしょうか?

電話に限らず会議で長々とよくしゃべる人も、似たようなところがあります。

話は相手に伝わりやすく簡潔にする、ビジネスマンとして当然のマナーです。

自分がしゃべりたいようにしゃべるだけでは、いつまで経っても何も決まりません。

仕事ができない人の電話は人を振り回している!

仕事ができない人の電話は、簡単な質問であることがほとんどです。

少し考えれば分かるようなことを、簡単に電話で聞いてきたりするのです。

それが相手の時間を奪っていることに気付いていません。

仕事ができない人は、電話に対するマナーが身についていないのです。

仕事ができない人の電話は相手の時間を奪っている!

電話がかかってくると、自分の作業がいったんストップしてしまいます。

重要な電話であれば良いですが、つまらない電話は作業の妨げとなります。

わたしはサラリーマン時代、実にたくさんの電話を受けてきました。

電話が無ければもっと作業が進んでいだと思うことは、1つや2つではありません。

 

電話は相手の都合を考えず、気持ちが一方通行になる可能性が非常に高いのです。

電話なんて無いほうが良いと思う場面は、ビジネスの現場で本当にたくさんあります。

必要な連絡ならまだしも、仕事のできない人の電話は特に感じます。

相手の時間を奪っているということを、もっと考えなければなりません。

仕事ができない人の電話は極力避ける!

電話というツールがある以上、無駄を排除することはできません。

IT業界にいる人は、スラックやチャットワークありますが、一般に浸透しているとは言えません。

仕事ができない人には、電話に対するマナーを身につけてもらうしかありません。

電話の扱いはビジネスマンとして当然のスキルであり、マナーなのです。

 

仕事ができない人の電話は、できるだけ避けるのが良いのかもしれません。

あるいはIT業界のように、スラックやチャットワークを導入すれば良いと思います。

現代において連絡のツールは、電話だけではありません。

お互い気持ち良く仕事ができるように、うまく関係を築く方法を見つけましょう。

 data-srcset
会社の飲み会は楽しくないは事実!業務の一環として割り切るのが得策!会社の飲み会で楽しい気持ちになれるのはほんの一部の人だけです。 酒の席でしか自分を出せない人、酒の力を借りて強気になる人など、あま...