映画批評

フランソワ・オゾン監督の映画『婚約者の友人』がすごい!

 data-srcset

いまから2年ほど前に、名古屋の「伏見ミリオン座」で観た映画が、すごく心に残っていて、いまでも忘れることができません。

フランソワ・オゾン監督の『婚約者の友人』という映画です。

全編モノクロで、不穏な空気を漂わせるこの映画は、みるみる引き込まれていきます。

さほど期待していませんでしたが、終わってみれば食い入るように観ていたのです。

 

フランソワ・オゾン監督は、最近すっかりご無沙汰になっていました。

昔は『焼け石に水』『まぼろし』『スイミング・プール』『8人の女たち』などをよく観てました。

ひとクセもふたクセもある作風が好きで、観ていると妙に病みつきになってきます。

今作の『婚約者の友人は、復活の会心作と言って良いと思います。

映像からこの映画に賭ける気合いが、ビシバシと伝わってくるのです。

 

婚約者の友人』について、感想や見どころなどをお伝えしていきます。

引用:婚約者の友人公式HPより

『婚約者の友人』のあらすじ、キャストについて

<あらすじ>

1919年、戦後のドイツ。愛する人の墓の前で泣いていた見知らぬ男。彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く

 

1919年、戦後の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし悲しみの日々を送っていたアンナは、ある日、フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドアリアン。アンナとフランツの両親は彼らの友情に感動し、心を癒やされる。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンは自らの”正体”を告白する。

 

いくつもの謎を残したまま姿を消したアドリアンを探すために、フランスへ旅立つアンナ。パリ管弦楽団、ルーヴル美術館と、心当たりを訪ね歩くアンナは、アドリアンが入院したという病院へたどり着き、衝撃の記録を見つけるのだが。

<キャスト>

アドリアン:ピエール・ニネ

パウラ・ベーア:アンナ

エルンスト・ストッツナー:ハンス(フランツの父)

マリエ・グルーバー:マグダ(フランツの母)

ヨハン・フォン・ビューロー:クロイツ

アントン・フォン・ラック:フランツ

シリエル・クレール:アドリアンの母

アリス・ドゥ・ランクザン:ファニー

『婚約者の友人』の感想について

※ここからはネタバレに関わるので、観ていない人はご遠慮下さい。

婚約者の友人』は、サスペンスタッチのミステリードラマです。

1932年の反戦ドラマをリメイクであり、フランソワ・オゾン監督が大胆に構成を変えて、新たな作品として作り出しています。

作品がとても古風で、全般的な話の流れもクラシックな雰囲気を漂わせていますが、一筋縄に行かないのが、この作品の特徴です。

何かが起きそうで何も起きない・・・、簡潔に言ってしまえばこれに尽きると思います。

 

映画を見ていると、つい先に起きる展開を推理したくなります。

いかにも何かが起きそうな雰囲気で、絶対にどこかで急展開が待っているはず・・・、わたしはずっと構えながら観ていました。

しかしいつまで経っても、何も起こらずに淡々と話が進んでいきます。

淡々と話が進んでいき、淡々とした雰囲気で裏切られ、淡々と幕を閉じていく・・・。

 

ミステリーによくある「ダマされた」といった感じではなく、純文学を突き詰めた結果、ミステリー風に仕上がった、といった感じなのです。

わたしもこの展開は、まったく予期していませんでした。

最後のシーン、いろんな思いがこみ上げてきて、深い余韻に浸れます。

映画でしか味わうことのできない、素晴らしい作品に仕上がっているのです。

『婚約者の友人』でフランソワ・オゾン監督は復活を果たした!

フランソワ・オゾン監督は、昔は良い映画をたくさん作っていましたが、最近はイマイチ、というのが、わたしの評価でした。

ところが本作によって、その見方は大きく変わりました。

全体的に不穏な空気が流れています。

何かが起きそうだけど何も起きない、モヤモヤした感じがずっと続きます。

 

非常に賛否の分かれる映画だと思います。

思わせぶりを装って結局そんだけかぃ、と いった感想を持つ人もいるかも知れません。

わたしは、全体を覆うクラシカルな雰囲気がとても好きです。

フランソワ・オゾン監督は復活を果たした、勝手にそんな風に思っています。

『婚約者の友人』の口コミ、評判について

婚約者の友人』は、口コミでも大きな話題となっています。

『婚約者の友人』を動画で観るには

婚約者の友人』は、DVDやブルーレイで発売しています。

こちらを買っても観るのも良いですが、動画配信で観るのがおすすめです。

婚約者の友人』はAmazonプライムビデオU-NEXTで配信されています。

Amazonプライムビデオの場合、会員になって400円でレンタルをすれば観ることができます。

U-NEXTの場合は月額1,990円になれば、この映画を観ることができます。

初月はお試し期間として、31日間無料で視聴できるのでおすすめです。

AmazonプライムビデオU-NEXTは、ほかにも映画やアニメなどさまざまなコンテンツがあるので、映画を見終わったあとも十分に楽しめます。

AmazonプライムビデオU-NEXT、是非一度お試し下さい。