政治・経済

原英史さん提唱 鉄のトライアングルの次「新・利権トライアングル」

 data-srcset

なぜマスコミは、判を押したような、通り一辺倒な批判を繰り返すのでしょうか?

政権を痛烈に批判している映像ばかり取り上げられるのですが、言っている側に矛先が向くことはあまりありません。

わたしは偏った報道に、ずっと疑問を持っていました。

報道が偏りすぎていてまったくフェアではない、と思っていたのです。

 

ずっと心のモヤモヤがあったのですが、スッキリさせてくれる解説に出会いました。

彼らは癒着関係にあり、利権を守るためにそうせざるを得ないのです。

野党は決して政権を取ろうなんて思っていません。

批判をしているのはポーズだけで、実際には彼らもまた既得権益なのです。

 data-srcset
「官僚の天下り」の問題点は既得権益の拡大!すべて大人の都合でしかない!官僚の世界には天下りという制度があります。 ポスト競争に破れた人たちのお膳立てして、役職まで斡旋する…。 国の元で働いて出世...

スポンサーリンク

鉄のトライアングルについて

鉄のトライアングルという言葉があります。

岩盤規制を守るために、政財官(政界、財界、官界)の3業界の癒着構造を示すものです。

既得権を守るために、3業界が一体となって新興勢力を阻みます。

どんな世界もそうですが、上同士が繋がって強固に結びつくことで、自分たちを守っているのです。

新たな鉄のトライアングルの誕生

文筆家の原英史さんは、現代は新たな三角構造が構築されていると指摘しています。

旧来の「鉄のトライアングル」に加えて、「新・鉄のトライアングル」なるものが生まれているのです。

わたし自身、この解説を聞いて、いろんなことがひどく納得できました。

昨今の政治の足の引っ張り合いは、目に余るものがありますが、原英史さんの説明を聞くと、ものすごく合点がいくことばかりです。

スポンサーリンク

新・鉄のトライアングルの利権構造について

新・鉄のトライアングル は、下記の3つによって成り立っています。

・業界/役所(利権を守りたい人たち)

・マスコミ

・野党

政治に何か怪しい動きがあると、役所や業界がマスコミにリークします。

マスコミがそれを大々的に取り上げて、野党がギャーギャー騒ぐのです。

一連の流れで生まれるものは、足の引っ張り合いです。

野党とマスコミの的外れな批判は、こうして生まれているのかと、ひどく納得しました。

野党とマスコミは国民に呆れられている!

野党とマスコミは、いつまでこういったことを繰り返すのでしょうか?

国民はとっくに飽き飽きしていていることに気付かないのは、ハッキリ言って致命的です。

民放各社のニュース報道や、自民党への過剰とも言える批判、必要以上に野党に肩入れする様子は、かなりひどいものです。

与党の足を引っ張るのではなく、国の良くする政策をして欲しいものです。

 

本来野党は、既存の政治にメスを入れて改革をしなければならない側です。

しかしいまの政治は、与党の方がずっと改革を推し進めています。

与党と野党を見ていると一体どちらが既得権者なのか、よく分かりません。

与党もきっと、アホな批判をしているな~、と腹の中では思っていると思います。

野党に情熱が感じられない!形だけの政治ごっこは止めて欲しい!

いまの野党を見ていると、プロレスをしているようにしか見えません。

当たり障りのない批判ばかりしていて、本気で改革するつもりがない。

ただし、こういった利権構造が構築されているのであれば、少しは理解できます。

野党はもはや文句を言うだけの、既得権益側に成り下がっているのです。

 

いまの野党には、本当にやりたいことなんてないように思います。

与党の暴走、悪政を止める役割を果たさなければならないのに、野党がこういった状況なので、政治がきちんと機能するはずがありません。

自民党の政治はいろいろと問題が多く、しっかりと監視しなければなりません。

ただし現状においては、野党のほうがずっと闇が深いと思うのです。

政治は既得権益者たちの巣窟である!

政治には、多くの付き合いやしがらみが存在しています。

それが悪いとは言いませんが、一般国民からすればウンザリするのは事実です。

政治家はそれをうまくコントロールしなければいけません。

既得権益たちに巻き取られているようでは、全然ダメだと思うのです。

 

付き合いやしがらみをコントロールするには、圧倒的なパワーが必要です。

野党のような、お利口さんの学級委員会では意味がありません。

「クリーンな政治」なんて選挙で言っている人間を、個人的には信用しません。

政治家は人の良さだけでは務まるものではないのです。

 

政治は権力闘争であり、ボス猿たちの覇権争いなのです。

狡猾さとか人を出し抜く力など、さまざまなことが必要になってくるのです。

多少強引でもいいから、物事を前に進めていく覚悟が必要なのです。

いまの政治を見る限りでは、与党の方がそれを実践できているように思います。

橋下さんが言った「独裁と言える圧倒的なパワー」について

橋下元大阪市長は「いまの政治に必要なのは独裁とも言える圧倒的なパワーだ」と言いました。

わたしはこの言葉にはものすごく賛成です。

政治に蔓延しているしがらみを人付き合いを、うまく束ねられる、カリスマ性のある人は出てこないのでしょうか?

何かあったらすべて政治家の責任、というのは、わたしは少し違うのではないか、という気もするのです。

 

芸能人やスポーツ選手が政治に携わることに、否定的な人もいますが、わたしはそうは思いません。

優秀なブレーンがバックにいれば、それも1つの方法だと思います。

既得権益者たちとどう付き合うか、政治家が必ず直面する大きな問題なのです。

野党みたいな、長いものに巻かれる政治は、して欲しくありません。

 

原英史さんの著作は以下がおすすめです。よろしければご覧ください。

[box06 title=”あわせて読みたい”]NHKの受信料は適切に使われているのか?

原発をめぐる世界の動きと日本の未来 今後どうなっていくのか?

中国やロシアの領空侵犯問題について[/box06]

スポンサーリンク