政治・経済

原英史さん提唱、鉄のトライアングルの次「新・利権トライアングル」

 data-srcset

鉄のトライアングルという言葉があります。

岩盤規制を守るために、政財官(政界、財界、官界)の3業界の癒着構造を示すものです。

既得権を守るために、3業界が一体となって阻むものです。

 

文筆家の原英史さんによると、旧来の「鉄のトライアングル」に加え、いまは「新・利権トライアングル」なる新たな三角構造が構築されています。

昨今の政治の足の引っ張り合いは、目に余るものがありますが、原英史さんの説明を聞くと、ものすごく合点のいくことばかりです。

上記のTwitter内の動画で、原英史さんが詳しく解説をしています。

新・鉄のトライアングル

業界/役所(利権を守りたい人たち)

・マスコミ

・野党

政治に何か怪しい動きがあると、役所や業界がマスコミにリークします。

マスコミがそれを大々的に取り上げて、野党がギャーギャー騒ぐのです。

野党とマスコミは結託しているのか?

わたしは民放各社のニュース報道や、自民党への過剰とも言える批判、必要以上に野党に肩入れする様子など、いろいろと疑問を持っていました。

どこからどう見ても、中立的な報道とは言えないものばかりなのです。

さらに野党の批判は、いつも的はずれなものが多いと感じていました。

本来野党は、既存の政治にメスを入れて改革をしなければならない側です。

しかしいまの政治は、与党の方がずっと改革を推し進めています。

与党と野党を見ていると一体どちらが既得権者なのか、よく分かりません。

 

いまの野党を見ていると、プロレスをしているようにしか見えないのです。

当たり障りのない批判ばかりしていて、本気で改革するつもりがない。

ただし、こういった利権構造が構築されているのであれば、少しは理解できます。

野党はもはや文句を言うだけの、既得権益側に成り下がっているのです。

 

いまの野党には、本当にやりたいことなんてないように思います。

与党の暴走、悪政を止める役割を果たさなければならないのに、野党がこういった状況なので、政治がきちんと機能していません。

 

自民党の政治はいろいろと問題が多く、しっかりと監視しなければなりません。

ただし現状においては、野党のほうがずっと闇が深いと思うのです。

掘ると次々とひどい事例が出てきそうです。

新・鉄のトライアングルは、これからもずっと続いていくのでしょうか?

 

原英史さんの著作は以下がおすすめです。よろしければご覧ください。