ジッタリンジン

ジッタリンジン「月夜の散歩道」が神曲すぎて泣きそうになる!

 data-srcset

ジッタリンジン「月夜の散歩道」は、切なくも美しい珠玉のラブソングです。

ジッタリンジンの名曲は数多くありますが、なかでも「月夜の散歩道」は群を抜いて素晴らしい名曲だと思います。

しかし非常に残念なことですが、一般に広く知られているとは言えません。

ほとんどスポットを浴びることなく、多くの曲の中に埋もれてしまっているのが実態です。

 

「月夜の散歩道」は、ベストアルバムに収録されておらず、オリジナルアルバム『テンタスティック』もずっと絶版状態のままです。

この名曲にアクセスできる人がすごく限られていて、コアなファンしか知らないということが、本当に残念でなりません。

「月夜の散歩道」は知る人ぞ知る名曲、みたいになっているのは、日本の音楽シーンにとってものすごい損失だと思います。

コアなファンの間だけで親しまれている…、その程度で終わらせて良い曲ではない!なんて真剣に思ったりするのです。

スポンサーリンク

ジッタリンジン「月夜の散歩道」とは?

「月夜の散歩道」はアルバム『テンタスティック』の5曲目に収録されています。

『テンタスティック』は1999年10月に発売した、ジッタリンジンのデビュー10周年の記念碑的なアルバムです。

古今東西のアルバムの中でも、最高に素晴らしい出来映えだと個人的には思います。

詳しくは、ジッタリンジン全アルバムレビューの記事を書いているので、興味のある方はご覧いただければ幸いです。

YouTubeに「月夜の散歩道」の素晴らしいカバーがあるので貼っておきます。

アルバム『テンタスティック』が名盤すぎる!

ジッタリンジンのアルバムは、一般的に『here, rattler, here』が名盤とされていますが、わたしは『テンタスティック』の方が上だと思います。

「Call me」「やけっぱちのドンチャラミー」「10月のベレット」「自転車」など、目が眩みそうな怒涛の名曲のオンパレードです。

演奏スキルは異常なほど高く、簡単に真似できるものではありません。

サラッと聴かせていますが、このアルバムを産み出す労力はハンパないと思うのです。

冒頭の「テンタスティックのテーマ」から、ものすごく聴き応えがあります。

「Call me」「やけっぱちのドンチャラミー」は、最高のアゲ曲です。

後半に入ると「10月のベレット」という異色の曲が出てきます。

そんな中でも5曲目の「月夜の散歩道」は、特別な輝きを放っている曲なのです。

 

初めて聴いたときに、わたしはミュージカルで使われている様子を思い浮かべました。

「月夜の散歩道」が、ミュージカルのワンシーンで歌われている場面を想像したのです。

ジッタリンジンの楽曲で作ったミュージカル…、考えただけでワクワクします。

1ファンの単なる空想に過ぎませんが、もし実現したらすごいことになると思います。

ミュージカル「マンマ・ミーア」は、ABBAの楽曲を使って世界を席巻しました。

ミュージカル「RENT」は、ロックミュージカルという新たな地平を切り開きました。

ジッタリンジンの楽曲はこれらにも劣らない、いやむしろ上回っているものばかりです。

もしジッタリンジンの曲で作られたミュージカルができたら…、たちまち世界を制すると思うのです。

スポンサーリンク

「月夜の散歩道」の歌詞を追ってみる

「月夜の散歩道」の最大の聴きどころは、冒頭のギターアルペジオです。

出だしから非常に美しい旋律が奏でられるのです。

「月夜の散歩道」は以下のようにして始まります。

月夜の散歩道

そっと手をつないで

桟橋で話した

夜風が涼しくて

明日になれば会えないのにね

言えなかった一言

今でも胸にしまってあるの

あなたが好き

言いたくてもなかなか言い出せない胸のうちにしまった感情を、心地よいギターやドラムの音に乗せて歌っていきます。

月夜の散歩道

青い影を踏んで

砂浜を歩いた

裸足で靴を下げ

言葉にすれば泣き出しそうで

ありがとうも言えずに

今でも胸にしまってあるの

あなたが好き

心の機微や繊細さを歌詞で生み出せる破矢ジンタさんはすごすぎます。

最後のラララと歌う場面では、まるでスキップしながら歩んでいるようです。

あまりに切なすぎる歌詞ですが、気落ちせず前を向いて歩いています。

むしろ、鼻歌まじりの明るさすら感じさせるのです。

 

「月夜の散歩道」が、空前絶後の名曲だと感じているのは、わたしだけでしょうか?

「月夜の散歩道」は、ミリオンヒットしてもおかしくない圧倒的クオリティなのです。

「月夜の散歩道」がベストアルバムに収録されていない!

「月夜の散歩道」は、残念ながらベストアルバムに収録されていません。

これにはどんなに考えても、首をひねらざるを得ません。

なぜだ?なぜなんだ?担当者を突き止めて、問い詰めたいくらいです。

「月夜の散歩道」を外すなんて考えられない!普通にダメ出ししたくなります。

 

なぜ「月夜の散歩道」がベストアルバムから外れてしまったのでしょうか?

それを言うと「市営プールを入れろ!」「黄昏を入れろ!」「ひまわりを入れろ!」といろいろ言いたくなってしまいます。

ただ入っていないのが信じられないというその筆頭が「月夜の散歩道」なのです。

文句を言っても仕方がないのですが、いったい誰が選曲を決めているのでしょうか?

現状「月夜の散歩道」を聴こうと思っても、聴く術がないというのが実態です。

(中古市場から仕入れるしか方法がありません)

せめて一般の人がアクセスできるように、『テンタスティック』を再販して欲しい(現在は絶版状態)というのが、切なる願いなのです。

「月夜の散歩道」をミュージカルで聴きたい!

「月夜の散歩道」は、情景がものすごく思い浮かびやすい曲です。

 

好きな人と一緒に歩いていて、冷たい夜風が吹いている。

好きという気持ちを言いたいけど言えない、明日になればもう会えない・・・。

ずっと胸にしまっている気持ちを伝えたい・・・。

「あなたが好き」

あのとき叶わなかった恋を思い返し、ラララと歌いながら夜道を散歩していく・・・。

切なくて悲しいけれど、ラララと歌う声はどこか明るくて前を向いている・・・。

 

わたしは「月夜の散歩道」を聴くたびに、ものすごく想像力を掻き立てられます。

「月夜の散歩道」をミュージカルにすれば、この曲の良さが何倍も出るように思うのです。

 

ジッタリンジンの曲は聴きやすいものが多いため、絶対にミュージカルが合うと思います。

「アニー」を聴いても「自転車」を聴いても、とにかく感情に訴える素晴らしい曲がものすごく多いのです。

 

いつしかわたしはこんな風に思うようになりました。

「ジッタリンジンの楽曲で作ったミュージカルが見てみたい」

ジッタリンジンの曲で作ったミュージカル・・・、考えただけでワクワクします。

ジッタリンジンの曲で作ったミュージカルができれば、和製ミュージカルの最高傑作として、歴史に名が刻まれるのではないでしょうか?

そして、そのメインに据えるのが「月夜の散歩道」だと思うのです。

 

ファンの勝手な妄想に過ぎませんが、ミュージカルで聴くジッタリンジン、考えただけでワクワクしてしまうのです。

「月夜の散歩道」は10年後も聴きたい名曲!

「月夜の散歩道」は、ジッタリンジンのファンだけで共有しておいて良い曲ではありません。

ジッタリンジンのことを知っていても、「月夜の散歩道」を知らない人もたくさんいるように思います。

「月夜の散歩道」が、知る人ぞ知るといった状況で良いはずがありません。

「月夜の散歩道」は、何年経っても色褪せない、珠玉の名曲なのです。

 

「月夜の散歩道」がもっと多くの人に届いて欲しい、わたしはジッタリンジンのいちファンとして、心からそう願っているのです。