ジッタリンジン

ジッタリンジンの良い曲はこれ!ランキングトップ30を発表!【完全主観】

 data-srcset

ジッタリンジンのアルバムをすべて持っているわたしが、完全に個人の主観と好みで、ランキングを作成しました。

いざ作り始めると、あの曲が入っていない、本当にこの位置でいいのか?と、考えれば考えるほど、終わりの見えない迷宮に突入していきます。

数日経ってから改めて見返してみると、やっぱり違う、と思って作り直したことも、一度や二度ではありません。

名曲が多いというのは本当に嬉しい贅沢なのですが、優劣を付けなければならなくなると、非常に苦しいものがあります。

これからジッタリンジンを聴き始める人、すでに聴いたことがある人など、さまざまな人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ジッタリンジンの曲がどれも良すぎて選べない問題が発生!

ジッタリンジンの代表曲10曲を紹介して、多くの人に聴いてもらいたい…。

最初は軽い気持ちで考えていたのですが、すぐに不可能だと悟りました。

ピックアップしていくうちに、あれも入れたい、これも入れたい、と増えていきます。

その後20曲に増やしましたが、それでも全然納得がいきません。

 

結局20曲でも全然足りず、泣く泣く30曲に増やしました。

本当はこれでも足りないのですが、これ以上は収拾がつかなくなるので辞めました。

下位にランクインした曲が劣っているかというと、決してそんなことはありません。

選外に漏れてしまった素晴らしい曲も、本当にたくさんあります。

 

良い曲が多すぎて、嬉しい悲鳴というか、苦しい選択というか、いろんな気持ちが沸いてきます。

序列をつけることを目的としたものではないことを、ご理解いただければ幸いです。

ジッタリンジンのオールタイムベストを選ぶにあたって

曲はオリジナル・アルバムとベストアルバムからの選曲となっています。

ファンクラブ限定の曲は持っておらず、ランキングには反映しておりません。

もしかしたらコアなファンからすれば「これはないでしょ!」と思われるかもしれません。

個人が趣味で作成したランキングなので、優しい目で見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

ジッタリンジンベスト30  1位~10位はこちら

ランキング1位~10位は以下のとおりです。

ランキング1-10

個人的には「晴」と「クローバー」は、群を抜いて素晴らしい最高の名曲です!

ジッタリンジンを語る上で、この2曲は絶対に外すことはできません!

3位の「夏祭り」は誰もが知っている不朽の名曲です。

「夏祭り」の知名度に比べて、アンサーソングである「なつまつり」が知られていないのが残念なので、もっと多くの人に知って欲しいです。

5位の「黄金の夜明け」は底抜けに明るい、ジッタリンジン史上もっとも前向きな曲です。

6位の「月夜の散歩道」がベスト盤に収録されていないのは、いまだに納得できません!

9位の「やけっぱちのドンチャラミー」は、何度聴いても素晴らしいです。

以下の記事では各曲の聴きどころを紹介しているので、合わせてご覧ください。

ジッタリンジンベスト30  11位~20位はこちら

ランキング11位~20位は以下のとおりです。

ランキング11-20

ベスト盤に収録されていない曲がズラリと並びました。

シングル曲もわずか1曲のみとなっていて、オリジナルアルバムの層の厚さが際立っています。

ジッタリンジンは、オリジナル盤でしか聴けない名曲が非常に多いのです。

11位の「市営プール」は、ジッタリンジンの隠れた名曲の最有力候補です。

12位の「雨上がり」も「市営プール」と比肩する、素晴らしい名曲の筆頭です。

どちらも哀愁が漂っていて、この雰囲気を音で表すことはなかなかできません。

14位の「コスモス」は、奈良を舞台にした、切ないラブソングです。

16位の「CALL ME」は、リズム隊の演奏がえげつないくらいにすごいです。

19位の「サヨナラ」は、曲全体が優しさに詰まっていて、素晴らしい名曲です。

ジッタリンジンベスト30  21位~30位はこちら

ランキング21位~30位は以下のとおりです。

ランキング21-30

このあたりのランクでも、素晴らしい名曲が並んでいます。

21位の「恋は突然」のドレミファソラシド~、は何度聴いても楽しい1曲です。

22位の「CHOCOLATE PRINCESS」は、個人的に好きすぎて、鼻血が出そうになります。

ジッタリンジンには珍しい、全編英語の歌を聴くことができます。

24位の「テンタスティック!のテーマ」は、これからショーでも始まるかのような、最高のエンタメ曲です。

25位の「お月さん」は、優しいメロディと歌詞で、個人的に大好きな1曲です。

29位の「およめさん」は、暖かく見守るような優しい描写が素敵な曲です。

ランクインした曲を分類してみる

ランクインした曲を、シングルとアルバムの視点から見てみました。

シングル曲について

シングルでランクインしたのは、30曲中6曲でした。

ジッタリンジンは12曲のシングル(2010年なつまつり含む)を出しているので、半分がランクインしたことになります。

アルバムについて

アルバム別では、以下のような曲数になりました。

アルバム一覧

「TENTASITIC!」は一番多く、10曲中7曲が入っています。

このアルバムは本当に完成度が高すぎて、驚愕の1枚だと思います。

各アルバムからまんべんなく選出されていますが、後期の方が良い曲は多いです。

キャリアの前半からすでに完成度は非常に高いのですが、後半になるにつれて各メンバーのスキルに磨きがかかって、より楽曲が洗練されている印象です。

特に春川さんのボーカル、入江さんのドラムは、スキルが格段に向上しています。

ジッタリンジンは名曲がズラリとたくさん!

ジッタリンジンの曲をランキング形式で作成してみました。

選外に漏れた作品も、素晴らしいものはたくさんあります。

ジッタリンジンの曲を聴くときに、参考にしてもらえれば幸いです。