ジッタリンジン

ジッタリンジンの現在と今後の展望(復活?)について!

 data-srcset

ジッタリンジンは2010年ごろを最後に、長らく活動を休止しています。

公式HPの更新もずっとないまま、メンバーの活動や動向なども分かっていません。

解散したという公式なアナウンスはなく、現在もバンドは続いていると思われます。

2019年4月にはYouTube公式チャンネルが立ち上がり、ファンを歓喜させました。

 

ジッタリンジンは近いうちに復活するのではないか?ファンの間ではさまざまな憶測を呼んでいます。

わたしはジッタリンジンのファン歴が非常に浅いですが、素晴らしい音楽性に魅せられて、アルバムを買い集めてきました。

ジッタリンジンが活躍したのは、90年台~2000年代ですが、執筆している2020年に聴いても、改めてその音楽性に驚かされます。

ジッタリンジンが、知る人ぞ知るといった存在であるのが、ものすごく残念に感じているのです。

 

ジッタリンジンは今後、復活することはあるのでしょうか?

ジッタリンジンのメンバーについて

ジッタリンジンは1986年に結成した4人組のロックバンドです。

ベースの浦田さんは途中で脱退し、現在は3人で活動をしています。

引用:日本コロンビアのHPより

春川玲子(ボーカル、アコーディオン、ハーモニカ)

1968年10月24日生まれ、奈良県大和郡山市出身。

ジッタリンジンのフロントマンであり、ボーカルやアコーディオンを手がけています。

ジッタリンジンのもっとも大きな魅力は、春川さんのボーカルにあります。

破矢ジンタ(ギター、ボーカル)

1965年3月30日生まれ、奈良県大和郡山市出身。

ジッタリンジンのすべての楽曲を手がけている、最重要メンバーです。

作曲のレベルの高さと共感性のある歌詞は、日本が誇る唯一無二の天才です。

ジッタリンジンの根幹にあるのは、破矢ジンタさんの驚くべき作曲にあります。

入江美由紀(ドラム、パーカッション)

1965年12月1日生まれ、大阪府高槻市出身。

ジッタリンジンのリズムを一手に担っている、敏腕ドラマーです。

ドラムスキルが非常に卓越していて、ジッタリンジンの曲は入江さんのドラムなくしてあり得ません。

浦田松蔵(ベース)

1964年5月17日生まれ、奈良県大和郡山市出身。

春川さん・破矢さん・浦田さんはもともと近所に住んでいたとのことです。

浦田さんは破矢さんと高校時代にバンドを組んでいました。

1998年5月にジッタリンジンを脱退しました。

ジッタリンジンのこれまでの歩みについて

ジッタリンジンはオーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」に出場し、イカ天出身バンドとして人気を博しました。

イカ天出身のバンドはバンドがあります。

・BEGIN

・カブキロックス

・人間椅子

・マリア観音

・LITTLE CREATURES

・FLYING KIDS

イカ天から生まれたロックバンドは、コアなファンに支持されていて、現在も活動しているバンドは多いです。

イカ天は多くのロックバンドを輩出し、若者を熱狂させました。

当時の熱狂ぶりは「イカ天ブーム」と名付けられるほど、非常に大きなムーブメントだったのです。

 

その後、ジッタリンジンは89年に「エヴリデイ」でメジャーデビューしました。

90年には「プレゼント」「にちようび」「夏祭り」と立て続けにヒットします。

その後、浦田さんの脱退やサポートメンバーの加入などを経て、インディーズに活動拠点を移します。

 

ジッタリンジンはメジャーシーンからすっかり姿を見せなくなってしまいました。

しかしジッタリンジンの本領が発揮されるのは、この辺りからのように思うのです。

アルバムを聴いても、中期から後期のクオリティはすさまじいものがあります。

ライブでもファンクラブ特典を付けるなど、地道に活動を続けていました。

 

わたしは後発のファンなので、このあたりの詳しい経緯は分かりません。

2010年あたりを最後に活動休止したまま、10年近くの歳月が流れているのです。

ジッタリンジンの曲について

ジッタリンジンがメジャーで活躍していたのは90年代の初期のころです。

一般に広く知られている5曲を紹介します。

エヴリデイ

ジッタリンジンのデビュー作です。

春川さんがリズムにノリながら軽いステップを踏んでいます。

リズム隊の素晴らしい仕事ぶりは、何度聴いても感心させられます。

アニー

ジッタリンジン初期の代表作と言える曲です。

「さんまのまんま」のオープニングテーマとして使われていました。

ジッタリンジンらしさが存分に詰まった、軽快で楽しい、お茶目なナンバーです。

アニーって何回言うねん!と、思わずツッコミを入れたくなります。

夏祭り

世代を越えて語り継がれる、ジッタリンジンのもっとも有名な曲です。

ただし、ホワイトベリーのカバーや、ゲーム「太鼓の達人」などで知る人が多く、原曲がジッタリンジンと知っている人はあまり多くありません。

打ち上げ花火に馳せる思い出と、淡い恋の行方を描いた作品は、後世に伝えたい稀代の名曲なのです。

また2010年には、女の子側の視点で描いた「夏祭り」のアンサーソングとも言える、「なつまつり」をリリースしています。

プレゼント

プレゼントは夏祭りと並んで、ジッタリンジンのもっとも有名な曲です。

あなたがわたしにくれたもの・・・、とひたすらプレゼントを歌い上げていきます。

プレゼントの内容は時代を感じさせるものもありますが、不思議と古びた印象はありません。

別れてしまった原因は何だったのか?いろいろと考えてしまう一曲です。

日曜日

ジッタリンジンの最大のヒット曲です。

能天気さが満載の、ものすごく軽い曲に仕上がっています。

ただしキャリアを通してみたときに、この曲を代表作とは言い難いものがあります。

非常に聴きやすいご機嫌ナンバーですが、コアなファンからすればもっと良い曲がある!と声を上げたくなるところです。

ジッタリンジンの世間的イメージがこのあたりで終わってしまっているとすれば、ファンとしては非常に寂しさを感じてしまうのです。

本当に素晴らしい曲は、中期~後期にかけて多いのです。

個人的な主観で選んだ、ジッタリンジンのオールタイム・ベストトップ20曲や、個別で取り上げた曲については、以下をご覧ください。

ジッタリンジンのアルバムについて

ジッタリンジンは10枚のオリジナルアルバムを出しています。

>公式HPのディスコグラフィーはこちら

  1. DOKI DOKI
  2. Hi-King
  3. パンチアウト
  4. Moonlit Lane
  5. Chick-A-Biddy
  6. here, rattler, here
  7. TENTASTIC!
  8. Banzai Attack
  9. Wang Dang Doodle
  10. カランバ!

アルバムはどれも勢いがあって、素晴らしいものばかりです。

特に6枚目の『here, rattler, here 』と7枚目の『TENTASTIC!』は、筆舌に尽くしがたいほどの完成度です。

ジッタリンジンのアルバムは大半が絶版になっていて、中古市場で手に入れるしかありません。

ファンとしては是非とも再販を希望したいところです。

ジッタリンジンのカラオケ収録曲について

ジッタリンジンの曲をカラオケで歌えるのは、すごく限られています。

>DAM CHANNEL ジッタリンジンの曲目リスト

DAM CHANNELでは、28曲をカラオケで歌うことができます。

ただし、後期に発表されている有名曲は収録されていないものも多いため、ファンからすれば少し残念なところです。

仕方がないのですが『アニー』を歌いまくるしかありません。

ジッタリンジンのホームページについて

ジッタリンジンのホームページは2つあります。

1つは日本コロンビアのオフィシャルウェブサイトです。

>日本コロンビアのHPはこちら

ジッタリンジンのこれまでの歩みや、アルバム情報などが記載されています。

 

もう1つはメンバー自身が運営しているサイトです。

>ジッターズのHPはこちら

バンドに関する情報は何もなく、テンタ君がドンと出てくるだけです。

(テンタ君は筆者が勝手に名付けました。本当にそう言うかは知りません)

引用:ジッターズのHPより

以前はさまざまな情報があったようですが、現在はYouTubeチャンネルの紹介があるのみとなっています。

以前は、ボーカルの春川さんが運営していたブログ「HY-SPY」がありました。

JUKELOGさまのページには、過去の運用をさかのぼって見つけた画像が記載されています。

>JUKELOG ジッタリンジンの現在と公式youtube動画について

ジッタリンジンが立ち上げたYouTubeについて

ジッタリンジンは2019年4月に公式YouTubeチャンネルを開設しました。

>ジッタリンジンYouTubeチャンネルはこちら

ジッタリンジンはこれまで10年おきに、記念アルバムや周年ライブなどを行っています。

デビュー30周年となる2019年は、YouTube開設がこれに当たるのかもしれません。

 

ライブ映像やミュージックビデオなどが収録されています。

わたしは後発のファンなので、「恋のルアー」をYouTubeで初めて知りました。

ファン限定で発売したものも多く、一般では手に入らないものも多いです。

 

こんなに素晴らしい映像があるのなら、DVDで販売して欲しいくらいです。

ジッタリンジンの今後の動きに、期待せずにはいられません。

ジッタリンジンの復活はありえるのか?

ジッタリンジンは正式に解散を宣言しておらず、現在も続いています。

いつか復活ライブがあるのではないかと、ファンは心待ちにしています。

 

アメリカで謎に包まれた作家としてサリンジャーがいました。

『ライ麦畑でつかまえて』で一斉を風靡しましたが、その後、隠居生活を送りました。

ジッタリンジンの露出の少なさにおいて、日本のサリンジャーではないか?とわたしは勝手に思っています。

共通するのは唯一無二の圧倒的な才能がある、ということです。

 

ジッタリンジンはこれほど長い期間休止しても、いまなお、ファンは復活を待ち望んでいます。

普通であれば、忘れ去られても決しておかしくありません。

ジッタリンジンの音楽が、それほどファンに深く刺さっているのです。

YouTubeのコメント欄を見ると、心待ちにしている様子が伝わってきます。

 

ジッタリンジンのファンとしては、ぜひ復活に期待したいと思います。