社会問題

ボランティアをすると補助が出る!無償ボランティアを変える兵庫県の取り組みを応援したい!

 data-srcset

日本のボランティアは、無償で奉仕するという暗黙のルールのようなものがあります。

結果的にボランティアは、余裕がある人しかできないようになっていると思うのです。

ボランティアをしたいという人の気持ちを、汲み取る制度があっても良いのではないでしょうか?

ボランティアに対する心理的ハードルを下げて、裾野を広げる取り組みを行えば、日本はもっと助け合える国になると思うのです。

 

東京オリンピックのボランティア募集について、さまざまな議論が沸き起こりました。

無償のボランティア精神はとても美しいですが、一方でそれに甘えて良いのか?という議論も当然出てくるのです。

長い目で見れば、わたしは無償ボランティアが当たり前という意識を、変えた方が良いと思います。

ボランティアが無償奉仕であり続ける限り、いつまでも広がっていくことがありません。

 

日本のボランティアのあり方と、兵庫県の取り組みについて見ていきます。

スポンサーリンク

日本のボランティアはなぜ無償奉仕なのか?

皆さんはボランティアをやったことがあるのでしょうか?

わたしは寄付はやっていますが、ボランティアはやったことがありません。

日常の生活や仕事の忙しさなどを考えると、とてもボランティアなんてできません。

ボランティアをやれる精神的余裕がまったくないのです。

 

ボランティアは、時間にもお金にも余裕がないと、なかなか難しいのではないでしょうか?

ボランティアで得られるものは、精神的充足くらいのものです。

もちろんそれはすごく大切なことですが、ボランティアに崇高な精神を求めすぎではないでしょうか?

ボランティアは、もっと気軽にできるものにしたほうが良いと思うのです。

非営利団体の推移、日本のボランティアは確実に増えている!

ボランティアが注目されたのは、1995年に起きた阪神淡路大震災のときです。

ボランティア活動は一般に広まって、多くの人の関心を集めるようになりました。

その後、東日本大震災や台風や豪雨災害などが起きたとき、必ずボランティアのニュースが伝えられるようになりました。

苦しいときはお互いさま・・・、助け合いの精神を感じる、素晴らしいニュースだと思います。

 

特定非営利団体の数も増えていて、きめ細かな部分まで行き届くようになっています。

引用:内閣府NPOホームページより

ボランティアは着実に広まっていますが、一方で課題もあるように思います。

被災地まで自費で行くというのが、いまでも普通に行われているのです。

ボランティアをもっと身近なものにするために、兵庫県がある取り組みを行っています。

スポンサーリンク

兵庫県が取り組んでいる有償ボランティアについて

兵庫県は大規模災害のボランティア活動をする人のために、有償制度を設けています。

>兵庫県 大規模災害ボランティア活動応援プロジェクト

財源には ふるさとひょうご寄付金 を活用しています。

兵庫県へのふるさと納税には、さまざまな応援メニューがあるのですが、その中の1つに、大規模災害ボランティア活動応援プロジェクトがあるのです。

大規模災害ボランティア活動応援プロジェクトについて

大規模災害ボランティア活動応援プロジェクトは、ボランティアをしようとする人を、優遇措置する制度です。

ボランティアは自費でやっている人が多いというのが実態です。

被災地に出向くまでの交通費や宿泊など、自分で手配しなければなりません。

この制度を使うと、交通費や宿泊費が支給されるので、安心してボランティアに出向くことができるのです。

対象者

以下の4つをすべて満たす必要があります。

  1. 県内に拠点を置く5人以上の団体、グループ
  2. 代表者の年齢が20歳以上であること
  3. 宗教活動、政治活動、営利活動を目的とする団体・グループではないこと
  4. 反社会的かづ等を行う団体・グループではないこと

活動の対象

復旧期の被災者支援活動(被災者宅のがれき撤去、泥かき、避難所運営支援など)

助成額

団体・グループあたり上限20万円

助成対象経費

被災地への往復及び被災地で交通費。

・貸切バス利用

・高速道路利用料

・フェリー利用料

被災地での活動に必要となる場合の宿泊費。

・1実働日ごとに1泊まで。1人あたり8,700円/日を上限とする。

ボランティアに取り組みやすい制度づくりが大切!

兵庫県のような取り組みをすると、こっちは無償でやっているのに、あちらはなぜ有償でやっているのか?と文句を言う人も出てくるように思います。

その議論に関しては、わたしは深刻に受け取る必要はないと思います。

ボランティアは無償奉仕だという根本の考え方を、まずは変えるべきではないでしょうか?

また、制度を悪用して、私的に使う人も出てくるのではないか?という懸念もあります。

 

きちんとした手続きを経て、公的機関に申請を出すという面倒な作業を行う人が、悪用するということも、非常に考えにくいです。

もちろん、しっかりと精査する必要はあると思いますが、わたしはボランティアに取り組みやすくなる、素晴らしい制度だと思います。

失業保険でも、悪用する人はするし、しない人はしません。

 

得られる効果としては、ボランティアに熱心な人が、回数が増える、ということかもしれません。

ボランティアは、もっとも裾野を広げなければいけないと思います。

阪神大震災の被害に遭った兵庫県ならでは取り組みとして、兵庫出身者としては、応援したいと思います。

ボランティアを継続した取り組みにするために必要なこと!

ボランティアは聖人君子の行い、みたいなイメージがまだどこかにあると思います。

そうではなく、もっと身近なものだ、という意識にならないといけません。

ボランティアは一過性のものではなく、継続した取り組みであることが大切です。

災害はいつ起きるか分からないので、いつ被災してもおかしくはありません。

 

困ったときはお互い助け合う・・・

 

しかし、心だけでは人はなかなか動くことはできません。

ボランティアは、精神的な充足だけに頼っては、ダメだと思うのです。

継続的に取り組める環境づくりは、まだまだ道半ばのように思います。

非営利団体が起点になって組織として効果的に動ける・・・、これからの課題のように思います。

ボランティアに対する意識付けが変わって欲しい!

2020年1月15日のNHKのニュースでやっていた特集が、面白かったので記事にしてみました。

わたしはボランティアをやったことがないし、興味も薄かったのですが、この取り組みについては、応援していきたいと思います。

ボランティアは有償でやった方が、長期的には継続につながります。

ボランティアは無償であるべき、という意識を変えるきっかけになればと願っています。

 

兵庫県にふるさと納税をすることで、この取り組みを応援することができます。

阪神大震災で被災したからこそ、こういった取り組みをもっと先導して欲しいと思います。

 data-srcset
明石市の新条例 養育費「泣き寝入り」救済 氏名公表で子どもは救われる?19年10月4日に放送の「バイキング」が、面白い特集をしていました。 養育費を支払わない場合、氏名を公表するという全国初の条例制定...
 data-srcset
兵庫県の人口が30年前の水準まで減少!どこまで落ちていくのか?兵庫県の人口は10年連続で減少し、30年前と同じという大変な事態になっています。日本の人口はすでに減っている段階にありますが、なかでも神戸の地盤沈下はとても顕著なのです。...