ブログ

【検証】日本のブログ人口は?ネット広告の状況とオワコン発言の真意

 data-srcset

ブログを書いて収益を上げようと、多くの人が取り組んでいます。

ブログのプレイヤーは、果たして日本にどれくらいいるのでしょうか?

またインターネット広告の動向や今後の見込み、個人がブログで戦っていくことはできるのか?などについて調べました。

ブログの総数について

ブログに関する公式な調査は、2008年に総務省が発表したものがあります。

10年以上も前の情報でとても古い情報になってしまいますが、残念ながらそれ以降の新しい統計は見つかりませんでした。

そこからどういった変化をしているかは分かりませんが、参考になると思うので、取り上げてみたいと思います。

 

ブログの総数は2004年から2005年くらいに急速に増加しました。

2008年1月現在、国内のブログ総数は約1,690万、記事総数は約13億5,000万件となっています。

出典:ブログの実態に関する調査研究の結果

また、毎月新たに開設されるブログ数は40万から50万とのことです。

そのうち1か月に1回以上記事が更新されている「アクティブブログ」は、約300万となっており、しっかりと稼働しているのは全体の2割程度です。

 

アクティブブログは横ばいが続いていて、300万を横ばいで推移しています。

新規に開設する人が増える一方で、継続して更新しているのは、ごく一部の限られた人のみであることが、グラフから読み取れます。

 

ブログに関して、3ヶ月で7割、半年で半分、1年で1割しか残らない、

といったことがよく言われますが、10年近く前のグラフからも同じ傾向が

読み取ることができます。ずっと稼働している人は、ごく一部しかいないのです。

 

ブログは新規参入が多い反面、生き残るのはごく一部ということを如実に現している

何よりも証拠と言えるのではないでしょうか?

 

ブログ総数1,690万件のデータ総量は42テラバイト、うちテキストデータ総量は、12キロバイトなり、これは書籍2,700万冊分の情報量に相当するとのことです。

これは10年前の情報なので、いまはさらに増えていることは容易に想像できます。

ブログの公開記事総数の推移グラフを見ると、右肩上がりで増えているのが分かります。

出典:ブログの実態に関する調査研究の結果

クラウドワークスやランサーズを見ても、毎日膨大な量の案件が更新されており、ネットに更新されている情報は、とてつもない量であることが想像できます。

ちなみに国立国会図書館の蔵書数(平成29年度)は、総計で4342万点です。

 

ネット情報は珠玉混合あり、似た内容の焼き直しが多いことも事実です。

ネット情報には大きな偏りがあって、肝心の知りたい情報が載っていない、といった場面に遭遇することは、まだたくさんあるように思います。

ブログが扱う情報は巨大なものですが、まだ足りていない情報は山のようにあります。

ブログを書くときは、ネットの情報を焼き直しするのではなく、足りていないものは何か?という観点で書くことが非常に重要になってくるのです。

どれくらいの人がブログを書いているのか?

ブログを書いている人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか?

これも公式の新しい情報が見当たらず、10年以上前のものしか見つかりませんでした。

 

2005年に総務省は、ブロガー人口は473万人と発表しています。

Chet Japan の記事はこちら

 

個人の調査として、ゆるかしさんという方が、自身のブログでブログ人口を予測しています。

ゆるかしさんの記事はこちら

ゆるかしさんによると、ブログ人口は少なく見積もって約626万人いると推測しています。

日本の人口の約5%、20人に1人がブログをやっている計算になります。

※計算内容については、ゆるかしさんの記事をご覧ください。

 

ブログ部を運営するサンツォさんは、ブロガー番付を公表しています。

出典:ブログ部より

およそ600万人がブログの世界に身を投じ、上記のようなピラミッド構造を形成して成り立っています。

ほとんどの人は初級レベルで終わってしまうので、ブログの世界は厳しいと言えるのかもしれません。

アフィリエイト市場に関する調査について

ブログの数は増えていますが、稼いでいる人たちはどういった状況なのでしょうか?

矢野経済研究所は、国内のアフィリエイト市場規模の推移と今後の予測について発表しています。

出典:矢野経済研究所 国内アフィリエイト市場規模推移と予測

国内アフィリエイトは毎年110%前後で伸長し、今後も拡大が見込まれています

2022年には5,368億円になると伝えられています。

さまざまな業界が右肩下がりの厳しい状況が伝えられていますが、アフィリエイトは今後も市場が大きく伸びていくと見込まれています。

 

その分、大手企業の参入など、激しい戦いは十分に予想されます。

これまでは企業の参入も少なくて、個人がアフィリエイトで月7桁稼ぐのも、それほど難しくはありませんでした。

しかしこれからは、かなり競争が激しくなることが十分に予想されます。

とは言え成長している分野なので、戦い方によっては十分にチャンスがあるのです。

インターネット広告の市場規模について

ブログで稼ぐときに、収益源となっているのは広告です。

電通グループは、ネット広告についてさまざまな切り口から分析し、さらに2019年の予測などもまとめた、分析結果を発表しています。

2018年の日本における総広告費は6兆5,300億円です。

そのうちインターネット広告費は、1兆7,589億円(前年比116.5%)、全体の26.9%を占めています。

ここから「インターネット広告制作費」を除いた「インターネット広告媒体費」は、1兆4,480億円(前年比118.6%)で、こちらも順調に成長をしています。

「インターネット広告媒体費」の内訳は以下のとおりです。

出典:2018年 日本の広告費インターネット広告媒体費 詳細分析

検索連動型広告(39.4%)とディスプレイ広告(38.9%)の2種で、全体の約8割を占めています。

出典:2018年 日本の広告費インターネット広告媒体費 詳細分析

デバイス別では、モバイル広告が全体の70.3%(1兆181億円)を占めています。

デスクトップ広告は29.7%(4,298億円)です。

出典:2018年 日本の広告費インターネット広告媒体費 詳細分析

2019年インターネット広告媒体費は、全体で1兆6,781億円(前年比115.9%)の予測となっています。モバイル広告が大きく伸びている一方で、デスクトップ広告は横ばいです。

出典:2018年 日本の広告費インターネット広告媒体費 詳細分析

これらの結果から分かることは、インターネット広告の分野はこれから先も十分に成長が見込まれている分野です。

ただしその市場を見越して、大手企業やキュレーションメディアなど、企業の参入が相次いでいて、より激しい競争が予想されるのです。

出典:日本国勢図会2019/20より

ちなみに他媒体の広告費は、すべて横ばいとなっています。

インターネット広告費が急速な勢いで伸ばしていることにより、総広告費が増えている

状況です。

ブログはオワコンについて考えてみる

ネット広告の市場は、今後も大きな成長が見込まれています。

しかしいままで乗り遅れていた企業の参入が、相次ぐことになりそうです。

 

企業は豊富な資金力やさまざまなノウハウがあり、これに個人が勝負を挑むことは、非常に難しいことです。企業ができない、小さな小回りが必要になってきます。

組織の力が及ばないところで、戦っていくことが大切です。

市場が伸びている以上、多くの人がその座を虎視眈々と狙っています。

激しい競争を生き抜くためには、勝つための戦略が必要になってくるのです。

 

某インフルエンサーが言い放った「ブログはオワコン」という意味については、半分正しくて半分間違っているように思います。

市場自体は今後も成長を続けていくので、非常に有望だと言うことができます。

世の中には斜陽産業と呼ばれる分野が、数多く存在しています。

今後の市場予測などを見る限りにおいて、アフィリエイトは大いにチャンスがある分野です。

 

しかし、個人がブログで戦っていくということについては、非常に厳しい戦いになるかもしれません。

これまで以上に競争が激化することは、ほぼ間違いありません。

お金になると分かっているところには、いろんな人が参入してきます。

やがて多くの領域を、企業に独占されていく可能性は十分にあります。

 

個人が戦って勝てるかどうかは、知恵と工夫、アイデアがこれまで以上に深く求められて来ると思うのです。